高級コンパクトカーの値段を調査!高級コンパクトカーは一般人にも買える値段?

最近目にすることも多いプレミアム・ブランドの高級コンパクトカー。その値段はいったいいくらなのでしょうか? いわゆる高級コンパクトカーと言われる車の値段を調べてみると、意外と手に入らない金額ではありませんでした。とは言え、国産コンパクトカーと比べると、やはり高額です。高級コンパクトカーは、その値段にふさわしい価値を備えているのか調べてみます。これであなたも高級コンパクトカー通になれるかも!?

そもそも高級コンパクトカーってどんな車?


高級コンパクトカーとひとことで言っても、いったいどんな車のことを言うのでしょう? 人によって意見は分かれるかもしれませんが、ここではいくつかの条件に当てはまる車のこととします。まず第一に、欧米でプレミアムと認められているブランド(メーカー)であること。メルセデスやBMW、アウディがそうです。第二に、少し専門的になりますがCセグメント以下であること。第三に国産の同じタイプの車と比べて値段が高いこと。第四に、デザインや運転する楽しさが優れていること。以上の4つの条件のうち3つ以上に当てはまる車の中から、代表的な高級コンパクトカーの値段について調べてみました。なお、値段は2016年3月現在のもので、その時点で購入できる新車の価格に基づいています。



メルセデス・ベンツ Aクラス 値段:296万円~

出典: http://www.netcarshow.com/mercedes-benz/2013-a-class/800×600/wallpaper_02.htm
2013年から日本で販売が開始された3代目メルセデス・ベンツAクラス。直列4気筒の1.6Lターボエンジンを搭載する「A180」は122ps/20.4kg・mを発揮し、カタログ燃費は17.6km/L。上級モデルの「A250」は直列4気筒の2.0Lターボエンジンを搭載し、218ps/35.7kg・mのハイパワーです。このAクラスには、このクラスでは別格となる「AMG A45 4MATIC」が用意されています。A250と同じ直列4気筒の2.0Lターボエンジンながら、AMGによってなんと381ps/48.4kg・mまでチューニングされています。このスペックは、2リッターエンジンの市販車最強クラス。究極のコンパクト・スポーツカー「AMG A45 4MATIC」はお値段も別格で車両本体価格713万円(税込み)~となっています。

BMW 1シリーズ 値段:298万円~

出典: http://www.carbuyer.co.uk/reviews/bmw/series-1/hatchback/review
2011年に登場した2代目に当たるこちらのBMW 1シリーズですが、2015年にマイナーチェンジを実施。特徴的だった「たれ目」のヘッドライトは切れ長のすっきりした印象に。またテールライトも切れ長になり、一見するとフルモデルチェンジのようです。3シリーズなどのデザインを踏襲してかっこよくなったこの1シリーズですが、エントリーモデルの118i(旧116i)は、317万円から298万円にプライスダウン。最大のライバルであるメルセデス・ベンツAクラスを意識した価格設定となり、装備はマイナーチェンジ前と変わりませんからかなりお買い得と言えます。
「118i」は3気筒の1.5Lエンジンで136ps/22.4kg・mを発揮しながら、カタログ燃費は18.1km/L。「120i」は4気筒の1.6Lエンジンで177ps/25.5kg・mを発揮します。最上級モデルの「M135i」は、このコンパクトなボディに3Lの直列6気筒エンジンを搭載。326ps/45.9kg・mというとんでもないハイパワーで、お値段の方は578万円となっています。



MINI 値段:226万円~

2001年にBMW社が「MINI」の商標を取得してから、2013年にこの3代目「MINI」となりました。オールド・ミニが長年ほとんどそのデザインを変えなかったのと同じく、この BMW MINI も初代から外観に大きな変更はないように見えます。しかしボディは少しずつ大きくなり、外装・インテリアはもちろんエンジンや足回りは確実に進化しています。
MINIはラインナップが豊富で、ほとんどのグレードでマニュアル・ミッションを用意しています。エントリーモデルである1.2Lの3気筒ターボエンジン・3ドア・6速マニュアルミッションの「ワン」が車両本体価格226万円(税込み)となっています。カタログ燃費は20.2km/Lと非常に経済的。実用的な5ドア・ATモデルの「ワン」は255万円。最も高額なモデルはジョンワークス・ペースマンのATモデルで、1.6Lツインスクロール・ターボエンジンから218psのパワーを発揮する4WDとなっており、そのお値段は477万円です。

アウディ A1 値段:249万円~

出典: http://bestcarmag.com/makes/Audi/A1
2015年6月にマイナーチェンジしたアウディ A1。1.0L3気筒インタークーラー付きターボチャージャーエンジンを搭載し、95ps/16.3kg・mを発揮する「A1 1.0 TFSI」が車両本体価格249万円(税込み)、「A1 1.0 TFSI SPORT」が265万円です。よりパワーを求める方には、1.4L4気筒インタークーラー付きターボエンジンで150ps/25.4kg・mの「A1 1.4 TFSI Cylinder on Demand Sport」がおすすめ。こちらのお値段は329万円となっています。後述する「A3」がメルセデスのAクラスやBMWの1シリーズ(Cセグメント)のライバルとなる車で、この「A1」はそれより一回り小さなクラス(Bセグメント)になります。

アウディ A3 スポーツバック 値段:303万円~

出典: http://www.mumsnet.com/cars/reviews/family-cars/16461-audi-a3-sportback
2013年に発売されたアウディ A3 スポーツバックはこちらのモデルで3代目となります。エントリーモデルは「1.4 TFSI」。「TFSI」とはアウディの直噴ターボエンジンのこと。1.4Lで122ps/20.4kg・mを発揮し、カタログ燃費は19.5km/Lとなっています。上級モデルには、フルタイム4WDの1.8L直噴ターボエンジンで180ps/28.6kg・mのパワーを持ち、カタログ燃費が14.8km/Lの「1.8 TFSI quattro」をラインナップ。こちらは車両本体429万円(税込み)となっています。
なお、モアパワーを求める方には、「S3 Sportback」というモデルもあります。フルタイム4WD・2.0Lインタークーラー付ターボエンジンを搭載し、285ps/38.8kg・mというパワーを誇るスポーティ・モデルです。実は、「1.8 TFSI quattro」も3.0Lクラスのパワーで、車重1460kgという軽さなので相当な力強さと速さを体感できます。しかし「S3 Sportback」はもはや別次元。コンパクトカーと高をくくっていると度肝を抜かれる速さです。まさに羊の皮をかぶった狼。その優越感を得るために必要な金額は、車両本体599万円(税込み)となっています。

VW ゴルフ 値段:266万円~

2013年に発売されたフォルクスワーゲンのゴルフは、こちらのモデルで7代目となることから、「ゴルフ VII(セブン)」と呼ばれています。エントリーモデルは車両本体価格266万円(税込み)の「ゴルフ TSI Trendline」。1.2Lのターボエンジン搭載で、105ps/17.8kg・mという必要にして十分なパワーを発揮します。
初代となる「ゴルフ I(ワン)」は1974年に発売されたので、ゴルフは40年以上の歴史のある車です。代を重ねるごとに少しずつ大きく重くなりましたが、この7代目は6代目と比べて少し大きくなったものの、およそ100kgという軽量化を果たし燃費に大きく貢献。カタログ燃費は21.0km/Lとなっています。
2.0Lターボエンジンで220psを発揮するスポーティモデルの「GTI」は2ペダルのDSG(デュアルクラッチトランスミッションの一種)モデルが399万円。最もパワーのある「R」は2.0Lターボエンジンで280ps/38.7kg・mを発揮し、同じくDSGモデルが549万円(いずれも車両本体価格・税込み)で購入できます。

ボルボ V40 値段:324万円~

出典: http://www.autocar.co.uk/car-review/volvo/v40
ひと昔前は「安全な車と言えばボルボ」と言われたほど、自動車の安全性に力を入れていたスウェーデンのメーカー、ボルボ。その姿勢は今でも変わりありませんが、各自動車メーカーも安全性能を高める努力をしてきたことから、近年ではボルボだけが特別に安全というわけではなくなりました。
ボルボの先代V40はステーションワゴンでしたが、2013年から販売されている現在のモデルはステーションワゴンとハッチバックの中間くらいのスタイルになっています。そのエントリーモデルは「T3」で、1.5Lのターボエンジンから152ps/25.5kg・mを発揮。価格は324万円となります。最も高価なモデルは、2.0Lのターボエンジンから245ps/35.7kg・mを発揮する「T5 R-DESIGN」でお値段は440万円(いずれも車両本体価格・税込み)です。

プジョー 208 値段:199万円~

出典: http://www.peugeot.co.za/showroom/208/5-doors/
プジョー 207の後継である「208」はBセグメントに属する車なので、アウディ A1と同じくらいの大きさになります。メルセデスのAクラスやBMW 1シリーズなどと比べると一回りコンパクトです。エントリーモデルは「Style」で199万円ですが、5MT(マニュアルトランシミッション)なので実質的な最安値モデルは「Style 6AT」の217万円でしょう。1.2Lの3気筒ターボエンジンで110ps/20.1kg・mのパワーを持ちます。この車の最大の魅力はフランス車らしいおしゃれなデザインではないでしょうか。

プジョー 308 値段:279万円~

出典: http://www.peugeot.co.za/showroom/308/5-doors/
2014年に発売された「プジョー 308」のエントリーモデルは「308 Allure」。1.2Lの3気筒ターボエンジンから130ps/22.5kg・mを発揮します。最上級もでるとして「308 GTi」も用意されており、こちらは1.6Lの4気筒ターボエンジンで250ps/32.3kg・mという3.0L超級のパワーを誇ります。お値段は385万円~となっています。以前のカジュアルな雰囲気から、ぐっとシックな大人の雰囲気になりました。インテリアも以前より上質な印象に変わっています。

アルファロメオ MiTo(ミト) 値段:3,304,800円~

出典: http://www.bestcarinf.com/alfa-romeo/alfa-romeo-mito
出典: http://hdwallpapershoot.com/wallpapers-of-alfa-romeo-mito/
最後にご紹介するのは、イタリアのメーカー・アルファロメオのコンパクトカー「MiTo(ミト)」です。エンジンは1.4L直列4気筒インタークーラーターボで135ps/23.5kg・mのパワーを発揮します。「Alfa Romeo D.N.A.システム」を搭載し、「Dynamic」「Natural」「All Weather」の3つの走行モードを選べます。また、「Alfa TCT」と呼ばれるデュアルクラッチトランシミッションを採用。ステアリングのパドルシフトでもギアチェンジが可能です。
メルセデスベンツ Aクラスより200mm以上全長が短く、アウディ A1より100mmほど長いというサイズ。コンパクトなボディにアルファロメオがレースシーンで培ってきたテクノロジーを惜しげもなく投入した車です。イタリア車らしく個性的でおしゃれな外観、美しいボディカラー、そしてインテリアではイタリア製レザーシートを採用するなど、国産車ではけっして真似できない一台となっています。

番外編 アストンマーティン・シグネット 値段:475万円~

出典: http://luminous-auto.jp/%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%80%80%E3%82%B7%E3%82%B0%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E5%85%A5%E5%BA%AB%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F%E3%80%82/
アストンマーティンといえば、スポーツカー好きで知らない人はいないイギリスのメーカー。歴代の映画「007」シリーズでは主人公のジェームス・ボンドが乗る車としてたびたび登場します。イギリスの貴族が自分で運転を楽しむための車とも言われ、DB9、V8ヴァンテージ、ラピード、ヴァンキッシュといった富裕層をターゲットにしたGTスポーツカーを製造しています。そのデザインはため息が出るほど美しい2ドア・クーペモデルです。
そのアストンマーティンがかつて販売していたのがこの「シグネット」。ベース車両はトヨタの「iQ」です。「iQ」は軽自動車より全長が400mmも短い超コンパクトカーで、2016年の現在でも新車で購入することができます。欧州の各メーカーがAセグメント(マイクロ・カー)に力を入れはじめたことに対するトヨタの回答として発表されました。
その「iQ」に、超高級車メーカーであるアストンマーティンが内外装を徹底的にリファインしたのが「シグネット」になります。完成車のiQの内外装を分解し、アストンマーティンの職人が1台1台手作業で仕上げていきました。残念ながら2013年に生産を終了しましたが、日本における販売価格は475万円~! iQの新車車両本体価格が144万円~(税込み)ということを考えると、アストンマーティンというブランド(メーカー)がいかにプレミアムな存在か想像に難くありませんね!
いかがでしたでしょうか? 狭い道が多いヨーロッパでは、昔からコンパクトカーがもてはやされていましたから、道路事情が近い日本でもその使い勝手は抜群です。そして最近のトレンドで、高級コンパクトカーも「ダウンサイジング・ターボ」を採用し、小さめの排気量で高出力と低燃費を両立させようと各社がしのぎを削っています。国産の軽自動車でも、オプションをたくさん付けると200万円前後になることを考えると、値段も思ったよりリーズナブル。国産コンパクトカーの乗り換えをお考えの方は、一度これらの高級コンパクトカーも検討してみてはいかがでしょう。オーナーになれば、きっとお値段以上の価値を感じることができると思います!

1/10 電動RCカー アルファロメオ MiTo (M-05シャーシ) フルセット 57065