安全性はもちろんだけど、使いやすさで選ぶチャイルドシート!

チャイルドシートを着用していない場合、事故にあった時の死亡率が4倍にもなるそうです。クルマでのお出かけにはチャイルドシートは必須ですね。できればお子さんも快適に過ごせて、パパもママも使い勝手がよいものがいいですね。ここでは基本の選び方や子どもの成長に合うチャイルドシートをご紹介します。

成長に合わせてぴったりなものを選びましょう

乳児(新生児~1才頃)

赤ちゃんは、生まれて2か月ぐらいまでは首がすわっていません。体のつくりも未熟なところばかり。自分でお座りができるようになるまで、少なくとも6か月ぐらいまでは平らなベッドタイプのチャイルドシートものを選びましょう。赤ちゃんの体に負担がかかりにくいので安心です。

アップリカ(Aprica) フラディア ファディアブラックBK 【回転式「平らなベッド」型チャイルドシート】 ヒップインナーシート付き 93055
成長にあわせて長く使いたいという方にもおすすめ

幼児(1才~4才頃)

自我も芽生え、ぐずぐずと嫌がることも増えてくるこの頃。でも、安全のためには乗せなくてはいけないチャイルドシート。シートの向きを変えられたり、ベルトも手間取らず装着しやすいものなら、なんとかすんなり乗せることができるかもしれません。この時期は「クルマに乗ったらチャイルドシートに必ず座る」という習慣を身に着けさせることがなによりも重要ですね。

コンビ Combi チャイルドシート マルゴット エッグショック BE リードグレー (新生児~7歳頃対象) 成長に合わせて長く使える
新生児期から7歳まで、チャイルドシートの着用義務の期間をすべてカバーできるタイプです。

5才~学童期

体が大きくなってくると、ジュニアシートが使えるようになりますね。腰をしっかりと支えて、シートベルトをきちんとしめるという方法がとれるようになります。

コンビ Combi ジュニアシート ムーヴフィットジュニア ブースターシートSZ メッシュブラック (3歳~11歳頃対象) 通気性の高いエアスルーシステム



使いやすさについて

車に搭載しやすいかどうか?

チャイルドシートは、きちんとした位置にしっかりと固定できなくてはいけません。ママ一人でも扱いやすい、本体が軽くて、重心が低いものがおススメ。使う車は2台だけれど、チャイルドシートはひとつで済ませたいという方も多いと思います。2台目は軽自動車という方も多いのではないでしょうか。できるだけコンパクトだと扱いやすいですね。

子どもの乗せやすさ

クルマの内部の広さ、高さによっても使いやすいサイズが違います。無理な姿勢で乗せなくてはいけないとなるとおでかけもおっくうになってしまうかもしれません。大きさは充分考慮して決めるようにしましょう。狭い駐車場では、シートが回転するものが便利ですね。また、手間取りたくないのがシートベルト。簡単にきちんと装着できるものを選びましょう。

乗り心地の良さ

子どもにとって定位置になるチャイルドシート。乗り心地のよければ、気持ちよく乗ってくれます。子どもは汗かき。シートの通気性は要チェックですね。長く乗るときは寝ていてくれるのが一番。リクライニングはどうなっているのかもチェックしておきましょう。また、日差しをさえぎるサンシェードがついているとママも安心して運転ができます。

カーメイト エールベベ クルットNT2プラウド 新生児から4歳用チャイルドシート(サンシェード付360度回転型) ヘーゼルブラック

きちんと使って安全に

どんな危険があるかをチェックしておきましょう

なんといっても安全性が第一ですね。特に新生児の場合は、衝突時だけでなく、「車に乗せること」そのものにも注意が必要です。まだ未発達な新生児では、姿勢や振動が悪い影響を与えることがありますので、どんな状態を保つべきなのかもしっかり把握しておきましょう。子どもの発達に合わせたチャイルドシートを選ぶことが必要ですね。そのためにもチャイルドシートの基準などもしっかりチェックしておきましょう。

チャイルドシートコーナートップページ|国土交通省
製品を見るときの最低限のポイントです。

取り付け方が安全性を左右します

6割近い人が間違った取り付け方をしているというチャイルドシート。いちばん多いのは腰ベルトの締め付け不足。きちんと取り付けて安全に使いましょう。ISOFIXという専用の取り付け金具でチャイルドシートを取り付けるタイプのものを使うと取り付けミスはほとんどなくなります。2012年以降発売の車には取り付け金具の装備が義務化されています。どのチャイルドシートを選ぶにしろ、取り付けられない車種もあるので、購入前に事前の確認が必要です。それぞれのメーカーに適合表があるので一度確認をしてください。

はじめてのチャイルドシート クイックガイド 赤ちゃんが生まれます
JAF はじめてのチャイルドシートクイックガイド。選び方・取り付け方から座らせ方までチャイルドシートに関する情報がいっぱい!

当たり前ですが、必ず座らせてください

安全性の高いチャイルドシートで、きちんと取り付けられていても、子どもがちゃんと座らなければ何の役にも立ちません。泣くことも嫌がることも多いですが、必ず座らせましょう。



まとめ

クルマのお出かけは子どもたちも大好き。たくさん思い出を作ってあげましょう。 大人なら、何気なく乗るクルマも小さな子どもを乗せるのにはさまざまな注意が必要です。チャイルドシートは子どもたちを守る重要なシート。子どもたちの安全を充分に考えながら、カーライフを楽しんでくださいね。