【三菱次期パジェロ】次期モデル開発中止の真相とは?モデル廃止か新コンセプトで蘇るのか?

2015年12月、自動車業界に大きなどよめきが起こりました。三菱自動車が次期型パジェロの開発中止を正式に発表したのです。三菱・パジェロといえばパリ・ダカールラリーで活躍し、SUVでありながらホモロゲーションモデルの「パジェロ・エボリューション」も発売されたほどの大人気車です。一体、パジェロに何が起きていたのでしょう? また、本当に三菱・パジェロは廃止されるのでしょうか?

次期新型三菱・パジェロ、開発中止決定!

三菱自、「パジェロ」開発中止 エコカーに注力:日本経済新聞
-三菱自動車は大型多目的スポーツ車(SUV)「パジェロ」の新規開発を中止する。同社を代表する看板商品だが、近年は販売が低迷。世界的に強まる燃費規制に対応するための資金負担も重いと判断し、新規開発を見送る。

www.nikkei.com
2015年12月、三菱自動車は次期パジェロの開発中止を発表しました。報道によれば、現在のパジェロの延長線上での新型車は考えづらく、コンセプトから見直す、とのことでした。

次期パジェロの発売時期は2016年、クリーンディーゼルエンジン搭載の予定だった…

現行型パジェロに搭載される3,200ccコモンレール式クリーンディーゼルエンジン(DI-D) ちなみに、現行パジェロの延長線上で次期モデルの開発が進行していれば、予定では2016年に発売開始予定でした。
サスペンションは前面刷新し、エンジンは現行の、3,200ccコモンレール式クリーンディーゼルエンジン(DI-D)を搭載予定でした。

【開発中止の背景1】大型SUV受難の時代

現行型三菱・パジェロ SUPER EXCEED 現行型三菱・パジェロをはじめとする3,000ccクラス以上の大型SUVは、全盛期の90年代と比較すると驚くほど少なくなりました。現在、日本国内で販売されている大型SUVは三菱・パジェロの他に、トヨタ・ランドクルーザー、レクサス・LXしかありません。 トヨタ・ランドクルーザー ZX レクサス・LX570 レクサス・LXはトヨタ・ランドクルーザーの兄弟車ですので、事実上日本国内で販売されている大型SUVはパジェロとランクルの2車種のみとなります。

【開発中止の背景2】クロスオーバー型SUVの台頭

初代パジェロ メタルトップ。Jeepをオマージュしたのか、キャンバストップ車も販売されました。 大型SUVは軍用車のジープにはじまり、メイン車種は4ナンバーの商用車が中心でした。三菱自動車は永らくJeep社のJeepをライセンス生産しており、そのノウハウをもって開発した車両がパジェロなのです。
初代パジェロも当初は4ナンバーが中心車種で、悪路の走破性が優先、快適性は二の次という印象を与えていました。 トヨタ・ハリアー PREMIUM “Style-MAUVE” しかし近年では、トヨタ・ハリアーにはじまったクロスオーバー型SUVに人気が集まり、大型SUVの需要を取り込んでいます。クロスオーバーSUVは、SUVとしてパジェロ・ランクルに近い走破性を持ち、ワゴンとしての使い勝手の良さ、セダン並みの快適性を高次元で両立しています。
パジェロやランクルほど突出した性能は必要ないが、ほどほどでいい、というニーズにマッチしての大ヒットです。

【開発中止の背景3】販売台数激減…

1990年代、映画の影響もあってかスキーが大ブームになりました。新潟県の苗場スキー場には、1シーズンに300万人もの来場があった時代です。そのころの三菱・パジェロの年間販売台数は16万台でした。それが2015年には、およそ2,000台と大激減しました。これでは今のパジェロと同じ路線でモデルチェンジを行うわけにはいきません。



本当にパジェロの新型モデルは販売されないのか?

現行型三菱・パジェロ SUPER EXCEED 開発中止の背景を見てみると、大型SUV路線のパジェロの次期モデルは期待できないようです。そこで、三菱自動車は新しいコンセプトのパジェロの開発を検討しています! パジェロというブランドの廃止はない模様です。

そこで今後、パジェロがどういう新型車でリリースされるのか、筆者独断で勝手に予想してみました。

【次期予想モデル1】他社からのOEM

日産・パトロール(海外専用モデル) 三菱自動車は日産、スズキの二社と提携関係にあります。すでに三菱自動車のフラッグシップセダン、ディグニティとプラウディアは、日産のシーマ、フーガのOEM車として販売しています。
現行型パジェロも今年で10年目です。そろそろ一旦お休みいただいて、次の独自開発のパジェロが出るまで、日産からOEM供給をうけてみてはどうでしょう?
日産・パトロールはかつては、「サファリ」として国内でも販売されていました。今では海外専用車となっていますが、この車種を三菱に供給販売したら、大ニュースですよね。 インフィニティ・QX80(海外専用モデル) いっそのこと、パトロールの兄弟車のインフィニティ・QX80をライセンス生産する、という手もありそうです。 スズキ・エスクード 少しサイズダウンさせて、スズキ・エスクードを供給してもらう手もありますね。

【次期予想モデル2】アジアで大人気のパジェロスポーツを販売する!

三菱・パジェロスポーツ やっぱりSUVというのは無骨でワイルドな方が良いと思うのです。その点、アジアで大人気のパジェロスポーツは、SUVでよく用いられるラダーフレームにモノコックボディを採用しています。悪路の走破性は折り紙つきです。しかも、現代のSUVに求められる快適性、安全性、環境性能もクリアーしています。
現時点では、日本での販売予定はないと断言されていますが、パジェロスポーツをパジェロとして販売してくれたら、何の問題もありませんね。

【次期予想モデル3】PHEV技術でパジェロミニ後継車を開発!

初代三菱・パジェロミニ 初代三菱・パジェロ Jr. 初代三菱・パジェロ io 90年代、二代目パジェロが大人気だったころ、三菱自動車はパジェロをファミリー化し、軽自動車と小型車のパジェロも開発しました。それが軽自動車のパジェロミニ、小型車のパジェロ Jr.、パジェロ ioでした。
パジェロを小型車として数車種に作り分けるのも1つの方法ですね。小型車なら三菱得意のPHEV技術も有効に使えます。

【まとめ】ジュネーブショーで示される今後の三菱の動向

次期型パジェロは確実に、現行モデルのような大型SUV路線ではなくなるでしょう。環境性能を考慮すると大排気量のクリーンディーゼルよりは、EVの方が有効です。しかしEVをメインの動力源とするなら、車体は小型化しないと、現在の技術では、まだ無理があります。
今後、三菱自動車の行く末はどうなるのか? そんな視点も含めて今年のジュネーブショーをご覧になると、興味深いかもしれません。コンセプトカーで出品される小型SUVが、今後のパジェロにどう関係してくるのか、興味は尽きませんね。 【三菱】2016年ジュネーブモーターショー出品概要|GOIN[ゴーイン]
三菱自動車は、2016年3月1日(火)から(一般公開は3日(木)から)13日(日)まで開催される第86回ジュネーブ国際自動車ショーに、「Driving Beyond SUVと電気の力で、一歩先へ。」をテーマに出展し、航続距離400kmを実現する次世代EVシステムを採用したコンパクトSUVのコンセプトカー『MITSUBISHI eX Concept』を欧州初披露すると発表しました。

goin.jp