【マツダ】次世代ロータリー車「MazdaRX-VISION」がフランスで最も美しいコンセプトカーに選出

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、フランスのパリで開催中の「第31回Festival Automobile International(国際自動車フェスティバル)」において、1月26日(現地)に『Mazda RX-VISION』が「Most Beautiful Concept Car of the Year賞」に選出されたことを発表。

『Mazda RX-VISION』が「Most Beautiful Concept Car of the Year賞」に選出

マツダは、フランスのパリで開催中の「第31回Festival Automobile International(国際自動車フェスティバル)」において、1月26日(現地)に『Mazda RX-VISION』が「Most Beautiful Concept Car of the Year賞」に選出されたことを発表しました。 「RX-VISION」は、2015年の東京モーターショーで世界初公開されたコンセプトカーです。デザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」にもとづき、マツダが考える最も美しいFR(後輪駆動方式:フロントエンジン・リアドライブ方式)スポーツカーの造形に挑戦するとともに次世代ロータリーエンジン「SKYACTIV-R」を搭載する、マツダの夢を表現したモデルです。 「Most Beautiful Concept Car of the Year賞」は、「Festival Automobile International」が表彰する大賞のひとつで、世界中のモータースポーツ、建築、ファッションやデサインの専門家や愛好家が選考委員となり、デザインにおける創造力や新しいトレンドを最も体現している車に贈られます。 「RX-VISION」はパリのオテル・デ・ザンヴァリッドで開催されている「Festival Automobile International」のコンセプトカー展示会において1月27日から1月31日(現地時間)まで展示されます。 ※この記事はプレスリリースです