「帯広」のソウルフード!「名物料理」を味わうならコレだ

道東最大の都市「帯広」。海も近く豊富な農産物にも恵まれた帯広は食いしん坊にとっては天国です。今回は、そんな帯広じゃないと食べられないものばかりを集めてみました。是非、道東へ行くときには帯広に立ち寄ってみて、そしてこの内容を参考にしてみてください!

本場帯広の豚丼は元祖の「ぱんちょう」でスタンダードを知ろう!

東京でもぶた丼を出すお店が増えました。ただ、少々不満なのです。「帯広ぶた丼」と名乗っているのに、「私が教わったぶた丼とは違う!」ということが多すぎるのですね。「帯広ぶた丼とは何か?」それは、グリーンピースと白髪ネギのトッピング。もちろん帯広だって乗ってないお店もありますが、帯広とは特に縁のないお店ならばこそ「帯広」を名乗るなら基本形を学習して欲しいな…と思ってしまうのです。

「じゃ、基本形は?」と聞かれれば、やはり「ぱんちょう」さんでしょう。「元祖豚丼」と言われるぶた丼専門店の「ぱんちょう」のぶた丼は、初代が1933年に作り始めたと言われる料理なのです。現在、3代目の女将さんがパキパキと仕切るお店では、初代からの甘味のあるタレを継ぎ足しで使い続けている老舗中の老舗です。

北海道の焼き鳥は焼きトン、すき焼きにも豚肉という豚肉王国ですから、豚肉が豊富にあってぶた丼が成立したように勘違いする方も多いかも知れませんが、初期のぶた丼はむしろ逆の状況が強かったそうです。養豚は大正期には盛んになっていた道東ですが、まだまだ苦しい生活の中ではトンカツのように良い部位をたっぷり使う料理は高嶺の花。そのため、「ぱんちょう」初代が「庶民でも食べられる豚肉を使ったおいしい料理を」と作り出したのがぶた丼のルーツだと言われています。また、別の説としては、スタミナ食としての鰻丼を北海道で再現するために豚肉で代用したとも言われますが、どちらにしてもまだまだ豊かとは言えなかった時代に、鰻丼並のおいしい豚肉料理を作り出したのは、北国での知恵ですね。

そんな知恵に感謝しながら、帯広ぶた丼の基本形を味わってみてください。 【基本情報】
帯広市西1条南11-9
11:00~19:00
駐車場なし

「ぱんちょう」の詳細



帯広、もう一つのソウルフード「インデアン」のカレーを「まちなか店」で楽しむ

帯広の知人曰く「帯広にはソウルフードが2つある。一つはぶた丼、そしてもう一つはインディアンのカレー!」だそうです。でも「インディアン」さん曰く「帯広で2番目に美味しい店」だそうです。その理由は「一番おいしいのは妻と母の料理だから」と何とも素晴らしいキャッチフレーズがあるのです。

その「インディアンカレー」のまちなか店は、名前の通り帯広の街中にあるアクセスが便利なお店です。カレールーは「インディアン」「ベーシック」「野菜」の3種、そこにトッピングとしてカツ・エビ(むきえび)・ハンバーグ・チキン・チーズといったものを選ぶことができます。ルー3種は、インディアンならたっぷりの牛肉とたっぷりのスパイスが入った熟成カレーで定番ですね。ベーシックは、ビーフエキスが溶け込んだルーに玉ねぎを使ったシンプルなカレールー。だから、どのトッピングにも良く合います。そして大きなポテトや人参に玉ねぎが入ったカレーで北海道の野菜を感じられるカレーですね。

このカレーショップが帯広で無敵状態、他のチェーン店が出店してもインディアンに勝てない理由は、このカレー自体の旨さと、コストパフォーマンスの高さでしょうね。カツカレーにベーシックルーの組み合わせで700円しないのですから…。安いです! 【基本情報】
北海道帯広市西2条南10-1-1
11:00~22:00
駐車場なし

「インディアン」公式サイト

「銘菓 三方六」柳月が作った「トスカチーナ 柳月」でイタリアンを味わってみよう!

北海道の物産市などでも人気の「三方六」など、銘菓を作っている帯広のお菓子メーカー「柳月」さん。小麦に甜菜など、お菓子作りに必要な要素がたっぷり詰まった道東で作るお菓子は日本人にはどこか懐かしくなるおいしいものばかりですよね。

その柳月さんが作ったレストランが「トスカチーナ柳月」です。トカチでトスカーナ。いろいろワインの産地、温泉などなどいろいろな共通点があるのです。そんな思いのこもったお店は、柳月さんのイメージとはちょっと違ったイタリアンレストランですが、小麦粉を知り尽くしたお菓子メーカーさんですからピッツァやパスタが本気でおいしいのです。そして食後のドルチェも忘れずに食べましょうね。

店内にはショップもありますから、柳月のお菓子をおみやげにしたときにも便利ですよ! 【基本情報】
北海道帯広市西18条南5丁目45-2
(菓子店舗)9:30〜20:00、(カフェレストラン)11:00〜21:00(L.O 20:00)
駐車場あり(54台)

「トスカチーナ柳月」公式サイト



三方六の作り方「柳月スイートピアガーデン」で工場見学+スイーツ天国

もう一つの「柳月」さんは音更町にある「スイートピアガーデン」です。敷地面積33,119平方メートル、建物面積16,582.31平方メートルという巨大なお城のような施設は、柳月さんの工場になっていて、実際に三方六などが作られている様子を見学することができます。そして、ケーキやお菓子が買えるショップもありますし、そのケーキを食べるためのカフェテラスも用意されています。しかもコーヒーは無料という大盤振る舞い。そしてケーキも道東サイズで普通よりも大きい気がします。

作りたての柳月さんのお菓子をおいしく楽しく食べて来てくださいね! 【基本情報】
音更町下音更北9線西18-2
(4月第3月曜日~11月3日)店舗 9:00〜18:00、カフェテラス 9:00〜17:00、工場見学 9:00〜16:00。(11月4日~4月第3日曜日)店舗 9:30〜17:30、喫茶 9:30〜16:30、工場見学 9:30〜 16:00
駐車場あり(200台)

柳月スイートピアガーデン公式サイト

てんぷらの老舗「はげ天 本店」で、北海道の天種を食す!

「はげ天」さんは、銀座のハゲ天とは別のお店です。そして天ぷらだけではなくぶた丼もあります。でも、天ぷらは旨いです! ゆったりとした店内で、ゆったりと北海道、道東のおいしさを味わえるのは、それだけで贅沢です。シーズンが合えばカニやアスパラの天ぷらなど、東京の人間から見ると少し毛色の変わった天種がメインになっています。

そして、ぶた丼ですが、「折角、天ぷら屋さんに来てぶた丼は…」と思う方には「ぶた天丼」がオススメかも。時々東京で食べる豚肉の天ぷらはB級グルメ色が強いのですが、サクサクの衣に包まれている天ぷらの中の柔らかい豚肉は、立派な天種になっています。

ちょっと幅広く帯広の味を一つの店舗で楽しみたい時にはとても便利なお店です。 【基本情報】
北海道帯広市西1条南10丁目
11:00~21:00
駐車場なし

「はげ天 本店」公式サイト

まとめ

帯広や十勝、道東で食事に行って思うのは「ボリュームが多い」ということです。それもただ「メガ盛り」になっているのではなく、おいしいものがたくさん出てくるんですよね。広大な景色や、帯広ならではになってしまったばんえい競馬なども楽しみですし、十勝のモール泉など観光要素はたくさんある場所で、しかも「美味!」というのは本当に旅行が楽しくて仕方ない場所なのです。それだけに帯広に長居すると「ダイエットは家に帰ってからにしよう」と割りきっておかないと、充分に満喫した気分になれませんから、そこだけは注意してください!