【マツダ】新型「マツダCX-9」の生産を開始

マツダ株式会社(以下、マツダ)は昨日、本社宇品第1(U1)工場(広島市南区)で新型3列ミッドサイズクロスオーバーSUV「マツダ CX-9」の生産を開始したと発表しました。

アメリカおよびカナダ市場向け「CX-9」

このたび生産を開始した新型「CX-9」はアメリカおよびカナダ市場向けです。新型「CX-9」は、年間約5万台のグローバル販売計画台数の約8割を北米市場が占める北米戦略モデルとして、2016年春より、北米から順次販売を開始する予定です。



新世代技術「SKYACTIV技術」とデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」

新世代技術「SKYACTIV技術」とデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面採用した新世代商品群のハイエンドモデルである新型「CX-9」は、ジャパンメイドの高品質なクルマづくりを通じて、機能やスペックを超えた上質な心地よさをお客様にお届けします。また本社工場では、同車種の生産開始にあわせて、新開発の2.5L直噴ガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」の生産も開始しています。 新型「CX-9」(北米仕様)

マツダのコメント

今後もマツダは、高品質なクルマづくりを通じて、お客さまの人生をより豊かにし、お客さまとの間に特別な絆を持ったブランドになることを目指してまいります。 ※この記事はプレスリリースです