【芝公園の花見まとめ】日本最古の公園の1つは花見のメッカ!

東京のシンボル、東京タワーのほぼ真下にある「芝公園」は、明治6年に公園に指定された、日本でも最古の公園の1つに数えられている場所です。毎年花見の時期には、朝から場所取りや終日宴会している人たちで大賑わい。そんな「芝公園」で花見をするのにオススメのスポットを紹介したいと思います!

「芝公園」はこんな公園

明治6年に上野・浅草・深川・飛鳥山と合わせて公園として指定された、日本で最初の公園の1つで、かつては増上寺の境内も含まれていたという広い敷地。すぐそばには東京のシンボル「東京タワー」や「増上寺」といった観光スポットもあり、多くの観光客が散策している場所になっています。

【基本情報】
スポット名:芝公園
住所:〒105-0011 東京都港区芝公園1~4丁目
電話番号:03-3431-4359(芝公園管理事務所)
営業時間:24時間
桜の種類など:ソメイヨシノ・サトザクラ・ヤマザクラなど約200本
例年の見ごろ:3月下旬~4月中旬ごろ

【駐車場】
なし

【アクセス】
首都高速都心環状線「芝公園IC」から約5分

現地へのアクセス

公式サイトへ



夜のライトアップでひと味違った雰囲気を

公園全体の桜はソメイヨシノやサトザクラなど、およそ200本。これらが満開を迎えたときは公園が見事なピンク色に染まります。また夜は東京タワーのライトアップや、シーズン時にはぼんぼりが灯るので、夜桜見物もまた趣があってオススメです。

花見に関する情報

最近では、車を使って大勢でスポットまで行って、宴会をする人も多いと聞きます。なので、ここ「芝公園」で花見(宴会)をするにあたっての情報を。

【注意点など】
・場所取り:当日に限り可能 ※無人での場所取りは禁止です。
・夜桜ライトアップ:16:30~21:00 ※詳細はご確認ください。
・宴会:21:00までに撤収
・トイレ:仮設トイレを2ヵ所に設置
・料金:無料
・禁止事項:ピザなどのデリバリーサービスの利用、直火
・持ち込みできないもの:コンロやボンベの火器、バーベキュー用品、横断幕、旗、テント、照明機材、発電機、カラオケ機材

飲食物の持ち込みは問題ありませんが、その場での調理はNGです。また、ゴミはできる限り各自で持ち帰るようにして、いろんな人が快適に使えるようにしましょうね!



花見をするならココがベストスポット!

車を停めて広い公園を歩いて散策すると、いたるところで桜が咲いているのがわかると思います。その中からオススメのスポットを2ヵ所、紹介したいと思いますが、ここは宴会目的の人たちにとっても人気の場所。もし花見で宴会を…というときは、早めに行かれることをオススメします。

スポットその1:【弁天池】の周辺

出典: http://bunbun.hatenablog.com/entry/2015/05/03/183652
増上寺の裏手、東京タワーを見上げるポイントに「宝珠院」という小さなお寺があります。閻魔大王像を安置した「閻魔堂」のほか、朱塗りの弁天堂もあるお寺に隣接して、東京タワーと増上寺の間にひっそりと水面を広げている弁天池があります。それほど大きな池ではないのでついつい見落としがちですが、水面に映る桜はとてもきれいで情緒豊か。オススメです。

スポットその2:【芝丸山古墳】

東京のど真ん中に古墳があったなんて、知っていましたか? しかも芝公園に! ここ「円山古墳」は、都内最大級の前方後円墳なんです。もっとも、その面影はほとんどないですが、この古墳のてっぺんからの景色、これがなかなか見事! 芝公園の花見ではベストポジションといわれている場所です。

スポットその3:【増上寺】

実は「増上寺」の境内の中だけで、およそ300本(400本とも)もの桜があるんです! 周囲を桜に囲まれて正面には荘厳な本堂が、そしてその後ろには東京タワーという、時代を超えたコラボレーションの景色を満喫できると人気のスポットです。ただし、お寺の境内での宴会はやめましょう(笑)。
また、浄土宗の宗祖法然上人の忌日法要である御忌大会(ぎょきだいえ)が4月にあるので、献茶式やお練り行列など、ゆかりの行事を桜とともに見ることができるかもしれません。これは運ですね!

芝公園周辺のスポット情報

せっかくですから、ちょっとここで芝公園周辺のオススメスポットを簡単に紹介しておきたいと思います。観光にも、または買出しにも使える場所なので、ぜひチェックしてくださいね!

「東京タワー」展望台に登れば公園一帯が眼下に!

ご存知東京のシンボル「東京タワー」です。芝公園から桜をバックに見上げたあとは、今度は展望台から公園一帯に咲く桜の景色を見下ろしてはいかがでしょうか?

【基本情報】
スポット名:東京タワー
住所:〒105-0011 東京都港区芝公園4丁目2−8
営業時間:9:00~23:00 ※展望台、フットタウン1F「ウェルカムラウンジ」に限ります。
展望台料金
大展望台(150m):高校生以上900円、小中学生500円、4歳以上400円
特別展望台(250m):高校生以上700円、小中学生500円、4歳以上400円
大展望台+特別展望台:高校生以上1,600円、小中学生1,000円、4歳以上800円

【駐車場】
あり 最初の1時間/600円(以降30分/300円)
営業時間:9:00~23:00(最終入場22:30)

【アクセス】
首都高速都心環状線「芝公園IC」から約10分

現地へのアクセス

公式サイトへ

「麻布十番商店街」陸の孤島も今では立派な観光地に

地下鉄が走る以前は「陸の孤島」なんて呼ばれ方もしていた「麻布十番商店街」。今では交通も便利になり、外国人観光客をはじめ多くの人が訪れるようになりました。商店街にはたい焼きで有名な老舗「浪花屋総本店」や豆菓子の老舗「豆源本店」など名店があります。スーパーもあるので、花見前の買出しにも便利ですよ。

【スポット情報】
スポット名:麻布十番商店街
住所:〒106-0045 東京都港区麻布十番

【駐車場】
有料駐車場が数ヵ所あります。

【アクセス】
首都高速都心環状線「芝公園IC」から約10分

現地へのアクセス

公式サイトへ

まとめ

※画像はイメージです。 「芝公園の花見まとめ」いかがでしたか? ちょっとドライブがてらに車を停めて(駐車場にですよ!?)、桜を見に公園を散策していいですし、また大勢で宴会するのもオススメのスポットです。首都高速もすぐ近くなので、移動に便利なのもオススメできるポイントの1つです。ただ、いくら桜がきれいでも、ドライバーの人はくれぐれも花見酒はしちゃダメですよ!