【大阪城公園の花見情報2016】「太閤さんのお城」と「3,000本の桜」を眺める!

大阪市中央区にある大阪城公園は、100ヘクタール以上の広大な敷地面積にソメイヨシノをはじめとする約3,000本の桜が咲く絶好の花見スポットです。今回は、太閤さんのお城と美しい調和を見せる桜たちのオススメ観賞スポットをご紹介します。

目次

大阪城公園の花見は「天守閣と桜のハーモニー」

大阪市中央区に位置する大阪城公園は、1931年(昭和6年)に再建された天守閣を中心に広がる総面積105.6ヘクタールの都市公園です。園内には約3,000本の桜が植えられていて、巨大な石垣や濠(ほり)との美しい調和を見せています。中でも「西の丸庭園」は桜の名所として知られ、多くの人が訪れるスポットになっています。広い園内には色々な散策コースがあって、様々な角度から大阪城と桜を見ながらそぞろ歩くのもおすすめです。また、エリアと期間が限定ですが「お花見バーベキュー」を楽しむことができるのも大きな特徴です。

大阪城パークセンター
歴史のロマンあふれる天守閣を中核に据えた大阪城公園は、大阪の中心に位置する都市公園です。大阪城や堀を眺めながら四季の花々を楽しめる市民の憩いの場となっています。



園内には3,000本の桜が!

大阪城公園の園内には、ソメイヨシノ、ヤマザクラ、ヤエザクラなど、約3,000本の桜が植えられています。桜の名所として名高い西の丸庭園ではソメイヨシノほか約300本の桜を楽しむことができます。なお、大阪城の東南の出入口にあたる玉造口には遅咲きのヤエザクラが植えられているため、シーズンの最後まで桜を観賞できます。

桜の見ごろ時期は?

それでは、気になる大阪城公園の桜の開花や見ごろの時期はいつでしょうか?

2016年の開花予想は?

大阪府の開花日を判断する「桜の標準木」は、大阪城公園の西の丸庭園の中にあります。この木に5~6輪咲いたころ、桜の開花宣言が行われます。
株式会社ウェザーマップ社が2月4日に更新した「さくら開花予想2016」によると、大阪府の開花予想は「3月29日」となっています。桜の花芽は寒い日が続くと目覚めるのですが、今年は記録的な暖冬の影響で、平年並みかやや遅めの開花になるようです。ちなみに2015年は3月26日と平年より早めの開花でした。

さくら開花予想2016
株式会社ウェザーマップが提供する「さくら開花予想2016」のページです。

見ごろ時期は?

桜は開花後1週間で満開となり、2週間くらい経つと花より葉っぱが目立つ「葉桜」となります。眺めてきれいな見ごろの時期は、五分咲きから満開後5日間ほどと言われています。「さくら開花予想2016」によると、見ごろ予想は4月4日~4月11日、満開は4月5日となっています。



大阪城公園の厳選花見スポット7選

広大な大阪城公園には、定番から穴場までいろいろな桜の鑑賞スポットがあります。おすすめのスポットを7箇所ピックアップしましたので、ぜひ参考にしてください。

北政所の屋敷跡で桜を愛でる「西の丸庭園」

西の丸庭園は、豊臣秀吉の正室である北政所(ねねの方)の屋敷があった場所に、昭和40年(1965年)総面積約64,000平方メートルの芝生庭園としてオープンした庭園です。周囲を数々の樹木で囲まれていて、東側は天守閣や堀の石垣を眺めることができ、「千貫櫓(せんがんやぐら)」「乾櫓(いぬいやぐら)」などの重要文化財もあります。
ここは桜の名所としても有名で、ソメイヨシノを中心に約600本の桜が植えられています。天守閣と桜の競演も美しく、まるで桜の海の上に天守閣が浮かんでいるような光景を見ることができます。庭園の北東に位置する「尾止坂」は、ソメイヨシノが集中的に植えられていることから毎年花見客が集中する人気の場所です。なお、桜の開花期間は観桜ナイター「夜桜イルミナージュ」も開催されています。人気スポットなので、「お花見弁当プラン」や「夜桜イルミナージュ」を事前予約すると場所取りが付いてくるのでゆっくり出かけることができます。庭園への入園料のみ支払う場合は、場所取りの時間を考慮して2時間くらい前に来たほうが良いですね。

【基本情報】
営業時間:9:00~17:00(夜桜イルミナージュ期間中は9:00~21:00)
料金:通常200円(夜桜イルミナージュ期間中は350円)、中学生以下無料

ザ・花見を楽しみたいグループにおすすめ「南外濠」

南外濠エリアは、桜の密度が高いので、お花見グループに人気のスポットです。中央付近は左右に道が分かれた真ん中が広い芝生になっていて、期間中は毎年大変な混雑になります。早朝から場所取りに駆りだされている若手社員たちがブルーシートに寝そべっている姿もこの時期の風物詩ですね。混雑も含めてワイワイガヤガヤしたいなら、ここがオススメです。

お城と高層ビルと桜を眺める「記念樹の森(東外濠)」

東外濠にある記念樹の森では、和の風格漂う大阪城と近代的な高層ビル群を従えて咲き誇る桜を楽しむことが出来ます。満開の時期も良いですが、散った桜の花びらが濠を薄紅色に染める4月中旬ごろに訪れるのもおすすめです。なお、東外濠には園内で唯一お花見バーベキューを楽しめるエリアがあります。

お花見気分を満喫できる「お濠の外周部」

大阪城公園はお濠に沿って桜が植えられているので、大人数でなければお濠端の桜の木の下がおすすめです。常時開園しているので、時間を気にしなくてよいのもポイントですね。平らなスペースは人気があるので、早めの場所取りが必要です。また、大川沿いにはベンチがあるので、散策の途中で空いていればちょっと座ってお花見気分をあじわうこともできます。私のお気に入りは、水上バス乗り場から大阪環状線方面に行ったところにあるなだらかな桜の丘です。

桜の回廊が広がる「大阪城野外音楽堂の西側」

イベントやライブ会場などで人気の大阪城野外音楽堂の周囲にも、桜の見どころがあります。特に西側は両側から桜がアーチ状に咲き連なっていて、まるで桜のトンネルのようです。通路の端の芝生に腰を落ち着けるもよし、桜の回廊をそぞろ歩くもよしのベストスポットです。

満開の桜を見下ろせる「天守閣の展望台」

天守閣と桜の競演を楽しんだあとには、天守閣に登ってみるのはいかがですか? 平成9年(1997年)に平成の大改修が終了した天守閣の内部は戦国時代の資料や豊臣秀吉ゆかりの品などが展示されています。8階の展望台からは、広大な大阪城公園と大阪のまちを一望することができます。満開の桜を見上げるだけでなく、見下ろす光景も新鮮で良いですよ。こちらは雨が降ったときにもおすすめのスポットです。

【基本情報】
営業時間:9:00~17:00(桜のシーズンは9:00~19:00)
料金:大人600円、中学生以下無料

大阪城天守閣
大阪城天守閣のホームページです。

船の上からお花見!?「水上バス」

大阪城公園の知る人ぞ知るお花見スポットは、なんと「船の上」です。大阪市内に流れる大川を約1時間で周遊する水上バスが運行していて、乗り場は「大阪城」「八軒家浜」「淀屋橋」「OAP」の4か所にあります。毛馬桜之宮公園あたりから大阪城周辺まで船上から桜をずっと眺めることができます。桜の時期は結構混み合うので、できれば午前中の乗船をオススメします。

【基本情報】
営業時間:10:00~17:00(1時間ごとに運行)
料金:大人1,700円、子ども(小学生)850円
※春季特別期間は大人2,000円、子ども(小学生)1,000円

大阪水上バス|大阪リバー&ベイクルーズ
「大阪城・中之島めぐり」として、四季折々の風情のある大阪・大川を周遊。いくつもの橋をくぐりながら歴史あふれる大阪の名所・旧跡の数々を川面から大阪散策でお楽しみください。

要注意!大阪城公園の場所取りについて

花見シーズンには約50万人が訪れる大阪城公園では、桜から少し離れた場所であれば特に場所取りの必要はありませんが、桜の花の下にこだわる、もしくは参加人数が多い場合は早い時間からの場所取りが必要です。気合が入った方は前夜から場所取りをすることがありますが、シートなどを使った無人の場所取りは公園管理事務所の方に撤去されることがあります。特にロープを張った場所取りは、引っかかって転んだりして危険なので厳禁となっています。大変ですが、当日の早朝からシートを敷いて仮眠しながら夜を待つ方法が一番確実でしょうね。

桜を見ながらバーベキューができる!

大阪城公園では、バーベキューをしながらお花見を楽しむことができます。ただし「場所」と「期間」などが限定されていますのでご注意ください。

場所

出典: http://www.city.osaka.lg.jp/kensetsu/page/0000110767.html
バーベキューが可能な区域は「東外濠の東側」です。濠を挟んで梅林の向かい側、大阪城ホールがある側となります。

期間

お花見開始時期からゴールデンウィークの終了日までバーベキューが可能です。2016年は4月1日(金)から5月5日(木)までの見込みです。ちなみに2015年は4月1日(水)~5月6日(水)でした。

時間

夜の21時までに完全撤収してください。

注意点

炭を利用したバーベキュー用コンロ、グリル等の器具(足つきのものなど、熱が地面に直接伝わらないもの)は使用可能。それ以外(カセットコンロやガスバーナーなど)は使用できません。また、地面で直接火をたくことは絶対禁止です。必要な器具や材料は各自で持参、使用後は発生したごみを含めて全て持ち帰ることがルールです。詳しくは大阪市のホームページをご確認ください。

大阪市市民の方へ マナーを守って楽しく公園を利用しましょう!
大阪城公園のバーベキュー指定区域と注意事項に関する大阪市のページです。

桜のライトアップイベント「大阪城お花見・夜桜イルミナージュ」

西の丸庭園では、桜の開花期間に「大阪城お花見・夜桜イルミナージュ」というイベントが開催されています。夕闇の中、色とりどりの光で照らし出された美しい桜の姿は一見の価値ありです。開催スケジュールは桜の開花状況にあわせて変動する予定です。詳しくは運営事務局のサイトなどをご確認下さい。

【基本情報】
会場: 西の丸庭園
期間:4月上旬(3月ごろ運営事務局より発表)
点灯時間:18:00~21:30の予定
料金:大人350円、中学生以下無料
休み:月曜日

ILLUMINAGE GROUP
大阪城お花見・夜桜イルミナージュを運営する「ILLUMINAGE GROUP」の公式ページです。 尚、大阪城自体の夜間ライトアップは基本的に年中無休で日没から23時まで実施しています。現在のライトアップは平成の大改修終了後に全面的に改定されたもので、世界的な照明デザイナーである石井幹子さんの手によって、日没後に順を追って段階的に点灯するなど演出性の高いライトアップとなっています。

駐車場難民にならないように!大阪城公園の駐車場

大阪城公園には、普通車で約270台の有料駐車場がありますが、桜の時期には非常に混み合います。どうしても利用したければ、早朝から駐車場の場所取りをするか、少し離れた場所でコインパーキングなどを探すことになります。
なお、2016年2月16日より駐車場の場所が一部変更になっています。「森之宮駐車場(98台)」は今まで通りですが、城南の大阪城駐車場(普通車)がバス専用に変更され、玉造筋の園内に新しい普通車駐車場(170台)がオープンしましたのでご注意ください。駐車料金は変更無し(8:00~22:00は1時間350円、22:00~8:00は1時間150円)です。

アクセス ACCESS │ 大阪城パークセンター
大阪城公園のアクセス情報です。駐車場の情報もこちらでご確認下さい。

あると便利なお花見グッズ7選!

お花見に持っていくと便利で助かるアイテムをチョイスしました。快適で楽しいお花見イベントをサポートすること間違いなしですよ。

ちょっと贅沢?すごく快適!「アウトドア用座椅子」

レジャーシートの上で長時間座っていると腰が痛くなってくるのは私だけではないはずです。コンパクトになるので持ち運びも簡単、一度体験すると手放せなくなりますよ。

Coleman(コールマン) チェア コンパクトグランドチェア ライム 170-7673

地面のデコボコが緩和される「クッションレジャーシート」

通常のビニールシートでは地面にある草や石などのデコボコを拾ってしまいますが、クッション性に優れているレジャーシートはデコボコが緩和されるので快適に過ごすことができます。長時間の場所取りで寝転んでいるときにも大活躍です! コンパクトで持ち運びに便利な収納バッグが付いています。

クッションレジャーシート 空柄L 3-4人用

ハイパワーなのに低燃費!「ハクキンカイロ」

花冷えの季節は、暖かい日が増えたと思えば急に寒い日があったりして体調管理に気をつかう時期でもあります。ハクキンカイロの熱量は使い捨てカイロの約13倍、25ccのべンジンで最大約24時間保温が可能な低燃費設計です。気化したベンジンがプラチナと接触して炭酸ガスと水に分解されるときに発生した熱を応用した環境に優しい安全なカイロです。繰り返し使用が可能で発熱温度も一定しているので、花冷えの季節にも重宝するアイテムです。

ハクキンカイロ ハクキンウォーマー スタンダード 1個入 【保温約24時間】

軽量性と頑丈さを兼ね備えた「アウトドアテーブル」

お花見の席では、ちょっとしたテーブルが欲しくなることがありますよね? 天板に金属や樹脂ではなくファブリックを使用することで、コンパクトな収納と約1kgの超軽量化を実現したコンパクトテーブルです。また、テーブルの生地は丸洗い可能で、アウトドアでの使用に最適です。

DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) アウトドア フォールディング 超々ジュラルミンフレーム ウルトラライトラージテーブル TB4-73

アウターや座布団に代用できる「ブランケット」

ハーフ(ベビー)ブランケットは、アウターの代わりに羽織ったり、座布団や枕の代わりに敷いたりできるので数枚あると便利です。軽量で保温性も高く、洗濯機で洗えるので、フリースなどの化学繊維タイプがおすすめです。

ottostyle.jp 【フワッとやさしい肌触り】 マシュマロタッチ マイクロファイバーひざ掛け (75×105cm) タータンチェック/ブラウン

近くに水場がないときに「消毒用ジェル」

お花見にはウエットティッシュが必須アイテムですが、消毒用ジェルがあると万全です。近くに水場がない場合、遠くまで手を洗いに行かなくても消毒用ジェルを手指にすり込めば安心して飲食ができます。小さなお子さんがいる場合はぜひ揃えておきたいアイテムですね。

手ピカジェル 300ml [指定医薬部外品]

あると重宝する「段ボール」「プチプチシート」

あると意外に重宝するのが段ボールです。レジャーシートの下に一枚敷くだけでクッション性が向上するだけでなく、段ボールの空気層によって地面からの冷気をシャットアウトしてくれます。同じ理由から、梱包用のプチプチ(エアキャップ)シートもおすすめです。こちらの方が持ち運びしやすいですね。

ダンボール120サイズ (46×35.5×32cm) 10枚セット 引越し・梱包用

エアークッション 川上産業製d36(1200mm×42m)1本

食事をしながらお花見を楽しめる周辺レストラン5選!

大阪城公園の周辺には、食事をしながらお花見を楽しめるレストランがあります。オススメのお店を5つピックアップしましたので、ぜひ参考にしてください。

窓の外いっぱいに広がる桜を眺める「カジュアルレストラン SAKURA DINING」

「カジュアルレストラン SAKURA DINING」は大阪城ホールの中にある、最大120席と大人数が収容できるレストランです。事前に食券を購入するセルフスタイルで、お洒落な大学のカフェレストランのような雰囲気です。窓側の席からは、一面に広がる桜の木々や大川を運行する水上バスの姿を眺めることができます。

【基本情報】
住所:大阪府大阪市中央区大阪城3-1 大阪城ホール北棟1F
営業時間:大阪城ホールの催しに合わせて変更
駐車場:無(近隣有料駐車場有)

カジュアルレストラン SAKURA DINING | 大阪城ホール
大阪城公園にあるコンサートや競技会に使われるドーム式の多目的アリーナ。スケジュール、アクセス。大阪市中央区。

大阪城を一望できるお座敷「創作料理PARK御両」

「PARK御両」は、大阪城公園の中にあるレストランです。1階はお洒落なカフェレストランで、ワンコインランチや石釜コーヒーなどを楽しむことができます。2階は和食レストランになっていて、黒毛和牛を贅沢に使用した御両弁当(3,500円)などが人気です。また、大阪城と桜が一望できるお座敷もあります。

【基本情報】
住所:大阪府大阪市中央区大阪城3-1
営業時間:11:00~オーダーストップはイベントホールの催事にあわせて変更
駐車場:無(近隣有料駐車場有)

PARK御両大阪城|株式会社エム・ケイ・ケイ
人材派遣のお仕事、エム・ケイ・ケイはあなたを応援する人材派遣会社です。仕事をお探しの皆さま、派遣や業務委託などのサービス活用をお考えの企業 の方にご提供可能なサービス(人材派遣等)をご紹介します。エム・ケイ・ケイグループの外食事業部では「BIG BEAT」「GORYOU」「PARK御両大阪城」「美RYO」など、お店を展開しています。みなさまのご来店を心よりお待ちしております!

大阪城をすぐ近くに眺めながら優雅なランチ「ホテルニューオータニ SAKURA」

「SAKURA」は、大川をはさんで大阪城公園の向かい側、ホテルニューオータニの最上階にあるレストランです。桜の季節には、大きな窓から天守閣と桜の競演を一望することができます。大阪城をすぐ近くに眺めながらのランチ(5,000円~)は、屋外とは違った優雅な気分を味わうことができます。お洒落なレストランを予約して、お花見散策に出かけてみてはいかがでしょうか。

【基本情報】
住所:大阪府大阪市中央区城見1-4-1 ホテルニューオータニ大阪 18F
営業時間:11:30~14:30 17:00~21:00
駐車場:有(500台)

SAKURA|ホテルニューオータニ
フランス料理「SAKURA」では、お客様が主役。素材の持ち味を最大限に表現した至福の一皿をご用意します。日本屈指のソムリエたちが選ぶワインとともに、忘れられない特別な時間をお過ごしください。

地上150mから桜色の風景を楽しむ「燦(サン) OBPツインタワー店」

「燦」は、大阪城公園からすぐの場所にある地上38階建ての2つのビルの1つ「MIDタワー」の最上階にあるダイニングレストランです。地上150mから見る大阪市内の眺めは圧巻のひと言で、4月上旬は大阪城や桜之宮に広がる桜色の風景を楽しむことができます。「ローストビーフ重」(1,000円)や「竹籠膳」(2,000円)、土日限定の「ダブルメインランチ」(1,600円)などランチメニューのラインアップも豊富です。

【基本情報】
住所:大阪府大阪市中央区城見2-1-61 ツイン21MIDタワー38F
営業時間:(平日)11:30~14:30 17:30~22:30 (日祝)17:00~22:00
駐車場:有

Dynamic kitchen&Bar 燦
都心で楽しむ夜景とお酒と料理 そして心地よい空間 ダイナミックキッチンバー燦

桜色の雲海に浮かぶ大阪城を楽しむ「KKRホテル大阪 レストランシャトー」

出典: http://www.kkr-osaka.com/blog/hotel/2014/04/
「レストランシャトー」は大阪城公園の南側に位置する、KKRホテル大阪の最上階にある展望レストランです。大阪城公園南側の桜を一望できる好ロケーションで、お花見の季節には桜色の雲海に浮かぶ大阪城の姿を楽しむことができます。「四季のおすすめ御膳」(2,500円)や休日限定の「城見膳」(3,500円)など、ランチメニューも充実しています。

【基本情報】
住所:大阪府大阪市中央区馬場町2-24 KKRホテル大阪12F
営業時間:7:00~10:00 11:30~15:00 17:30~22:00
駐車場:有(76台)

レストランシャトー | KKRホテル大阪
大阪城の四季折々の景色と夜景を望む天空のレストラン。日本料理、フランス料理、両方を楽しむことができ どの席からも見える眺めは、大切なお客様へのおもてなしや記念日のお祝い、ご家族でのご会食など、 ビジネスからプライベートまで幅広くお使いいただけます。

おわりに

大阪城公園の花見スポットめぐりたび、いかかがでしたでしょうか? ライトアップやバーベキューなど、園内ではいろいろな方法で桜を楽しむことができます。また、桜の本数も多いため比較的自由にゆっくりと花見ができることも嬉しいポイントですね。今年のお花見は大阪城公園の中で、ぜひお気に入りの観賞スポットを見つけてください。