普通車の自動車税っていくらなの?

自動車購入に付き物なのが自動車税ですね! 今回はそんな自動車税についてまとめてみました!

自動車税の疑問

自動車税はなんのためにあるのか?

諸説ありますが、この自動車税とはまだ道路が砂利道だったころに、道路整備するために使用された税金です。現在ではなにに使われても良いといった税金区分になっております。良く選挙でこの自動車税や、重量(*1)税廃止を謳い出馬されている人がいますが、廃止される予兆はありません。

(*1)重量税とは車の重さによって変わる車検時に払う税金です。年式により税率も変わります。

自動車税は誰が払うのか

自動車税は所有者または使用者に支払い義務が発生します。所有者がローン会社などの場合は使用者になります。

自動車税はいつ払うのか

自動車を中古車または新車購入したときです。もしくは4月1日時点で所有または使用している場合です。この時点での支払い義務者に納税書が送付され、4月の下旬から5月の上旬辺りまでには、手元に届くと思います。指定された金融機関やコンビニエンスストアなどで、5月末までに支払います。

自動車税の支払いが遅れたらどうなるのか

納付期限は6月1日までです。これは過ぎると利息が発生します。利息は納期限の翌日から1か月を経過する日までは年7.3%1か月を経過した日以降は年14.6%となります。遅れないように納付しましょう。納付をしない最悪の場合は車を差し押さえられます。



自動車税を見てみよう!

自動車税にはエコカー減税やグリーン化税といった増税までさまざまです。そういった制度の適用条件なども合わせてご紹介します。

グリーン課税の適用条件

まず、グリーン課税とは、新車新規登録から一定年数を経過した環境負荷の大きい自動車は税率を重くするなります。ガソリン車は新車新規登録から13年を超えたものに課税されます。

グリーン化税車の自動車税

排気量とグリーン化税車の年間の自動車税

【1,000cc以下】     33,900円
【1,000~1,500cc以下】 39,600円
【1,500~2,000cc以下】 45,400円
【2,000~2,500cc以下】 51,750円
【2,500~3,000cc以下】 58,600円
【3,000~3,500cc以下】 66,700円
【3,500~4,000cc以下】 76,400円
【4,000~4,500cc以下】 87,900円
【4,500~6,000cc以下】 101,200円
【6,000cc~】      127,600円

となっています。次にエコカー減税車を見てみましょう。*この金額は平成27年現在の金額です。

エコカー減税の適用条件

グリーン化税制と環境対応車普及促進税制の2つを合わせたものを一般的にエコカー減税と言っています。自動車よって減税のパーセンテージが変わってきます。その基準と減税率を紹介します。後述の一般的な自動車税一覧表から算出くださいませ。

【平成17年基準値低排出ガス75%低減かつ平成32年度燃費基準+20%以上達成】概ね75%軽減
【平成17年基準値低排出ガス75%低減かつ平成32年度燃費基準+10%以上達成】概ね75%軽減
【平成17年基準値低排出ガス75%低減かつ平成32年度燃費基準達成】      概ね75%軽減
【平成17年基準値低排出ガス75%低減かつ平成27年度燃費基準+20%以上達成】概ね50%軽減
【平成17年基準値低排出ガス75%低減かつ平成27年度燃費基準+10%以上達成】概ね50%軽減

*平成27年現在の金額です。

一般的な自動車税

【1,000cc以下】     29,500円
【1,000~1,500cc以下】 34,500円
【1,500~2,000cc以下】 39,500円
【2,000~2,500cc以下】 45,000円
【2,500~3,000cc以下】 51,000円
【3,000~3,500cc以下】 58,000円
【3,500~4,000cc以下】 66,500円
【4,000~4,500cc以下】 76,500円
【4,500~6,000cc以下】 88,000円
【6,000cc~】      111,000円

この表をもとにエコカー減税を算出してください。*平成27年現在の金額です。

自動車税の月割り額

自動車を購入した月(名義変更または新車登録)によっても自動車税は変わってきます。ではそれを見ていきましょう。

1,000cc以下

【4月】27,000円【5月】24,500円【6月】22,100円【7月】19,600円【8月】17,200円【9月】14,700円【10月】12,200円【11月】9,800円【12月】7,300円【1月】4,900円【2月】2,400円

1,000~1,500cc以下

【4月】31,600円【5月】28,700円【6月】25,800円【7月】23,000円【8月】20,100円【9月】17,200円【10月】14,300円【11月】11,500円【12月】8,600円【1月】5,700円【2月】2,800円

1,500~2,000cc以下

【4月】36,200円【5月】32,900円【6月】29,600円【7月】26,300円【8月】23,000円【9月】19,700円【10月】16,400円【11月】13,100円【12月】9,800円【1月】6,500円【2月】3,200円

2,000~2,500cc以下

【4月】41,200円【5月】37,500円【6月】33,700円【7月】30,000円【8月】26,200円【9月】22,500円【10月】18,700円【11月】15,000円【12月】11,200円【1月】7,500円【2月】3,700円

2,500~3,000cc以下

【4月】46,700円【5月】42,500円【6月】38,200円【7月】34,000円【8月】29,700円【9月】25,500円【10月】21,200円【11月】17,000円【12月】12,700円【1月】8,500円【2月】4,200円

3,000~3,500cc以下

【4月】53,100円【5月】48,300円【6月】43,500円【7月】38,600円【8月】33,800円【9月】29,000円【10月】24,100円【11月】19,300円【12月】14,500円【1月】9,600円【2月】4,800円

3,500~4,000cc以下

【4月】60,900円【5月】55,400円【6月】49,800円【7月】44,300円【8月】38,700円【9月】33,200円【10月】27,700円【11月】22,100円【12月】16,600円【1月】11,000円【2月】5,500円

4,000~4,500cc以下

【4月】70,100円【5月】63,700円【6月】57,300円【7月】51,000円【8月】44,600円【9月】38,200円【10月】31,800円【11月】25,500円【12月】19,100円【1月】12,700円【2月】6,300円

4,500~6,000cc以下

【4月】80,600円【5月】73,300円【6月】66,000円【7月】58,600円【8月】51,300円【9月】44,000円【10月】36,600円【11月】29,300円【12月】22,000円【1月】14,600円【2月】7,300円

6,000cc~

【4月】101,700円【5月】92,500円【6月】83,200円【7月】74,000円【8月】64,700円【9月】55,500円【10月】46,200円【11月】37,000円【12月】27,700円【1月】18,500円【2月】9,200円 *平成27年現在の金額です。この金額からグリーン課税、エコカー減税を算出してください。



では具体的に車を買うといくら払うのか?

マツダデミオの場合

コンパクトカーをお考えの方でしたらデミオを候補に入れる方も多いのではないでしょうか?スカイアクティブエンジンは話題を呼びましたね! ではこのマツダデミオでは1,300ccなので、排気量区分1,000~1,500cc以下を見ます。ですので一年間の自動車税は34,500円になりますが、デミオはエコカー減税として概ね75%減税なので自動車税は9,000円となります。翌年から34,500円となります。
もともと維持費がかからない車なのでたいへんオススメです!

トヨタプリウスの場合

エコカーと言えばハイブリッドシステムで低燃費なプリウスをお考えの方も多いと思います。プリウスは1,800ccなので、排気量の区分は1,500~2,000cc以下の表を見ます。ですので一年間の自動車税は39,500円になります。そこからエコカー減税として75%減税となるので10,000円となります。2年目以降は39,500円です。
燃費も良く税金も安いので維持しやすいのではないでしょうか?

マツダロードスターの場合

2015年、華々しくデビューを飾ったロードスターを検討されている方も多いと思います。話題のスカイアクティブエンジン搭載です。しかしこのロードスターはエコカー減税対象外です。おそらくスポーツカー思考なので、セッティングが環境重視ではなく、パワー重視なのでしょうか。ですので、排気量1,500ccですので区分は1,000~1,500ccになります。と言うことで純粋に一年間の自動車税は34,500円です。

トヨタエスティマハイブリッドの場合

7人乗りのファミリーカーとしてこの車を候補に挙げる方も多いと思います。ステーションワゴン車でハイブリッドといえばエスティマハイブリッドと言うイメージも強いと思います。そこでエスティマハイブリッドの排気量は2,400ccですので2,000~2,500cc以下の区分になります。ですので自動車税は45,000円なのですが、エスティマハイブリッドは概ね75%減税ですので、自動車税は11,000円になります。

ニッサンスカイラインGT-Rの場合

近年の旧車ブームもあり、旧車専門店も増え、古い車も手に入れやすくなってきました。そこで今回はR32型スカイラインGT-Rを例に挙げてみましょう。当時乗りたかったけど今なら乗れる! といった方も多いのではないでしょうか? このスカイラインGT-Rは2,600ccですので自動車税の区分は2,500~3,000cc以下になります。ですので一般的には51,000円なのですが、1989~1994年式が該当しますのでどれもグリーン化税になります。ですので、58,600円になります。ちょっと高くなりますが、もとは贅沢な車なので仕方ないですね…。

ニッサン新型エクストレイルハイブリッドの場合

街乗りも、雪道も得意なハイブリッドSUVとして新型エクストレイルハイブリッドを検討される方も多いと思います。このエクストレイルハイブリッドのエンジンは2,000ccなので自動車税区分は1,500~2,000cc以下で39,500円になります。しかし新型エクストレイルハイブリッドは減税対象車なので19,500円となる見込みです。翌年から39,500円です。詳しくはニッサンディーラーでお聞きください。そのほか新車購入時にかかる取得税と重量税は100%減税のようです。本来かかるこの2つの税金は無料になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか? 自動車一台所有するにも大変な税金が発生することがおわかりいただけたでしょうか? 自動車税のほかにも車の維持には車検時に払う自賠責保険と自動車の重さで決まる重量税があります。この重量税にもエコカー減税と、古い自動車には増税の制度があります。この税金は基本的には景気に左右されず、金額が安くなるといったこともありません。税金の使い道も不透明なものが多く『道路族』という皮肉的な言葉も各メディアが連呼しております。
最近では軽自動車の増税も話題ですが、TPPの関係により改変もあると思います。こういった背景もあり、格差社会化している世の中で自動車の維持が家計を苦しめる方も多くいらっしゃると思いますが、ある程度自動車にかかる費用は想定できます。年間の自動車税、車検にかかる費用(車検代、重量税、自賠責保険料、点検整備費用)、消耗品(エンジンオイル、タイヤ、ブレーキパッド、ワイパーなどの小物類)年間走行距離から出るガソリン代などなど。
自動車購入の際はこういった計算を前もってしておいた方が良いと思います。車を購入したのは良いけど思ったよりガソリン代が高い、タイヤ代が高くて交換できない等、専門的な知識がなくて計算の仕方すらわからない方もいらっしゃるかと思いますが、お近くのディーラーでも教えてもらえると思いますので、よく計算してから購入されるお車を選びましょう! そうすればきっといいカーライフを送れると思います!