【スズキ】インド・オートエキスポで新型コンパクトSUV「ビターラブレッツァ」を発表

スズキ株式会社のインド子会社マルチ・スズキ社は、2月3日からインドで開催されているオートエキスポ2016※において、新型コンパクトSUV「ビターラ ブレッツァ」を発表しました。(※プレスデー:2月3~4日、一般公開日:2月5~9日。デリー近郊ウッタルプラデシュ州グレーターノイダで開催。)

新型コンパクトSUV「ビターラ ブレッツァ」の特長

新型コンパクトSUV「ビターラ ブレッツァ」は、力強いダイナミックなエクステリアと、充実した快適・安全装備、豊富な車体色、多様なオプションパーツが特長の、スタイリッシュな都市型のコンパクトSUVである。



デザイン・装備

•SUVらしい大胆でスポーティーな力強いエクステリアは、16インチホイールを収めた特徴的な四角張ったホイールアーチ、力強いフロントフェイス、はっきりとしたダイナミックなサイドの造形により、都会で際立つデザインとした。
•2トーンルーフ仕様車を含む9パターンの車体色や、ユーザーのライフスタイルに合わせたオプションパッケージを用意し、様々なニーズに対応。
•スマートフォン連携ディスプレイ、クルーズコントロール、バックカメラなどの快適装備。
•全車運転席エアバッグを標準装備。

主要諸元

全長:3,995mm
全幅:1,790mm
全高:1,640mm
エンジン:1.3Lディーゼルエンジン
駆動方式:2WD
トランスミッション:MT
最高出力:66kW/4,000rpm
最大トルク:200Nm/1,750rpm



インド市場について

2月3日に行われた記者発表会において、スズキの鈴木俊宏社長は「インド市場は最も重要な戦略的市場・生産拠点であり、その重要性は今後さらに増していく。「ビターラ ブレッツァ」はインドのお客様の好みや価値観をより重視して開発した。スズキとマルチ・スズキ社は「チームスズキ」として、インド社会へ貢献できるよう革新と進化への挑戦を続けていく。」と述べた。 マルチ・スズキ社は、「ビターラ ブレッツァ」をグルガオン工場で生産し、インド国内で販売する予定である。

オートエキスポ2016の出品について

オートエキスポ2016では、この他にインド初公開となるコンパクトクロスオーバー「コンセプト イグニス」および1.0L直噴ターボガソリンエンジン「BOOSTERJET(ブースタージェット)」を搭載したプレミアムハッチバック「コンセプト バレーノRS」の2台のコンセプトカーや、マルチ・スズキ社の市販車を出品する。また、二輪子会社スズキ・モーターサイクル・インディア社より、125ccスクーターの全面改良モデル新型「アクセス125」などを出品する。 アクセス125 ※この記事はプレスリリースです