【保存版】横浜を遊び尽くすドライブ観光スポット15選

異国情緒漂う「横浜」を観光するなら、ドライブがおすすめです。なぜなら、ベイブリッジや横浜の道路の流れるようなライトがとても綺麗ですし、アーバンな感じも楽しめます。お土産が多くなったときのことも考えて車で移動することがおすすめですよ!

目次

昼も楽しいけど、断然夜がオススメ「よこはまコスモワールド」

よこはまコスモワールドは午後から夜にかけてが楽しい!

コスモワールドは午前中ももちろん楽しいのですが、夜になってからのほうが断然楽しいです。もちろん、子供から大人まで楽しめるアトラクションもあり、広い世代が愉しむことができますよ。

【基本情報】
住所:神奈川県横浜市中区新港2丁目8番1号
TEL:045-641-6591
営業時間:平日 11:00~21:00(12~3月の平日は11:00~20:00)土日祝・春休み・GW・夏休み・冬休み:11:00~22:00 12/31はオールナイト営業 ~1/1 AM8:00 ※閉園時間は予告なく変更となることがあります
定休日:定休日あり(必ず公式サイトの営業カレンダーでご確認のうえ、おでかけください)
料金:無料
駐車場:専用駐車場はありませんので公共の駐車場をご利用ください。
アクセス:首都高横羽線「みなとみらいランプ」より1分

カップルに大人気「コスモロック21」

カップルに一番人気の「コスモロック21」は世界最大級の大観覧車です。
約15分の空中散歩では、昼は360度の雄大なパノラマを、夜は宝石をちりばめたような美しい夜景を満喫できます。夜間には、毎時15分毎に直径100mの回転輪を利用したイルミネーションによる美しい大輪の花火を打ち上がりとってもロマンティックです。また観覧車の中には「観光・歴史情報案内システム」が設置されており、画面をタッチすると施設情報などを解説してくれますよ。

【基本情報】
大観覧車 利用料金:800円(3歳以上)
ご利用対象:0歳~
※小学生未満は16歳以上の付添い(有料)が必要です。
※大観覧車の受付終了は営業終了の15分前となります。
また、混雑等により受付終了時間を変更する場合がございます。

横浜市内の駐車場を探すなら

地元の人でさえも駐車場を探すのは一苦労ですよね。
そんなときは「横浜市内駐車場案内システム」を活用しちゃいましょう!
エリアを選択すれば、あっという間に「場所」「満室情報」がわかりますよ。

横浜市内駐車場案内システム



絶対おいしい! 中華街「江戸清」の豚まん

横浜中華街は、神奈川県横浜市中区山下町一帯に所在するチャイナタウンのことです。上海路、中山路、福建路など、地名を冠した路地が交差しており、各路地には、当該地の出身者が多いとのこと。5,000店以上の店舗があり、日本最大かつ東アジア最大の中華街となっています。歴史は150年弱あり、日本では、神戸南京町や長崎新地中華街とともに「三大中華街」とされています。
中華街でぶらり旅には欠かせない「江戸清の豚まん」は一度は食べたことがある方も多いのではないでしょうか。とにかくここの豚まんは大きくて大満足ですね! この他にも、フカひれまんやチャーシューまん、エビチリまんもありますよ。

住所:神奈川県横浜市中区山下町192
TEL:045-681-3133
営業時間:月~金 9:00~20:00 土・日・祝 9:00~21:00 日曜営業
定休日:元旦
料金:大きな豚まん 1個500円
駐車場:無 公共の駐車場を利用してください。
アクセス:首都高速神奈川3号狩場線 石川町IC 車で2分(470m)

創業明治27年 元祖ブタまん 江戸清|横浜中華街で人気の肉まん、中華まんの通販サイト
TVや雑誌でも話題になった横浜中華街で人気の肉まん(豚まん)の江戸清へようこそ!創業明治27年からのおいしい歴史がぎっしりとつまった当店の中華まんをネット通販でお届けします!

こっちもオススメ! 横浜大飯店の「杏仁ソフト」

横浜の食べ歩きといって外せないのが「ソフトクリーム」。横浜大飯店の杏仁ソフトは、本物の杏仁粉をブレンドしており、生クリームも他のものより多く使っています。そのため、濃厚だけどさっぱりとした味わいを楽しむことができますよ。テレビでも紹介され、横浜で1番おいしいアイスクリームとして認定されているそうです。 食べてみる価値アリ!

【基本情報】
住所:神奈川県横浜市中区山下町154
TEL:050-5868-4744 (予約専用番号)  045-641-0001 (お問い合わせ専用番号)
営業時間:10:00~21:30
定休日:無休
料金:300円
駐車場:無 公共の駐車場を利用してください
アクセス: 首都高速 横羽線 横浜公園出口よりすぐ

口に含むと、とても濃厚ながら、比較的アッサリとした甘さと杏仁の風味が広がります。
これが「オリゴ糖のまろやかな甘さ」というやつなのでしょう!
そして、杏仁の香りが何とも心地いいのです。

出典:

tabelog.com

カップヌードルは日本生まれ! カップヌードルミュージアム

「インスタントラーメン」それは、日本生まれの食べ物です。20世紀最大の発明ともいえます。だってお湯入れれば食べれちゃう食べ物なんですよ! 凄いですよね? インスタントラーメン=カップヌードルということで、みなとみらいには「カップヌードルミュージアム」があります。カップルでもファミリーでも友人同士でも楽しめる、一風変わったスポット。そこではなんと、自分だけの「オリジナルカップヌードル」を作ることができます。ぜひ、お気に入りの自分だけのカップヌードルを作ってみませんか?

【基本情報】
住所:横浜市中区新港2-3-4
TEL:045-345-0918
開館時間:10:00〜18:00 (入館は17:00まで)
休館日:火曜日(祝日の場合は翌日が休館日) 年末年始
入館料:大人(大学生以上) 500円  高校生以下は無料 アトラクションは別途料金がかかります。
駐車場:普通車40台 駐車料金:入館券提示で最初の1時間は無料、それ以降は30分毎に250円
*時間:9:00〜19:00
アクセス:首都高速神奈川1号横羽線「みなとみらいIC」より5分

カップヌードルがんばる。



動物とのふれあいで癒される。野毛山動物園

昭和24年に開かれた日本貿易博覧会の会場となった野毛山公園は博覧会後、展示された動物を引き続き飼育することになり、昭和26年に野毛山遊園地が開園しました。その後、閉園する野毛山遊園地から独立したのが野毛山動物園です。この独立時から入園料は無料で、平成23年に60周年を迎えました。野毛山動物園は、小さな動物園ですが入園無料であることに加えて、様々な動物を手が届くくらいの距離で見られる事が大きな魅力です。小動物とのふれ合いなどと触れ合うことができ、多くの人達が動物たちとの魅力的な出合いを求めて来園しています。

【基本情報】
住所:横浜市西区老松町63-10
TEL:045-231-1307
開園時間:午前9時30分~午後4時30分(入園は午後4時まで)
※5月3日~6日は、午前9時から午後5時(入園は午後4時30分)
定休日:毎週月曜日(祝日にあたる場合は、翌日)、12月29日~1月1日
料金:無料
駐車場:無 最寄りの一般有料駐車場は横浜市中央図書館隣の「野毛山自動車駐車場」となります。
アクセス:首都高速・横羽線「みなとみらい」出口→「みなとみらい大通り」を桜木町駅方面へ→「さくら通り西」交差点を右折→「戸部一丁目」付近交差点を左折→「野毛坂交差点」を右折→坂の上に動物園があります。

大人の雰囲気を味わおう! モーション・ブルー・ヨコハマ

明治から大正へ、横浜港の繁栄を支え、時代の流れを静かに見守り続けてきた横浜赤レンガ倉庫に「モーション・ブルー・ヨコハマ」はあります。クラシックであり、かつモダンでもある場所で音楽と、美味しい食事を楽しむことができます。

【基本情報】
住所:神奈川県横浜市中区新港1-1-2 横浜赤レンガ倉庫2号館3F
TEL:045-226-1919
営業時間:月~土 17:00~23:30(22:00) 日・祝 16:00~22:30(21:00)
定休日:不定休
料金:ディナー 5,000円~5,999円 サービス料10%
駐車場:屋外約200台 24時間利用 500円/60分(以後250円/30分)レストラン利用時、3,000円以上のご利用で1時間無料
アクセス:首都高速横羽線を横浜方面へ。「みなとみらい」または「横浜公園」下車。 横浜ベイブリッジを渡り、首都高速湾岸線を経由して「みなとみらい」下車。

温泉に入り放題! 万葉倶楽部

万葉倶楽部横浜みなとみらいは、最寄り駅みなとみらい駅から徒歩5分という好立地にあり、本物の温泉の湯を熱海湯河原温泉から毎日タンクローリーで運ばれてきています。さらに最上階9階には、みなとみらいを一望できる展望足湯庭園が設置されていて、よこはまコスモワールドの大観覧車とジェットコースターを見ながら足湯を楽しむことができます。

【基本情報】
住所:神奈川県横浜市中区新港2-7-1
TEL:045-663-4126
営業時間:24時間営業
定休日:年中無休
料金:マル得セット入館料 大人(中学生以上)2,500円(税別)、子供(小学生)1,400円(税別) 幼児(3才~未就学児)940円(税別) 3才未満無料
駐車場:有 226台
アクセス:首都高速神奈川1号横羽線 みなとみらいより3分

三溪園を散策してみよう!

三渓園は生糸貿易で財を成した実業家であり、著名な美術愛好家でもある、原三溪が開園した敷地面積18万平方メートルの広大な純日本庭園のことを言い、 園内にある臨春閣や旧燈明寺三重塔など10棟は、重要文化財に指定されています。梅や桜、つつじや紅葉などの名所として知られ、海外の観光客にも人気が高く、のんびり横浜観光をしたい方におすすめです。日本の伝統建築と自然の調和が美しく、歴史の流れを感じることができますよ。雰囲気が非常によく、晴れた日には特に魅力的です。

【基本情報】
住所:神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1
TEL:045-621-0635
営業時間:9:00~17:00(最終入園 16:30)
定休日:12/29~12/31
料金:大人(中学生以上)500円、こども(小学生)200円
駐車場:有
アクセス:東京銀座・羽田方面からはベイブリッジ経由、「本牧埠頭ランプ」をご利用ください。(注意:次の「三渓園ランプ」は下り車線からは下りられません)→ランプを降りたら道なりT字路にあたったら左折→「本牧元町入口」右折

東名横浜町田方面(保土ヶ谷バイパス「狩場IC」経由)や第三京浜自動車道路からは「石川町IC」を経由し「新山下ランプ」をご利用下さい。→ランプを降りたら道なり「B突堤入口」右折→T字路にあたったら左折→「本牧元町入口」右折

横須賀・金沢方面からは「並木IC」経由、「三渓園ランプ」をご利用下さい。→ランプを降りたら道なり「本牧元町入口」左折

夜景を楽しむならココがオススメ! 横浜港大さん橋国際客船ターミナル

横浜港大さん橋国際客船ターミナルは夜を楽しむスポットとして人気があります。特に24時間無料で開放されている屋上フロアの「くじらの背中」からの夜景が最高に美しいですよ。赤レンガパーク、みなとみらいのランドマークタワーや観覧車、横浜ベイブリッジ、山下公園&氷川丸、マリンタワーなど横浜港を一望できる素晴らしいロケーションです。波をイメージした外観が特徴でターミナルの全景を見ることもできます。また、国際客船のターミナルですので、大型客船を近くで見ることもできます。

【基本情報】
住所:神奈川県横浜市中区海岸通1-1-4
TEL:045-211-2301
営業時間:屋上フロア 24時間無料開放 2階客船ターミナル施設&多目的ロビー9:00~21:30 ターミナル1階有料駐車場7:30~23:00  ※金・土曜日は25:00まで
定休日: 年中無休
料金:無料
駐車場:有 1時間まで500円、以降30分ごとに250円、24時間まで(平日)1,500円、24時間まで(土・日・祝日)2,000円
アクセス:首都高速横羽線 横浜公園ランプから約3分

八景島シーパラダイスで癒されよう!

横浜にある水族館として日本の中でもかなり有名です。規模も大きく、展示されている生物の種類も多いので、デートや家族旅行にもおすすめです。魚たちが最もきれいに見られるように展示が工夫されています。

【基本情報】
住所:横浜市金沢区八景島
TEL:045-788-8888
営業時間:8時30分~21時30分
定休日:未定 (冬期不定休あり)
料金:入島無料 アクアリゾーツパス 大人・高校生3,000円 シニア65歳以上2,450円
ワンデーパス 大人・高校生5,050円 シニア3,600円
駐車場:4,000台 乗用車1日1,000円、他駐車場により異なります。
アクセス:首都高速湾岸線幸浦出口より約1.5km、横浜横須賀道路並木出口より約2km

スパで癒されよう! スカイスパYOKOHAMA

横浜駅直結のスカイスパYOKOHAMAは、思い立ったらすぐ行けるアクセス抜群のスパ&サウナです。ロウリュのパフォーマンスが人気のドライサウナや絶景を眺めながらのお風呂など、日常の喧騒を離れた寛ぎの時間をお過ごしいただけます。さらに、ダイニングでのお食事やカプセルなどの宿泊施設、フィットネス、ビューティーサロンなどを併設しています。

【基本情報】
住所:横浜市西区高島2-19-12 スカイビル14F (横浜そごう横、マルイシティ横浜同ビル14F)
TEL:045-461-1126 
営業時間:10:30~翌朝9:00(22.5時間営業) 浴室のご利用は朝8:30迄
定休日:年中無休
料金:2,370~5,000円
駐車場:有り(620円/時間)
アクセス:東京方面からは首都高速神奈川1号横羽線「東神奈川出口」より国道1号線へ。国道1号線を桜木町方面に向かって走ると左手に見えるスカイビルを過ぎたらすぐ(そごうダリア館手前)を左折。約100m直進すると左手に入口があります。
第三京浜方面からは、第三京浜「三ツ沢出口」より一般道へ。浅間下交差点で左折、青木橋交差点、青木通交差点を右折。国道1号線を桜木町方面に向かって走ると左手に見えるスカイビルを過ぎたらすぐ(そごうダリア館手前)を左折。約100m直進すると左手に入口があります。

絵画で癒されるなら。横浜美術館

横浜ランドマークタワーのそばにある横浜美術館のエントランスにはかわいい顔をした石像が置かれているので、ココで記念写真を撮るがオススメです。中にはカフェなどが併設されており、軽食などを食べることができます。美術品を見ながらほっと一息したいなら横浜美術館はオススメですよ。

【基本情報】
住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目4番1号
TEL:045-221-0300
営業時間:10:00~18:00
定休日:木曜日、年末年始
料金:一般500円、高大生300円、中学生100円、小学生以下無料
駐車場:有 169台(屋内121台、屋外48台)
アクセス:桜木町駅前から日本丸方面へ入る。または桜木町駅前から紅葉坂交差点を右折してMM21地区へ入り、美術館へ。横浜駅からは高島町MM21地区入口を通って美術館へ。いずれも3~5分(首都高「みなとみらい出入口」も利用できます)。

新横浜ラーメン博物館でお腹を満たす。

横浜でグルメを満喫したい方にオススメなのがラーメン博物館です。様々なラーメンを1カ所で楽しめるので食欲を満たすのにも最適です。ラーメンの食べ比べも楽しめます。食事時にも観光を楽しめる場所です。できるだけお腹をすかせていったほうがお得ですよ。空間も映画のセットのような感じで、中国に来たような感じで楽しめますよ。

【基本情報】
住所:神奈川県横浜市 港北区新横浜2丁目14-21
TEL:045-471-0503
営業時間:11:00~21:30
定休日:無休
料金:1日入場券 大人(中学生以上)310円 小人(小学生)100円  シニア(60歳以上)100円
駐車場:新横浜ラーメン博物館の2F~7F・屋上が提携有料駐車場になっています。175台収容。30分250円 高さ2.1m・横幅1.8m・長さ5mまで
アクセス:第3京浜港北インターから→料金所を左折、新横浜方面へ。途中目印になるのが、右手に見える日産スタジアム。その後、右車線を走って新横浜方面へ進み、横浜労災病院北側交差点を右折。2つ目の信号機(新横浜2丁目北側)を右折、右手ファミリーマートを右折。左手4件目にあります。

川崎・鶴見方面から→環状2号線を新横浜方面へ。新横浜駅前交差点を右折。曲がって2つ目の信号機(新横浜2丁目北側)を左折、右手ファミリーマートを右折。左手4件目にあります。

みなとみらい方面から→桜木町駅から2つ向こう側の一般道が新横浜駅前まで続いている新横浜道路です。その新横浜道路を三ツ沢・新横浜方面へ。その後岸根交差点で環状2号線に合流。そのまま進み、新横浜駅前交差点を左折。曲がって2つ目の信号機(新横浜2丁目北側)を左折、右手ファミリーマートを右折。左手4件目にあります。

目の前の大観覧車に酔いしれてみる!横浜ベイホテル東急

みなとみらい駅からも徒歩1分とアクセス抜群のホテル。目の前には大観覧車!バルコニーから眺めるオーシャンビューは最高です。そして!お部屋によっては、オーシャンビューのバスルームもあります。シンプルで落ち着いたデザインのインテリアも素敵ですよ!23~25階に位置する特別フロア「ベイクラブフロア」なら、よりラグジュアリーな雰囲気を味わうことができますよ。

【基本情報】
住所: 横浜市西区みなとみらい2-3-7
TEL: 045-682-2222
営業時間:24時間
定休日:無休
料金:夜景プランの場合 17,500~33,500円
駐車場:地下駐車場「クイーンズパーキング」
ご宿泊のお客様は1泊1,550円/1台でご入庫された時間より24時間駐車場をご利用になれます(チェックインの際に駐車場ご利用の旨をフロントにお声がけください)。チェックイン前からでもご利用になれ、ご滞在中のお車の出し入れも可能です。
アクセス:首都高速道路 横浜羽田線「みなとみらいランプ」から約2分(第三京浜玉川インターチェンジより、首都高速を経由して約25分)

女性の一人旅にオススメ!横浜桜木町ワシントンホテル

横浜桜木町ワシントンホテルは、みなとみらいの景色はもちろんのことですが、レディスフロアがあるところも魅力です。セキュリティーはもちろんのこと、アメニティーや設備、サービスともに安心・満足のお部屋です。レディースルームではベッドはロータイプのフローリング部屋です。女性の横浜ひとり旅にぜひ、おすすめしたいホテルです。

【基本情報】
住所:神奈川県横浜市中区桜木町1-101-1
TEL:045-683-3111
営業時間:24時間
定休日:無休
料金:レディースルームの場合 駅側12,636円 海側:13,716円
駐車場:有 120台 有料
アクセス:首都高速横羽線みなとみらいランプから、ホテル地下の駐車場まで3分

お土産ならココが間違いない!

ありあけハーバーの「ダブルマロン」

昭和40年代に横浜みやげとして一世を風靡したありあけのハーバーは、昭和11年に和菓子として創業した有明製菓が昭和29年に創製した、栗あんをカステラ生地で包んだ洋風菓子です。当初はマロンと称しましたが、昭和41年にハーバーと改名しました。当時のユニークなテレビCMも手伝って注目を集めましたが、やがて人気は下火になり会社は倒産。しかしその後、ハーバーの味をもう一度食べたいというファンの声に押され復活しました。 新しく生まれ変わったハーバーは、やわらかいしっとりしたカステラ生地に散りばめられた栗の粒が、アクセントになっていて贅沢な味わいです。現在でも、横浜のお土産の定番にもなっていますよ。

【基本情報】
店舗:ありあけ本館ハーバーズムーン
住所:神奈川県横浜市中区日本大通36 シティタワー横濱1F
TEL:0120-005-436
営業時間:10:00~20:00
定休日:年中無休
料金:12個入 2,138円
駐車場:提携駐車場あり(340パーキング)
アクセス:首都高速神奈川1号横羽線 横浜公園IC 車で2分(490m)

崎陽軒の「昔ながらのシウマイ」

横浜といえば崎陽軒、崎陽軒といえば横浜とも言えるほどの崎陽軒のシウマイはメジャー級のお土産です。冷めてもおいしい崎陽軒のシウマイは、昭和3年の発売以来、変わらぬレシピで作られています。冷めてもおいしいのでお子様のお弁当にもOK!ですよ。

【基本情報】
店舗:崎陽軒本店本店ショップ
住所:横浜市西区高島2-13-12崎陽軒本店1階
TEL:045-441-8827
営業時間:9:00~21:00
定休日:無休
料金:30個入り 1,170円(税込み)
駐車場:有 左手に見えますヨコハマジャスト2号館の立体駐車場をご利用いただけます。
アクセス:首都高速神奈川1号横羽線 横浜駅東口IC 車で1分(160m)万里橋方面よりみずほ銀行を左側にお入りください(一方通行です)。

洋菓子のフランセの「横濱ミルフィユ」

世界の美食家が認めるコンクール「モンドセレクション」で18年連続受賞をしているお菓子の「横浜ミルフィユ」はミルフィーユとは言わずにミルフィユというのが正式らしいです。この横浜ミルフィユですが、取引先に持っていくと女性陣にかなりの確立で喜んでもらえます。一口サイズですし、一個ずつの包装というのが会社のお土産に最適ですね。

住所:神奈川県横浜市神奈川区泉町14-1フィルボーン横浜1F
TEL:045-321-5613
営業時間:10:00~18:30
定休日:元旦のみ
料金:12個入 1,296円(税込み)
駐車場:無
アクセス:首都高速神奈川2号三ツ沢線 横浜駅西口IC 車で3分(990m)

喜久家洋菓子舗の「ラムボール」

喜久家洋菓子舗のラムボールはラム酒を練り込んだ生地をチョコレートの中で発酵させたもので、ちょっとビターでちょっとラムのきいた大人の味です。自分用にお土産として買って帰るのもオススメです。横浜を代表する定番スイーツとして不動の人気を誇っています。大きさは結構大きめですよ。

【基本情報】
住所:横浜市中区元町2-86
TEL:045-641-0545
営業時間:10:00~19:45 ランチ営業、日曜営業
定休日:不定休(第3月曜日)
料金:ラムボール 950円~バラ模様ギフト箱(税別)
駐車場:元町第一駐車場10:00〜22:00 2,000円以上お買い上げで元町SS会駐車サービス券100円を差し上げております
アクセス:首都高速横羽線(銀座・羽田方面より) 横浜公園出口または山下町出口より 5分

世界チャンピオンの店。皇朝の「肉まん」

金メダルをぶら下げた4人のコックと”世界チャンピオン”の肉まんという大きな文字。中華街で一際目立つ巨大な看板がトレードマークです。看板どおり、皇朝の肉まんは中華街の中でも絶大な人気を誇る「世界チャンピオンの肉まん」がウリになっていますよ。中を割ってみると肉団子のような餡が特徴。肉の旨みがギュッと詰まっていて、超絶美味しいですので試す価値アリ!

【基本情報】
住所:横浜市中区山下町81 南門シルクロード
TEL:045-663-9686
営業時間:平日 10:00~21:00 (土日・祝日 9:30~22:00)
定休日:無休
料金:1個100円(税別) 10個入り1,000円(税別)
駐車場:無
アクセス:首都高速道路 新山下ランプより約5分

何でも包めちゃう!濱文様の風呂敷

一枚持っておくと便利な布といえば「風呂敷」。丸いものから四角いものまで何でも包めます。使い方次第ではバッグにもなるようです。そんな風呂敷はお土産にも最適。特に海外へのお土産には是非オススメですよ。

住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい3-5-1 MARK IS みなとみらいB4F
TEL:045-319-6351
営業時間:月~木 10:00~20:00、金・土・日・祝前日 10:00~21:00
定休日:不定休
料金:800~2,000円
駐車場:900台(9:00〜23:00)駐車場料金30分毎270円
アクセス:首都高速横羽線みなとみらいランプより、約1分

謎の白黒カレー

中華街大通りの横浜博覧館に売っている「大熊猫(パンダ)白黒カレー」。心がザワつくネーミングですが、パンダは入っていませんよ。ちなみに、中華街大通りの横浜博覧館でしか変えません。中は白と黒のカレーが入っていて、ご飯をパンダ型に持ったら白と黒のカレーで自分でパンダ模様を書け!という乱暴かつ斬新なカレーです。修学旅行生には大人気ですよ。

【基本情報】
住所:横浜市中区山下町145
TEL:045-640-0081
営業時間:日~木 9:30~21:30  金・土・祝前日9:30~22:00
定休日:年中無休
料金:全館入場無料
駐車場:無 提携駐車場があります。
アクセス:東京方面より首都高速 横羽線(みなとみらい方面)→横浜公園出口
湾岸線(ベイブリッジ方面)→新山下出口

まとめ

いかがでしたか?
横浜は、ガンガン遊ぶこともできるし、まったりもできる。小腹が減ったら中華街に行って美味しい物を摘まめる。芸術も鑑賞でき買い物にも困らないという老若男女問わずに楽しめる街でもあります。まだまだ紹介しきれない横浜ですが、ココだけ言っておけば間違いありませんよ!