新車が納車になったらやりたいこととは?

念願の新車を手に入れると、嬉しいの一言に収まらない気持ちになります。一生懸命に悩んで待ちに待った納車日の前夜は、楽しみでしょうがないといえます。新しい車で新しいカーライフがはじまることは、今まで以上に充実した日々を送ることができるでしょう。新しい車を迎えたことで、良いことが舞い込んできたり仕事が順調になるなど良い影響が出てくる可能性が期待できることでしょう。

新車が納車されたら?

しっかりと説明を聞いて!

ディラーや担当者の説明を良く聞いておかないと、操作が分からなくて後で聞くようになりますので注意してください。防犯装置の説明やオプション装備の説明などもありますので、操作が分からなくならないようにしっかりと聞いてください。
イモビライザーなどの最新の防犯装置などが付いているのであれば、誤作動のときの解除の仕方をその場で教わっておくことが重要です。内部振動で作動してしまうと、クラクションが鳴って注目を浴びるようになってしまうからです。誤作動のときにも対応できるようにしておくと安心できるので、必ず聞いてください。
分からないことがあったら、操作の説明を受けてください。取扱説明書で確認もできますが、難しい言葉が使われている可能性があります。納車後に販売店に電話で問い合わせるようになってしまい、二度手間がかからないようにしないといけません。新車を購入しても、使い方が分からないと壊してしまう場合があるので注意してください。

誤給油を防止するために!

今まで乗っていた車種と違う車を購入すると、誤給油する恐れがあります。セルフ式スタンドで起こる可能性があり、納車時に油種を確認しておくことが必要です。車検書や給油口に表示されているため、はじめての給油では確認をしてから給油をすると良いでしょう。
この誤給油が起こる原因は、思い込みや長年の習慣が原因とされています。中でもディーゼル車にレギュラーを入れてしまう場合が多く、エンジンを壊してしまい大きな修理費用が発生してしまいます。給油の途中で誤給油に気が付いたら、エンジンを絶対にかけないでスタンドの店員さんを呼んでください。
急いでるときなどにも起こりやすいため、確認をしてから給油することを習慣にすると良いでしょう。車種によって変わるために、給油口の表示を見てから給油することで安心できます。ディーゼル車とハイオク車がある車種では、間違えないように必ず確認をしましょう。

納車日に洗車は?

納車したての車は綺麗なので、洗車する必要はないといえます。中古車で購入しても販売店で洗車がされていて、綺麗な状態で納車されます。新車でコーティングしてあるのであれば、説明をしっかりと聞いて確認してください。ワックスなどを大量に使ってしまうと、せっかくのコーティングを駄目にしてしまう場合があるからです。
また、内側の窓ガラスなどに汚れが付着している場合もあります。拭き取り忘れが原因なので、外側より内側を綺麗にする方が良いでしょう。納車時に発見したのであれば、その場で拭き取ってもらうことができます。外側も大事ですが、内側も綺麗じゃないと綺麗な車には見えません。
両方が綺麗になっていることが大事になるため、納車時には慌てないで販売店の人と一緒に全体を確認しましょう。新車は汚れていないと思っていても、汚れが付着している場合があるため油断しないでください。



無事故祈願は必ずしなくてはいけない?

強制ではありません!

新車を購入すると、無事故祈願を必ずしなくてはいけないという人もいます。神社などで拝んでもらわないと事故を起こすといわれて、無事故祈願をした人も多いといえます。強制ではないので、個人の判断で決めることが良いでしょう。
また、無事故祈願をするならここの神社と指定してくる人もいます。神社の関係者か知人だと思いますが、指定されても自分の意思で判断することが大切です。友人がしたからといって自分もしなくてはいけないと、焦ってはいけません。焦ることよりも、新車購入を機会に自分の運転を見直すきっかけにした方が良いでしょう。
強制されてするものではないため、自分の意思をしっかり持つことが大切です。仮に事故に遭遇してしまっても、しなかったことが原因ではありません。ちょっとした不注意が事故の元なので、事故を起こさないと心に誓って安全運転することが必要になります。

無事故祈願の料金は?

神社によって変わりますが、約3,000円から約5,000円とお気持ちが平均的な金額です。高い料金を払ったから効果があるのではなく、無事故祈願をしたことでより事故を起こさないと思う気持ちが大事になります。法外な金額を請求してくる場合もありますので、金額の大きさよりしっかりと拝んでくれる神社を探すことが良いでしょう。
無事故祈願に便乗した霊感商法にも、注意しなくてはいけません。絶対に事故を起こさないお守りなどないので、怪しいと思ったら購入をしないことが良いでしょう。しつこく迫ってくる場合には、神社か警察に通報することが必要です。
インターネットなどにも詐欺まがいのサイトがあるため、注意が必要になります。詐欺の被害に合わないためにも、問い合わせの電話を入れて確認することも必要です。電話の対応なども神社を選ぶときの基準になりますので、親切丁寧な神社を選ぶことも必要です。

宗教の違いは?

無事故祈願に宗教の違いは、関係ないといえます。宗教が違うからといって、金額が上がったりするようなときは違う神社を探しましょう。せっかくの祈願が無意味にならないように、自分にあった神社を探す必要があります。
宗教が違うために効果が無いと思ってしまいますが、細かいことを気にする必要はありません。しかし、無事故祈願をしたことで、安心して事故が起きないと思い込むことが危険です。運転は、常に集中して安全を意識することが必要なのです。一時停止や確認を怠らないで、確実に実行することが大切になります。
お祈りも大切だといえますが、安全運転を実行する心の余裕が必要になります。形式だけでするのであれば、しない方が無難な選択といえます。難しいことにこだわるより、カーライフを楽しむためにも安全を意識してルールとマナーを守ることが重要といえます。 交通事故は、ドライバーにとっていつも隣り合わせのリスクです。慎重に安全運転をしていても、急な飛び出しや追突事故などいつどこで遭遇するか分かりません。そこで、日本では、少しでも事故のリスクを減らすための神社で交通安全を祈願してもらう風習があります。今回は神社の交通安全祈願についてまとめてみました。 クルマを買い替えた時や新年を迎えるにあたり、「無事故でいたい」という願いは誰しも思うもの。そんな時は、お祓いをして交通安全祈願をしてみてはいかがでしょうか。しかし、クルマのお祓いってどのようにするのか、あまり知られていないようです。ここでは車のお祓いについて触れ、全国の交通安全祈願のできる神社、お寺をご紹介します。

慣らし運転は必要?

慣らし運転って何?

慣らし運転とは、金属部品をなじませることです。新車を長く乗りたいのであれば、慣らし運転をすることをおすすめします。取扱説明書の手順だと分からない場合は、普段よりスピードを落として走行すると良いでしょう。急発進などエンジンに負担がかかる走行をしないで、一定スピードで走行することが必要です。
納車日にドライブするのであれば、暖機運転をしてからゆっくり走行してください。暖機運転をしないで走行すると、エンジンに大きな負担をかけることになります。寿命が短くなったり故障の原因となりますので、エンジンをしっかり暖めてから出発してください。
難しいことを考えるよりは、普段よりスピードを落とす運転が慣らし運転になります。空ぶかしや急発進などをしないで、約100キロメートル以上の走行距離を目安とすると良いでしょう。丁寧な慣らし運転と定期的な整備で、愛車を長持ちさせることができます。

初回のオイル交換はいつ?

使用状況によって異なり、約800キロメートルから約1,000キロメートル又は、3ヵ月から6ヵ月の間にすることが良いでしょう。販売店の方で初回オイル交換半額や無料の特典などがあるときは、納車のときに確認をしてください。確認をしておくことで、お得にオイル交換ができます。
初回のオイル交換をしないで放置すると、エンジンの性能を発揮させることができません。エンジン内部の小さな金属片なども混入しているため、燃費の悪化につながりパワー不足を感じたりしてしまいます。最悪は故障の原因になるため、定期的なオイル交換が必要になります。
同時にオイルエレメントの交換もしておくことで、愛車を長持ちさせることにつながります。小さな金属片などを取り除く役割を持っていて、定期的に交換することをおすすめします。交換の頻度は、オイル交換2回に1回交換することが目安となっています。 もしもあなたが購入したその新車、これから長い付き合いを考えているならオイル交換は慎重にした方が寿命が長持ちしますよ!

タイヤも忘れずに!

新車に装着されているタイヤは、車種専用タイヤになっています。新品のタイヤはワックスが接地面に塗られているため、滑りやすいので慎重な運転が必要になります。エンジンだけではなく、タイヤにも慣らし運転が必要になります。
タイヤの空気圧は減るため、納車から1ヵ月程度たったら点検調整をしてください。新車のタイヤだからといって点検調整が必要ないわけではないので、通常と同じように規定値に調整をしてください。空気圧不足は、パンクやバーストの原因となり事故の原因にもなります。
せっかくの新車なので、今まで以上に細かいところにも気を使うと良いでしょう。空気圧やエンジンオイルなどは簡単に点検できるため、月に1回はボンネットを開けて点検をしてください。自分で判断ができないときは、販売店などに相談すると良いでしょう。保障の対象になっていれば、すぐに修理をすることができます。 慣らしって必要なの? いらない話だけど…? どうなの?



新車は取扱注意?

操作を確認しよう!

新車購入なので試乗をしていると思いますが、試乗車とは異なるので注意してください。運転席の位置を決めたら、エアコンなどの装備品のスイッチを操作してください。走り出してから確認するよりも、販売店の担当者と一緒に確認すると良いでしょう。
操作を覚えることで、ドライブ中に確認をする必要がありません。操作に夢中になって、追突事故を起こしてしまっては意味がありません。事故防止にもなるので、納車時にスイッチを動かして確認をしておくと良いでしょう。
同じ車種でも、年式によってスイッチの位置など違いがあります。慣れれば問題はありませんが、慣れるまでは時間がかかります。間違えて操作をしないように、しっかり確認をして操作に慣れる必要があります。走行中に間違えてしまい慌ててしまうと、せっかくの新車で事故を起こしてしまいます。慣れるまでは、スイッチ類の操作を間違えても気にしないでください。

神経質にならないで!

新車を購入すると、神経質になる人が多いといえます。少しの汚れや小さなゴミまでも気になってしまい、ドライブのときなど雰囲気を台無しにしてしまいます。楽しいドライブが楽しくないドライブになってしまうので、今まで通りにすることが必要です。
小さいお子さんがお菓子などをこぼしてしまうと、怒りたくなる気持ちは理解できます。しかし、こぼすことは分かっているので怒る必要はありません。こぼれてもいいように、最初から対策をしておくことをおすすめします。対策がしてあれば、何があっても安心することができます。
また、ドライブ中に新車の自慢ばかりしていると、同乗者にあきれられてしまいます。車が好きな人であれば問題はないのですが、車に興味がない人には難しい話になってしまいます。楽しいドライブを演出するのも運転手なので、楽しい雰囲気を作るためにも明るい話題を準備してください。

駐車場は気を引き締めて!

駐車場では、盗難や車上荒らしに注意をしなくてはいけません。最新の防犯装置を使っていても、被害に遭う可能性があります。被害に遭わないためにも、納車前に対策を施してください。防犯砂利やセンサーライトなども効果があるため、手軽にできる対策をすると良いでしょう。
買い物やドライブ先では、狭い駐車場より広い場所の駐車場を選ぶことも必要です。歩くのが大変になりますが、傷を付けられてしまうよりは良いといえます。新車をトラブルから守るために小さなことですが、自分でしっかりと対策をしてください。
駐車枠からはみ出さないことも、対策として有効です。車1台で2台分のスペースを使ってしまうと、無理矢理に停められて傷を付けられる場合があります。余計なトラブルに巻き込まれないためにも、ルールとマナーを守ってください。

まとめ

納車時にしっかり確認をすることで、購入後のトラブルになる可能性が低くくなります。オプションで取り付けたものなど、嬉しい気持ちを抑えて平常心でしっかり確認をしてください。納車のときも、平常心を忘れないで疑問があったらその場で質問をしてください。
新車に長く乗るのであれば、洗車や定期整備などをしっかりと実施してください。アイドリングストップ機構が搭載されている車種だと、バッテリーの寿命が短くなる傾向があります。オイル交換のときなど、一緒に電圧を計測しておくと安心できます。
安心して楽しいカーライフを楽しむためにも、洗車など自分の手ですると良いでしょう。整備の面などは整備士に依頼することが必要ですが、自分にできることは自分ですると愛着がわきます。何でも人任せにするのではなくできることは自分ですると、さらにカーライフが楽しくなります。

国産車、輸入車の新車を探す|新車を安く買うなら新車市場(カーベル)
安く新車を買うなら新車市場(カーベル)で!トヨタ、ホンダなど国産車の新車が安い!お得なプランで新車が買える。