もはや伝説?閉園してしまった多摩テック特集!

子どものときに多摩テックで初めてカートに乗った方も多いのではないでしょうか。多くの乗り物好きを魅了した多摩テックはもはや伝説となっています。2009年に多くの人に惜しまれながら48年間の歴史を閉じた多摩テックと乗り物系テーマパークについてを特集します。

多摩テックの歴史

1961年~(創業期)

1961年に本田技研工業系列のモータースポーツセンターとしてオープンしました。
開園当初は遊園地というよりも「オートゲレンデ」といって大人がオートバイに乗って楽しむ施設でした。本格的なモトクロスコースを含むダートコースでタイムトライアルなどが行われていました。
1962年からゴーカートやミニバイクなどが遊具として導入され自動車遊園地として本格営業しました。このときのミニバイクのZ100は好評を博し、これをベースとした「ホンダ・モンキー」が誕生しました。
1964年には、「エンジン教室」を実施。修学旅行生などを対象に実際のエンジンを分解・組み立てなどを体験できるイベントを開催しました。
1970年代には「タイヤカー(のちにUFO)」や「水陸両用車(のちに『外輪船』)」などの乗り物が充実。ジェットコースターや観覧車といった一般的な遊園地のアトラクションもでき人気を博しました。
出典: http://gold.ap.teacup.com/yamakyoj/277.html
開園当時の多摩テック。アップダウンの激しいモトクロスコース。
手前の男性は転倒し、諦めてバイクを置いて歩いています。 出典: http://news.walkerplus.com/article/8419/image22216.html
1966年のゴーカート。
乗っている人の服装も往年のエスロクを模した車の形もとてもレトロです。 出典: http://news.walkerplus.com/article/8419/image22219.html
1971年「宇宙船」です。 出典: http://news.walkerplus.com/article/8419/image22218.html
1978年「でんでん虫I」です。
のちに復刻しているので、乗った方も多いのでは?

1981年~2000年( 中間期)

1981年には 「グランプリサーキットコース」にて「フォーミュラカート」を導入しました。
また同年、冬には「アイススケート場」もオープンしました。
1988年には夏場のプールとして「ロックガーデンプール」オープンしました。
偶然、敷地内から温泉が湧出したことから、1997年には天然温泉施設「クア・ガーデン」もできました。
次々と新しいカートや乗り物もでき、1987年から1993年にかけてのF1ブームやバブル期のテーマパークブームなどもあり、多くの来園者でにぎわいました。
出典: http://news.walkerplus.com/article/8419/image22220.html
1983年「スーパースカイライダー」です。 出典: http://blog.goo.ne.jp/aikohata/e/355e4e9a6a55feaaf3f96117771bcfc6
多摩テック・クアガーデンの入口です。露天風呂やサウナ・水風呂・エステ風呂(女性のみ)などがありました。

2001年~2009年(閉園まで)

新しいアトラクションを投入するものの、子ども向けのファミリー層をターゲットにしたもので、中高生以上やカップルの多摩テック離れが進みました。

2001年にディズニーシーとユニバーサルスタジオジャパンが開業し、遊園地に行く層は人気のあるテーマパークに集中しました。バブルに乱立したテーマパーク全体の来園者数も減り閉園する遊園地もでてきました。
多摩テックも例外ではなく、2002年に入場者が100万人を超えたのをピークに来園者数がどんどん減少。2008年のリーマンショックを機にした不況の影響もあり、親会社の本田技研工業が撤退することとなり、2009年2月に多摩テックも閉園が決まりました。
閉園を前に春休み・夏休み・シルバーウィーク・9月の最終週は多くのファンがやってきて別れを惜しみました。人気アトラクションは3時間待ちという状況でした。
そして2009年9月30日に多摩テックは閉園しました。



多摩テックの乗り物

出典: http://blogs.yahoo.co.jp/mr_themepark/41905149.html
2007年~「ドリームR」タイムアタック形式のゴーカートで、行列が絶えない人気の乗り物でした。 出典: http://gold.ap.teacup.com/yamakyoj/277.html
キッズバイクです。
3歳以上で自転車に乗れる子供なら誰でも乗れます。電動バイクですが、エンジン音があり、とても楽しそうです。
なくなってしまったのが、残念です。 出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%9A%E6%91%A9%E3%83%86%E3%83%83%E3%82%AF
フォーミュラプラスのコースです。
6~7台でのレース形式で遊べました。

2009年グランフィナーレ

閉園が決まってから、グランフィナーレとして数々のイベントを開催しました。特に過去の復刻アトラクションが人気を集めました。
「多摩テック」の歴史を年表パネル展示で振り返る「メモリアルストリート」も登場。48年の歴史を振り返りました。

48年間といえば3世代、子供の頃あそびに来ていただいた方が家庭を持ち、子供をもち、孫をもつほどの歴史です。その3世代に共通する多摩テックのアトラクションとしてゴーカートを選びました。展示は『創業当時のゴーカート(復刻)』と最新型のゴーカート『ドリームR』を、比較できる展示としました。マシン性能や安全性、洗礼されたフォルムなど、その大きな進化を感じていただき、当時を懐かしんでいただきたい」と、同園の広報担当。

出典:

news.walkerplus.com
出典: http://news.walkerplus.com/article/8419/image22223.html
グランドフィナーレ! タイムトンネル展示の様子です。 出典: http://news.walkerplus.com/article/8419/image22225.html
グランドフィナーレ! 創業当時のゴーカート(復刻)』と最新型のゴーカート『ドリームR』を、比較できる展示です。 出典: http://news.walkerplus.com/article/8419/image22226.html
グランドフィナーレ! 多くの多摩テックファンが来場しています。



多摩テックの思い出

多くの人を楽しませてくれた多摩テック。その思い出をプレイバックします。 出典: http://www.tamatech.jp/thanks48years/download/
出典: http://www.tamatech.jp/thanks48years/download/

多摩テックの思い出メッセージ

多摩テックのホームページには、来園者からの閉園を惜しむメッセージが多く寄せられています。
そのいくつかをご紹介します。

多摩テックは私の若い頃の思い出、青春の思い出が沢山詰まった場所です。初めて乗ったスーパースカイライダーで春の園内を一周し見晴らしの良さと心地良い春の風を感じたあの頃、そして、ウィリーをするゴーカート「ホットロッド」のスピード感と爽快感は最高でした。何よりも楽しかったのは“自分でクルマを操縦出来る事”で、緑と陽射しの中を走り抜けたあの時の記憶は永久に忘れないでしょう。思い出の地、多摩テックよありがとう!さよならは言いません。ただひたすら「ありがとう!!」と言います。本当にありがとう!

タケちゃんさん 東京都 38歳 男性

出典:

www.tamatech.jp

多摩テックの近所に住む今は亡き祖父が何度も連れていってくれました。自由に操縦できるゴーカートは、車の運転をしたことのない子供にとって最高のアトラクションで大好きでした。1秒で怖くなり出てきたお化け屋敷。帰り際にいつも買ってもらった自動販売機の風船。冬はスケート、夏はプール。祖父母宅からみる多摩テックの花火は圧巻でした。学生になり春休みに短期でアルバイトもしました!多摩テックは一番思い出のある遊園地です。閉園のニュースを聞いた時は色々と思い出し涙が溢れました。とても寂しいです。残念ながら間に合いませんでしたが、自分の子供と一緒に来てみたかったです。本当になくなってしまうんですね・・・。姿はなくなってしまうけど、私の心の中にはいつまでも残ることでしょう。本当にありがとう!!そして長い間お疲れ様でした。多摩テックは最高の遊園地です!!

yagiさん 東京都 33歳 女性

出典:

www.tamatech.jp

多摩テックに初めて行ったのは確か1986年、トライアルパークにエディー・ルジャーン選手を一目見るためでした。生で近くで見るトライアルはとても迫力があり、またトライアルバイクでどれだけバランスがとれるかなどのイベントもあり、初めてバイクにまたがったその経験から、のちにバイクの免許を取ったり、バイクが縁で付き合っていた彼と一緒に遊園地の方に遊びに行ったり、その後結婚して娘が幼稚園のお泊り会の時に多摩テックに遊びに行ったりと、人生の節目節目に多摩テックとは深い関係がありました。閉園はとても残念です。今まで思い出を本当にありがとう!お疲れさまでした!

はるるんさん 神奈川県 43歳 女性

出典:

www.tamatech.jp

Twitterから多摩テックを懐かしがる声

今もある乗り物系テーマパーク

残念ながら多摩テックは閉園してしまいましたが、その他にも乗り物系テーマパークはあります。
多摩テックと同じホンダ系会社が運営する鈴鹿サーキットの「モートピア」やトヨタのショールームでもあるMEGAWAVEなど車の乗り物が充実したテーマパークをご紹介します。

鈴鹿サーキット モートピア

鈴鹿サーキットに隣接している遊園地は「モートピア」は多摩テックと同じ運営会社なので、キッズバイクやレーシングカートなど多摩テックにあったアトラクションがあります。
あまり知られていないのですが、「モートピア」には20ものアトラクションがあり、本格的な乗り物系遊園地としてとても充実しています。
夏期には大型プール、そのほか温泉施設「クア・ガーデン」やファミリーキャンプなどもあります。
三重県の方に行く機会がありましたら、ぜひ行ってみてください。 出典: http://www.suzukacircuit.jp/gpfield_s/
コチラレーシングカート
身長130cm以上の以上(小学3年生~中学生)ジュニア専用レーシングカートです。
子どものうちから乗り物に慣れさせると将来はF1レーサーになれるかも!?

鈴鹿サーキット モートピア

MEGAWAVE

お台場のパレットタウンにあるMEGAWAVE(メガウェブ)は「トヨタ・シティショウケース」「ライド スタジオ」「ヒストリーガレージ」「ライドワン」の4つからなっています。
テーマパークのような乗り物やアトラクションはないのですが、「ライド スタジオ」では免許を持っていないお子さんでも運転する楽しさと交通ルールが学べます。
車好きには時間を忘れる空間です。
出典: http://www.megaweb.gr.jp/

MEGAWAVE