マル秘スポットもあり!?函館の夜景まとめ★

函館といえばやっぱり夜景! 寒〜い冬も、大切な人と素晴らしい夜景を見れば心があったかくなること間違いなし! 函館のおすすめ夜景をご紹介します!

一度は訪れたい!「函館」

「函館」は北海道の南部に位置しています。函館といえば、独特な異国情緒あふれる建造物や、「五稜郭」などの史跡、函館山からの夜景が有名ですね。また海の幸も外せません! おいしいものを食べながら、レトロな街並みを散策できて、素晴らしい夜景まで楽しめてしまう…誰もが「一度は絶対に行きたい!」と思うでしょう。ここでは「函館の夜景」にスポットを当ててご紹介していきます。一番人気の「函館山」や話題の「裏夜景」、「八幡坂」などいくつかピックアップしていきますね。



ここは外せない!「函館山」

「函館山」は函館市の西端に位置する13の山々からなっています。展望台があるのが、その中の「御殿山」という標高334mの山。展望台からの夜景は素晴らしく、神戸の摩耶山掬星台・長崎の稲佐山と並んで「日本三大夜景」とされています。展望台へ行くには、登山・マイカー・バス・ロープウェイなどさまざまな方法がありますが、時期によってアクセスに制限があるとのことです。
ロープウェイの場合は、秋に点検による運休があります。乗り場付近には無料の駐車場がありますが、平日でも夕方からは混み合うとのこと。時間に余裕を持って出かけたいですね。ロープウェイの乗車時間は3分。大型ゴンドラに揺られてあっという間に素晴らしい景色に到着です。ガラス越しに迫ってくる夜景を眺められるのが魅力の一つ。10分間隔で運行されているのも嬉しいですね。マイカーで山頂へ向かう場合は時期・時間によって規制があります。冬期は閉鎖されるほか、それ以外の時期でも夜景タイムはマイカー通行不可のため、時間を確認してから出かけましょう。下記に情報を掲載しています。山頂には無料の駐車場がありますよ。
函館山からの眺望は某有名ガイド本で三つ星を獲得したそうです! 「わざわざ旅行で訪れる価値がある」と高評価されていました。ほかにも五稜郭跡や外国人墓地など、多くのスポットが紹介されています。

函館山の情報

【基本情報】
スポット名:函館山
住所:北海道函館市函館山
電話番号:0138-23-3105(函館山ロープウェイ)
営業時間:登山道がロープウェイ営業終了後に開放されている時期は終日観賞可
定休日:ロープウェイ(2015年10月13日~11月12日/定期運休のため)
一般道(2015年11月13日11:00~2016年4月15日11:00/冬期閉鎖中)
(2015年4月25日~9月30日17:00~22:00、10月1日~11月12日16:00~21:00/夜景タイムのためマイカー通行不可)

入場料:マイカーの場合は無料。ロープウェイ利用の場合は大人(中学生以上)往復1,280円、片道780円
小人往復640円、片道390円
設備:トイレ・自動販売機

【駐車場】
市営観光駐車場(58台/無料)ロープウェイ駐車場(85台/無料)
山頂駐車場(40台/無料)

【アクセス】
登山道(道道675立待岬函館停車場線)を函館山ロープウェイ側からのぼる。片道15分ほど。
ロープウェイを使う場合は乗り場の駐車場へ。

Googleマップ

函館へようこそ! 函館山ロープウェイで美しい眺めをお楽しみください。
函館山ロープウェイ株式会社のウェブサイト。函館山から見た夜景や昼景、観光案内も。美しい景色をお楽しみください。

函館山へのアクセス、早わかりガイド | 函館市公式観光情報サイトはこぶら
函館を訪れたら、まずは函館山に上って、ミシュランガイドブックに三つ星として掲載された「極上の眺望」をお楽しみいただきたいと思います。函館山があるのは、函館市の南… 函館山へのアクセスの年間スケジュールなどが分かりやすく掲載されています。

函館山で素敵なディナーを「函館山展望台レストランジェノバ」

出典: http://www.334.co.jp/jpn/restaurant/
寒さや天気を気にすることなく夜景を楽しみたい・特別な夜を演出したい…レストランから眺めるロマンチックな夜景はどうですか? 函館山の展望台のすぐ下にあるのが「レストランジェノバ」。函館山は気温が低く風が強いことも多いため、日によっては長くいられないこともあるそうです。レストランなら、夕暮れから夜景が現れるまでの最高のロケーションを楽しみながらゆっくり過ごすことができます。大切な人と、おいしい食事を楽しみながらなんて、一生の思い出になること間違いなしですね。日没前におつまみとお酒で夕暮れを待つお客さんも多いそうですよ。早めの時間だと窓際の特等席も空いているかもしれません。
予約は1日3組限定でロープウェイ付きコース料理が楽しめます。(ゴールデンウィーク・夏休みなどの繁盛期は予約不可)大切な人との特別な時間を「展望台レストランジェノバ」で過ごしてみませんか?

函館山展望台レストランジェノバの情報

【基本情報】
スポット名:函館山展望台レストランジェノバ
住所:函館市函館山展望台2F
電話番号:0138-27-3127
営業時間:平成27年10月16日~平成28年4月24日
11:00~20:30(ラストオーダー20:00)
平成28年4月25日~平成28年10月15日
11:00~21:30(ラストオーダー21:00)
定休日:無休

【駐車場】
市営観光駐車場(58台/無料)ロープウェイ駐車場(85台/無料)
山頂駐車場(40台/無料)

【アクセス】
登山道(道道675立待岬函館停車場線)を函館山ロープウェイ側からのぼる。片道15分ほど。
ロープウェイを使う場合は乗り場の駐車場へ。

Googleマップ

ジェノバ コースのご案内:函館山ロープウェイ
函館山ロープウェイ株式会社のウェブサイト。函館山から見た夜景や昼景、観光案内も。美しい景色をお楽しみください。



函館山に裏夜景があった?!「城岱牧場展望台」

函館といえば誰もが知っているのが「函館山」からの夜景。光輝く市街地と両側に見える海が特徴です。一度は行ってみたい憧れの場所ですよね。一方、最近話題となっている「裏夜景」はご存知ですか? 函館山をバックにした裏夜景を楽しめるとして注目が高まっています。なかでも代表的なのが「城岱牧場展望台」。函館市街や大野平野を見渡せるほか、建設中の北海道新幹線も見ることができるため、夜景だけでなく日中の景色もおすすめだそうです。地元の七飯町では「七つ星夜景」という愛称で親しまれています。
函館市街からは車で30分。牧場では放牧された牛がのんびりと草を食べていてのどかです。真っ暗になると山の形が見えなくなるため、暗くなる少し手前がおすすめの時間帯です。城岱牧場へは「城岱スカイライン」を利用しますが、急急勾配の上り・下りや急カーブが多いため運転には少し注意が必要です。展望台は営業時間が短めですが、牧場手前の駐車場は冬期の通行止め(11月中旬より4月下旬)以外はいつでも訪れることができますよ。

城岱牧場展望台の情報

【基本情報】
スポット名:城岱牧場(しろたいぼくじょう)展望台
住所:北海道亀田郡七飯町
電話番号:0138-65-2517(七飯町商工観光課)
営業時間:5月中旬〜10月中旬(9:00〜17:00)7・8月の土曜日のみ21:00まで
定休日:冬期
入場料:無料
設備:トイレ・ベンチ・売店(展望台)

【駐車場】
無料(30台)

【アクセス】
函館市街から函館新道を北上、「七飯本町IC」で降りて最初の信号を右折。城岱スカイラインの入口から舗装された山道を5キロほど上ると、左手に駐車場。更に100m進むと、牧場管理事務所(屋内展望スペース)があり、駐車場も整備されています。

Googleマップ

城岱牧場・城岱スカイライン | 北海道七飯町
北海道七飯町の公式ホームページ。まちの話題や役場からのお知らせなどの町民向け情報の他、観光やイベント、産業についての情報など。

函館市街を360度見渡せる!「五稜郭タワー」

2006年に2代目としてオープンした五稜郭タワー。展望台は五角形で五稜郭と星型をモチーフに建設されました。函館のランドマークとして有名です。展望台からは特別史跡五稜郭の星型と、函館市街や函館山、津軽海峡などを360度見渡せます! 展望1階にはここでしか買えないオリジナルグッズが販売されているほか、カフェスタンドも設置。夜景を楽しみながらお茶や、山川牧場のソフトクリームでひとやすみも。展望2階では五稜郭の歴史を学ぶことができます。五稜郭の復元模型や歴史年表・迫力あるジオラマなどが展示されていますよ。タワーの2階には函館の和食が楽しめるお店や、函館カレーレストラン、北海道の自慢のジェラート店があるので、ディナーやランチにもゆっくり過ごせそうです。

五稜郭タワーの情報

【基本情報】
スポット名:五稜郭タワー
住所:函館市五稜郭町43-9
電話番号:0138-51-485
営業時間:4/21〜10/20(8:00〜19:00)・10/21〜4/20(9:00〜18:00)・五稜星の夢期間中(9:00〜19:00)・1/1(6:00〜19:00)
定休日:なし
入場料:大人840円、中高生630円、小学生420円
設備:トイレ・売店・カフェスタンド

【駐車場】
付近の有料駐車場を利用(函館市芸術ホール・五稜郭観光駐車場)1時間200円、以後30分ごとに100円

【アクセス】
JR函館駅から車で15分・函館空港から車で20分

Googleマップ

函館・五稜郭タワー | 公式ウェブサイト – Goryokaku Tower
函館・五稜郭タワーの公式サイトです。展望台からは特別史跡五稜郭の美しい星形と函館市街や函館山を見ることができます。2006年4月1日にオープンした高さ107mの五稜郭タワーは函館のランドマークです。

オレンジの光があたたかい「金森赤レンガ倉庫」

by Akira Hsu 只野アキラ
2 異国情緒あふれる街並みを散策しながら夜景はいかがですか? 函館ベイエリアの中心地にある「金森赤レンガ倉庫」は明治時代に建設された建物で、渡邊熊四郎が金森洋品店を開業したことからはじまりました。夜になるとオレンジ色の照明で倉庫が照らされ、温かい雰囲気です。倉庫は「BAYはこだて」「函館ヒストリープラザ」「金森洋物館」「金森ホール」からなり、アクセサリーや雑貨などのショップやレストランも充実。1日楽しむことができます。
季節によってさまざまな色を見せてくれる函館ベイエリアのおすすめはクリスマスシーズン。「はこだてクリスマスファンタジー」と題されたイルミネーションイベントが開催されます。大きなクリスマスツリーなどがまばゆく煌めき、デートにおすすめのスポットです。サンタイベントや絵画展なども開催されますよ。

金森赤レンガ倉庫の情報

【基本情報】
スポット名:金森赤レンガ倉庫
住所:北海道函館市末広町14-12
電話番号:0138-27-5530
営業時間:9:30〜19:00(季節により変動あり)
定休日:年中無休 (平成28年1月26日・27日は「BAYはこだて」は施設メンテナンスの為休業)
入場料:無料
設備:トイレ・ベンチ・ショップ・レストラン

【駐車場】
あり(100台)1時間200円。以後30分ごとに100円(1,000円以上施設ご利用で2時間まで無料)

【アクセス】
JR函館駅より車で5分。駐車場は函館市豊川町12で検索してください。

Googleマップ

函館観光とイベント・グルメ・ショッピングの金森赤レンガ倉庫
北海道函館市の金森赤レンガ倉庫:金森商船株式会社の公式ウェブサイト。函館の歴史と共に歩んできた赤レンガ倉庫で楽しい函館観光やショッピング・レストラン、イベントをお楽しみください!

函館港を一望できる穴場スポット「元町公園」

函館がなぜ「はこだて」と呼ばれるようになったのか、ご存知ですか? じつはここ「元町公園」が由来となった場所だったんです。1454年、津軽から来た武将・河野政通が現函館市弥生町に「箱型の館」を建てたことから「はこだて」という名前がついたそうですよ。「元町公園」は函館港が一望できるロケーションのスポット。レンガ造りの函館支庁書籍庫やルネッサンス風洋館の函館写真歴史館など、異国情緒あふれる建造物も素敵です。観光名所「旧イギリス領事館」や函館山へのロープウェイ乗り場も近く、散策の途中にほっとひといきできる場所になっています。初夏にはバラが咲き乱れ、地元の方からもとても人気のある公園だそうです。
日中は観光客が多く訪れますが、夜間はみんな函館山に向かうのか、人もまばら。のんびりと過ごすことができますよ。景色は函館港が見渡せるほか、五稜郭タワーも見えます。冬期にはイルミネーションが輝き、よりいっそうロマンチックな雰囲気に包まれます。

元町公園の情報

【基本情報】
スポット名:元町公園
住所:北海道函館市元町12-18
電話番号:0138-27-3333(函館市元町観光案内所)
営業時間:終日
定休日:なし
入場料:無料
設備:トイレ・ベンチ

【駐車場】
1時間200円(函館市元町観光駐車場/約93台)駐車場から3分。

【アクセス】
函館江差自動車道「函館IC」から約30分。

Googleマップ

函館観光名所/元町公園 函館市の観光地【はこなび観光スポット】
元町公園。函館らしいレトロな建物いっぱいの元町 函館山 観光コース。旧イギリス領事館 旧函館区公会堂など、徒歩や市電を利用したコースを紹介。

観光で訪れたい坂No.1!「八幡坂」

赤レンガ倉庫の先を函館山方面に道なりに進むと「八幡坂」が見えてきます。海に向かって真っ直ぐ突き抜けた道が美しく、「観光で訪れたい坂No.1」にも選ばれました。かつてCMのロケ地として有名になり、別名「チャーミーグリーンの坂」とも呼ばれています。坂をのぼりきると、函館ベイエリアの夜景を一望することができます。冬には「はこだてイルミネーション」というイルミネーションイベントが行われ、規則正しく並ぶ街路樹と石畳が、ひときわロマンチックな雰囲気を醸し出してくれます。赤レンガ倉庫や函館山を訪れた帰りにいかがですか?

八幡坂の情報

【基本情報】
スポット名:八幡坂
住所:北海道函館市末広町19
電話番号:0138-27-3333(函館市元町観光案内所)
営業時間:終日
定休日:なし
入場料:無料
設備:なし

【駐車場】
1時間200円(函館市元町観光駐車場)駐車場から徒歩5分。

【アクセス】
函館江差自動車道「函館IC」から約30分。

Googleマップ

八幡坂 – 見る| 函館市公式観光情報サイトはこぶら

まとめ

いかがでしたでしょうか? 函館には函館山だけでなく、素晴らしい夜景がいくつもあるんですね! 城岱牧場以外は近辺に集まっているので、ドライブしながらゆっくり巡ってみるのも楽しいと思います。ぜひ訪れてみてくださいね!