【2015総括版:主要8社】「カーシェアリング比較360°」カーシェアリング市場動向

株式会社ジェイティップス(本社:東京都渋谷区、代表取締役 川口 環)は、当社運営のカーシェアリングの比較情報サイト「カーシェアリング比較360°」のデータベースを元に同サイト掲載のカーシェアリング主要8社の市場動向報告【2015年総括版】を公開致しました。

2015年主要トピックス

大手3社の戦略は分かれるも、 市場はまだ成長期がつづく

2015年12月時点のステーション数は2014年12月時点に比べ15.5%増加、ステーション車両台数は22.0%増加していることがわかりました。前年年に比べて、2015年の伸び率は若干鈍化しましたが、まだまだ順調に拡大が続いています。また昨年と同様、ステーション数に比べると車両台数の伸長率が大きく、ステーション単位での利用者数や利用頻度は引き続き増加しているものと思われます。

市場規模はついに70万人超え!?タイムズ カー プラスの会員数が50万人を突破

2015年は前年の消費税増税による消費者の節約気運やシェア・エコノミーへの意識変化の風潮などもあり、カーシェア市場全体の利用者数は前年より約10万人増加の70万人に到達したとみられています。ステーション数は10,000箇所を突破し、2014年12月から約1,400箇所増加しました。またステーション車両台数は前年同様2015年も3,000台以上増加しており、2016年には20,000台を超える見込みです。

ワンウェイ式カーシェアリングのその後の行方は?

各サービス提供会社の状況としては、カーシェアリングサービスの開始から13年目に入った業界パイオニアの「オリックスカーシェア」が、横浜で期間限定のサービス提供を行っていた乗り捨て(ワンウェイ)方式のカーシェアリング「smaco(スマコ)」のサービス提供を終了。2014年に車両台数10,000台の大台に乗せ、2015年には13,000台にまで増やした首位「タイムズカープラス」は、今期も好調を維持し、2020年までに30,000台に増やす考えを明らかにするなど、カーシェアリング業界は話題に事欠かない1年でした。

カーシェアでクルマを快適に楽しむ時代に!

また、2014年に消費税増税のタイミングに合わせて生じた価格競争も一段落し、タイムズカープラスは「コンビニ&カーシェア」の展開を見据えたサークルKサンクスやファミマとの業務提携、オリックスカーシェアはプライムステージプログラムやデラックスクラスの導入、カレコ・カーシェアリングクラブはスバル特設ステーションのオープンやライフサポートクラブの提供など、大手3社ともサービス内容の充実化に注力した。利用ハードルの低下に加え使い勝手の良さや用途の拡大がなされたことにより、消費者にとってはますますカーシェアリングを利用しやすい環境が整ったといえます。

IT業界からDeNAが新規参入C to C(個人間)カーシェアリングサービス「Anyca」がサービス提供を開始

ディー・エヌ・エー(DeNA)は、2015年9月から個人間カーシェアサービス「Anyca(エニカ)」のサービスを開始した。これにより事業者が用意したクルマを会員が利用するという従来のカーシェアリングに加えて、個人間でクルマの貸し借り(シェア)を行うC to Cのカーシェアリングが日本でも本格化しそうだ。

Anyca (エニカ) 乗ってみたいに出会えるカーシェアリングアプリ
Anyca (エニカ) は、個人間でクルマをシェアする新しいカーシェアリングサービスです。スポーツカーから痛車まで、全国オーナーの多種多様なクルマを利用することが出来ます。自動車保険に1日単位で加入するシステムなので、安心に使えます。

anyca.net



2016年カーシェアリング市場動向予測

カーシェア人口100万人時代へのカウントダウンがはじまる。

ステーション開設のエリアマーケティングは、相当の知見が貯まってきたはず。利用者増が期待できるエリアへの集中的なステーション開設、車両増車も含めたドミナント化が進むのかもしれない。利用者にとっては、「使いたい場所にステーションができた」とか「借りたいときに借りられないことがなくなった」など、利便性の向上につながると思われる。

カーシェアリング会社が選ばれる時代へ

「ケータイ電話」の黎明期と似ていて、「外出先で電話が使える」ことへの満足にとどまり、まだ利用者がしっかりとした選択眼を持たないなかでサービスを選んでいた段階といえる。おそらく殆どの利用者が、「自宅一番近くにステーションがある会社」とか「月額固定が一番安いとこ」で選んでいたのではないだろうか。今後は、「自分の使い方にあった料金プランがあるかどうか」、「予約が取りやすいかどうか」、「せっかく借りるなら乗ったことのない新しい車種で」、「アウトドア用にミニバンがある会社」など、利用者がこれまでの利用経験にもとづいてしっかりカーシェアリング会社を選ぶようになっていくと思われる。「カード2枚持ち」、「他社乗り換え」、「マイカー所有者の利用」などもさらに進んでいくかもしれない。

インバウンド、若者層、地方都市利用活発化の予感

カーシェアリングのタイムズカープラス
タイムズから乗るカーシェアリング!タイムズカープラス。カーシェアリングの料金や使い方、場所、メリットを分かりやすくご説明。タイムズカープラスのカーシェアリングは法人、学生なら月額基本料金は無料。ジュニアシート全車完備など家族の方にもオススメです。

plus.timescar.jp
2015年に「タイムズカープラス」はサークルKサンクスやファミリーマートと業務提携を行い、各コンビニ店舗の駐車場に「タイムズカープラス」の車両を設置し、「タイムズカープラス」のサービス提供を開始することを発表した。今後の拡大の規模によっては、「コンビニ&カーシェア」は、定番パターンになっていく可能性がある。まずは初年度でどれくらいの利用実績があるかどうかがポイントだと思われるが、2016年は「コンビニ&カーシェア」からも目が離せない。

詳細URL

カーシェアリング市場動向 – 2015年総括版:主要8社 2015年主要トピックス | カーシェアリング比較360°
カーシェアリング比較360°で、タイムズ カー プラス(times car plus)・オリックスカーシェア(orix)・カレコ(careco)などのカーステーションをすべて検索!どこが近いかMAPでわかる!カーシェアリング比較360°では、2015年のカーシェアリング市場動向を独自に集計・総括したレポートを開示しています。

www.carsharing360.com
※この記事はプレスリリースです