愛のパワースポット!信州最古の温泉「別所温泉」で恋愛成就!

長野県上田市にある信州最古の温泉「別所温泉」には歴史が息づいています。平安時代に創建された北向観音など北条氏ゆかりの社寺仏閣が点在し「信州の鎌倉」とも称せられています。北向観音の愛染明王をはじめ愛のパワースポットとしても注目され、共同浴場など外湯も充実していて、温泉から恋愛まで「熱〜い」別所温泉を堪能してみましょう。

「別所温泉」はこんなところ!

標高570mの高地に位置する別所温泉は、長野県上田市にあります。開湯時期は不明ですが、日本書紀に「束間温湯」として記載されているところが、現在の別所温泉という説や、平安時代に清少納言が「枕草子」の中で、「湯は七久里、有馬の湯、玉造の湯」と賞賛している「七久里(ななくり)温泉」がここだという説もあります。戦国時代には、真田氏とその家臣団が入湯していたという記録があり、近代になって北条氏にゆかりの神社仏閣が建てられたことから、「信州の鎌倉」とたとえられています。

現在、温泉街には3つの共同浴場があり、上田市営の温泉施設として1972年創業の「相染閣」があったが、老朽化により移転し公共温泉施設「相染閣別所温泉 あいそめの湯」として際開業しています。2014年現在約20軒の宿が営業を行っています。近代以降、有島武郎・川端康成・北原白秋など多くの文人が訪れ、旅行記や随筆の題材として取り上げています。温泉は弱アルカリ泉で美肌効果があり「美人の湯」と呼ばれています。別所温泉で肌美人になって、愛染明王のパワーをもらって恋愛成就するかもしれませんね。



外湯巡りで「熱〜く」なろう!

別所温泉には3ヵ所の外湯(共同浴場)があります。木曽義仲と北条氏ゆかりの「大湯」、円仁慈覚大師が好んだ「大師湯」、真田の隠し湯「石湯」の3ヵ所です。温泉街は「大湯」を中心とした「大湯地区」(別所温泉駅から徒歩7〜8分)と北向観音周辺の「院内地区」(別所温泉駅から徒歩15分程度)に分かれますが、二つの地区は徒歩で10分程度ですから、3ヵ所の外湯を全部巡ることも十分できますね。外湯は火曜日・水曜日・木曜日と順番にお休みになるので、1日で全部巡れるのは月曜日と金・土・日曜日です。

泉質は、単純硫黄温泉(低張性アルカリ性高温泉)で源泉の温度が51.3℃あります。神経痛・筋肉痛・五十肩や病後回復、疲労回復、健康増進に効果があるとされています。飲用も可能で、糖尿病・痛風・便秘に効果があるそうです。弱アルカリ泉の別所温泉は皮膚を溶かして古い角質層を軟化し、その効果でスベスベお肌になることから、美肌効果があると認められています。

別所温泉には、有料・無料それぞれに駐車場が数カ所あります。事前に確認をしてから行かれるのをおすすめします。

別所温泉の外湯めぐり(源泉掛け流しの温泉銭湯)

木曽義仲と北条氏ゆかりの「大湯」

木曽義仲が上洛の機をうかがっていた頃に当時の愛妾「葵の御前」としばしば入浴していたことから、「葵の湯」と呼ばれていました。そのご北条義政が浴室を建てたことで「北条湯」とも呼ばれて来たのですが、湯量が豊富でその多さから「大湯」とされました。建物は三層唐破風づくり、浴室はタイル張りのシンプルな構造で、小さな露天風呂もあります。

基本情報
名称:大湯
住所:長野県上田市別所温泉
電話番号:0268-38-3510(別所温泉観光協会)
営業時間:6:00〜22:00
休業日:第1・3水曜日
料金:150円
駐車場:10台

慈覚大師ゆかりの「大師湯(だいしゆ)」

825年、比叡山延暦寺の座主「円仁慈覚大師」が北向観音建立のためにこの地を訪れた際に、好んで入浴したとことから「大師湯」と呼ばれています。かつて籠の者が夜通し利用したので「籠の湯」とも呼ばれていたそうで、昔から弘法大師が祀られ目の病に効く薬湯と信じられてきました。浴槽は半円形のタイル張りで、源泉掛け流し、加水・加温はしていません。

基本情報
名称:大師湯
住所:長野県上田市別所温泉
電話番号:0268-38-3510(別所温泉観光協会)
営業時間:6:00〜22:00
定休日:第1・3木曜日
入浴料:150円
駐車場:なし

真田の隠し湯「石湯」

別所の湯は真田氏にとって大事な隠し湯でした。石湯の前に立つ石碑には「真田幸村公隠し湯」と刻まれていますが、大河小説「真田太平記」の作者「池波正太郎」の筆になるそうです。内部は自然の岩をそのまま浴槽に仕立て、温泉街中央通りに面した建物です。源泉掛け流しで飲泉もできます。

基本情報
名称:石湯
住所:長野県上田市別所温泉
電話番号:0268-38-3510(別所温泉観光協会)
営業時間:6:00〜22:00
定休日:第2・4火曜日
入浴料:150円
駐車場:なし

歩き疲れたら、ほっこりと「足湯」へ

足湯「ななくり」

平成16年に設置された足湯「ななくり」です。安楽寺の八角三重塔を模した総ヒノキ造りです。お湯の温度は季節による温度変化に対応し、地名の七久里(ななくり)と今の苦しみが離れる七苦離(ななくり)をかけて「ななくり」と命名されました。

基本情報
名称:足湯「ななくり」
住所:長野県上田市別所温泉
電話番号:0268-38-3510(別所温泉観光協会)
営業時間:3月〜10月 6:00〜12:00、11月〜2月 9:00〜18:00
定休日:無休
入浴料:無料

足湯「大湯薬師の湯」

2012年2月に設置された足湯です。別所温泉の整備事業の一つとして作られました。もちろん無料です。名前は一般公募で決まったそうです。

基本情報
名称:足湯 大師薬師の湯
住所:長野県上田市別所温泉
電話番号:0268-38-3510(別所温泉観光協会)
営業時間:4月〜11月 6:00〜21:00(冬期間休業)
定休日:期間中なし
入浴料:無料

飲泉について

別所温泉のお湯は飲むことができます。温かいお湯は胃の緊張が弱まって胃酸過多や、冷泉は胃の運動が活発になり胃酸減少などに効果的です。別所温泉には3ヵ所の飲泉塔があり自由に飲むことができます。飲み方については、別所温泉観光協会のホームページに注意事項などが書かれています。飲む前に必ず確認してみましょう。

別所温泉の外湯めぐり(源泉掛け流しの温泉銭湯)



恋愛成就のパワースポット

別所温泉には「恋愛成就祈願」「願いごと」に御利益のあるパワースポットがたくさんあります。「愛染カツラ」は、往年の大ヒット映画「愛染かつら」を生み出した作家「川口松太郎」が北向観音堂の愛染堂と境内のカツラの木を結びつけて作った言葉ですが、いまでも縁結びの霊木として人気の場所になっています。そんな恋愛成就にまつわる場所をいくつかご紹介します。

「愛染堂」で祈願

北向観音境内にある愛染堂は、「愛染明王」を安置するお堂です。愛染明王とは愛欲染着が名前の由来で、人々が持っている性欲に執着する心を表した姿だと言われています。この仏様はたいへん御利益があるそうですが、反面、恐ろしく「愛染明王を彫ったら命を取られる」と言われるほどだそうです。怖いですね。愛染明王信仰は「恋愛」「縁結び」「家庭円満」などを司る仏様として信仰を集めています。

基本情報
名称:愛染堂
住所:長野県上田市別所温泉1666
電話番号:0268-38-2023(北向観音)
アクセス:上田鉄道別所温泉駅から徒歩約10分
拝観時間:6:00〜17:00(冬期は16:00まで)
駐車場:なし

縁結びの木「愛染カツラ」

樹齢1,200年の老木です。直木賞作家「故川口松太郎」が、この木に因んで小説「愛染かつら」を書いたことは有名です。以来、若い人たちの間では「縁結びの霊木」として親しまれ、昭和14年6月に長野県の天然記念物に指定されています。

基本情報
名称:愛染カツラ(北向観音境内)
住所:長野県上田市別所温泉1666
電話番号:0268-38-2023(北向観音)
アクセス:上田鉄道別所温泉駅から徒歩約10分
拝観時間:6:00〜17:00(冬期は16:00まで)
駐車場:なし

縁結びの「別所神社」

古くから祠には男石・女石・子種石が祀られ、縁結びに御利益があるとされ、鳥居の額には「本朝縁結大神」と書かれ、いかにも御利益がありそうです。社伝によると熊野本宮大社から分祀(ぶんし)したと言われ「熊野社」と呼んでいたのですが、明治11年に別所神社と称するようになりました。

基本情報
名称:別所神社
住所:長野県上田市別所温泉2338
駐車場:なし

願い事が叶う「湯かけ地蔵」

昔々、この地に住む信仰深い者が佐渡の沼地を通りかかると、「泥にまみれて永いことここにいる。一度信濃の湯に浸かりたい。身を清められたらお前の願いを叶えよう」との声を聞いて一体の地蔵を見つけました。信濃に持ち帰り別所のお湯で清めたところ、その者は美しい女性と結ばれ子だからに恵まれたという伝説があります。そんな伝説にあやかろうと「湯かけ地蔵」が祀られています。お湯をかけて、願い事をすれば願い事が叶うかもしれませんよ。「湯かけ地蔵」は北向観音の北側、足湯ななくりの近くです。

信州の鎌倉を感じる!

別所温泉には北条氏ゆかりの神社仏閣が多く、「信州の鎌倉」と呼ばれています。鎌倉時代後期に建立された安楽寺にある「木造八角三重塔」は、わが国最古の禅宗様建築として国宝に指定されています。他にも重要文化財の「石造多宝塔」(常楽寺)や比叡山延暦寺の慈覚大師が平安時代初期に開創した北向観音など別所温泉の歴史を感じてみましょう。

北向観音(きたむきかんのん)

平安時代初期に延暦寺の座主「慈覚大師」の創建による「北向観音堂」です。1182年の源平争乱の折に八角三重塔と石像多宝塔を残して全て焼失しました。その後、源頼朝の命によって再興が始まり、1252年北条時国によって再興が完成しました。本堂が北向になっているお堂は珍しく、善光寺の南向きの阿弥陀様と両方をお参りするほうが良いといわれています。

基本情報
名称:北向観音(常楽寺)
住所:長野県上田市別所温泉2347
電話番号:0268-37-1234
拝観時間:6:00〜17:00(冬期は16:00まで)
アクセス:別所温泉駅から徒歩約10分
駐車場:なし

北向観音

国宝「八角三重塔」

木造八角塔としてわが国唯一の貴重な建築物です。昭和27年に長野県でいち早く国宝に指定されました。鎌倉時代末期から室町時代初期にかけて建立されたと言われ、平成16年の調査では三重塔用材の伐採年代は1289年と判明しました。少なくとも1290年代(鎌倉時代末期)には建立されたと推測され、最古の禅宗様建築であると証明されました。

基本情報
名称:八角三重塔(安楽寺)
住所:長野県上田市別所温泉2361
電話番号:0268-38-2062
拝観時間:3月〜10月 8:00〜17:00、11月〜2月 8:00〜16:00
拝観料:大人300円、中学生以下100円
アクセス:別所温泉駅から徒歩約15分
駐車場:20台

宗教法人 曹洞宗 崇福山安楽寺

別所温泉グルメ

馬肉うどん

別所温泉を含む信州地方は、信州蕎麦としてお蕎麦が有名ですが、同時に、馬肉文化が発達しています。そんな中ら、「馬肉うどん」をご紹介します。じっくりと煮込まれた柔らかい馬肉は独特の旨みと風味が味わえます。出汁も馬肉を煮込んだものを使っています。別所温泉の大抵の食堂のメニューにはあるので、別所温泉を訪れた際はお昼ご飯に食べてみて下さい。以下に「信州別所温泉 魅力創生協議会」が「別所温泉の味処」を紹介しています。お気に入りを探してみましょう。

別所温泉の味処|別所温泉飲食店のご案内

映画・ドラマのロケ地

別所温泉はたくさんの映画やドラマのロケ地として使われています。映画とドラマのタイトルなどを並べておきます。もし興味のある方は「どこで撮影したのかな」と探してみるのも楽しいですよ。

映画
男はつらいよ 第18作寅次郎純情詩集(1976年) 主演:渥美清
彼のオートバイ・彼女の島(1986年) 主演:原田貴和子
卓球温泉(1998年) 主演:松阪慶子
君のままで(2003年) 主演:坂井真紀
裸の大将〜放浪の虫が動き出したので〜(2007年) 主演:塚地武雅

ドラマ
花ふぶき女スリ三姉妹Ⅳ(1990年7月31日20:00〜21:00) 火曜ミステリー劇場
ソープ嬢モモ子シリーズ7 モモ子の罪と罰(1990年12月3日20:00〜22:54) 月曜ドラマシリーズ
地方記者 立花陽介(9)信州上田通信局(1997年6月3日21:00〜22:53) 火曜サスペンス劇場
森村誠一の終着駅シリーズ(2001年1月13日21:01〜22:49) 土曜ワイド劇場
夏樹静子サスペンス アリバイの彼方に2(2002年10月18日21:02〜22:51) 金曜エンタテイメント
芸能生活30周年 天童よしみの歌姫探偵(2002年11月29日21:02〜22:51) 金曜エンタテイメント
信濃のコロンボ刑事ファイル18 悦楽天がきこえる(2009年9月9日21:00〜22:48) 水曜シアター9
湯けむりバスツアー 桜庭さやかの事件簿3(2011年4月18日21:00〜22:54) 月曜ゴールデン
世直し公務員・ザ・公証人10(2012年2月27日21:00〜22:54) 月曜ゴールデン
「信濃のコロンボ2戸隠伝説殺人事件」(2014年11月24日21:00〜22:54) 月曜ゴールデン

別所温泉で行われた映画・ドラマロケ

おわりに

いかがでしたか? 温泉を堪能するも良し、恋愛成就のパワースポットをカップルで巡るも良し、国宝や重要文化財など歴史に触れるも良し、いろいろな楽しみ方ができそうですね。周辺にもたくさんの観光スポットがあったりします。調べてみるともっと面白いところが見つかるかもしれませんよ。