知らなきゃ損!タイヤ交換あれこれ

今回はタイヤ交換にまつわるお話やお得な情報をまとめてみました。初心者さん大歓迎ですよ! 自分でタイヤ交換もできちゃうかも!?

目次

タイヤ交換についてご存知ですか?

タイヤ交換について知っておこう

自動車を乗る上でなにかとお金の掛かるタイヤ交換。いつもカー用品店やタイヤ屋さん、ディーラーの店員さんに任せきりだった方もタイヤ交換にまつわる知識を理解しておき上手にタイヤを長持ちさせましょう。



タイヤ交換の時期は?

まずはタイヤ交換の時期を知っておきましょう。交換時期が過ぎてしまうと非常に危ないので日常点検しておきましょう。

スリップサイン

スリップサインとはタイヤの溝が1.6ミリ以下になると、そのタイヤの使用限界であると示すサインです。タイヤの側面を見ていただくと三角マークのあたりでタイヤの表面(地面と接地する部分)の溝部分に盛り上がりがあります。この盛り上がりとタイヤ表面が同じ高さになったときがタイヤの使用限界です。
それ以上減った状態での走行は危険なので交換しましょう。

ヒビ

タイヤは紫外線や経年劣化で硬化し性能がグッと落ちます。柔軟な状態で性能を発揮しますが、硬化してしまうとその持ち味を生かせなくなります。さらに劣化が進むとモロくなり形すら保てなくなってしまいます。輪ゴムを想像していただければわかりやすいと思いますが、新品の輪ゴムでは大きく伸びますが、劣化した輪ゴムだとモロくなり伸びることなく切れてしまいます。
それと同じ状態がタイヤでも起こっています。タイヤの表面にヒビが入っていればその状態なので、溝が多く残っていても交換しましょう。

サイドウォールに傷を入れてしまった

車を隅に寄せるときなど誤って縁石などにタイヤの側面(サイドウォール)を擦ってしまい損傷を負わせてしまった場合は要注意です。パンク修理のできる表面(トレッド)と違いタイヤの側面は修復ができません。基本的に交換になります。

交換時期が過ぎるとどうなるか

スリップサインが出た場合

スリップサインが出た場合、雨などで濡れた路面でハイドロプレーニング現象が起こりやすくなります。ハイドロプレーニング現象とは、タイヤと路面の間に水が入り込み、水の上を走行するような状態になります。このときハンドル操作やアクセル、ブレーキが効かなくなります。
特にこの現象はスピード域の上がる高速道路で起こりやすくなるので非常に危険です。晴れの日のドライ路面ではタイヤの性能の落ち加減がわかり難いので日常点検しておきましょう。
タイヤは日常での性能はもちろんですが、雨の日のようなリスクの高い場面でいかに活躍するかが安全運転に繋がるのではないでしょうか。

ヒビが出た場合

ヒビはタイヤのゴムとしての命が尽きてしまったときに起こる現象です。形を留めることができなくなっているので、走行中に急なバースト(パンク)が起こるリスクが非常に高まっています。実際これが原因で大きな事故が毎年起きています。自分は大丈夫だろうと思わず早急に交換しましょう。
悲惨な事故になることを思えば安い物です。

サイドウォールに傷が入った場合

サイドウォールに傷が入っているのにそのまま走行しているとバーストのリスクが大幅に増えます。突然のバーストで車体がふらつき隣の車と接触したりスピンしたりと悪いことしか想定されないので早急に交換しましょう。



パンクしたタイヤは修理できるの?

修理はあくまでも応急措置であることを覚えておきましょう。条件によっては修理ができないのでそれも理解しておきましょう。

パンク修理ができないケース:サイドウォールに穴

タイヤ側面は修理ができません。もしくはその付近もできません。これはやはり強度不足が懸念されるためです。

パンク修理ができないケース:タイヤの溝がスリップサイン付近かそれ以下の場合

タイヤの表面の厚みが薄いと上手くパンク修理できないので断られるケースがあります。この場合もタイヤ交換となります。

パンク修理ができないケース:パンクの穴が大きい場合

穴が大き過ぎると修理できません。これは修理方法の都合と、使用による強度が修理剤では保てないといった事情からです。
無理に修理するとバーストの原因や、エア漏れが止まらないといった不具合があるので諦めてタイヤ交換するしか手がありません。

パンク修理ができないケース:多くの穴が開いた場合

一度に多くの穴が開いた場合も修理を断られるケースがあります。穴と穴の距離が近い場合、パンク修理後の走行中、二つの穴が広がりエア漏れの可能性や、パンク修理は確実にエア漏れを止める方法ではないでの、エア漏れのリスクが高まるためです。
どちらもバーストの可能性も秘めているのでタイヤ交換をおすすめします。

パンク修理ができないケース:ヒビが入っているケース

これは前述でも紹介しましたが、ヒビは劣化している証拠です。パンク修理をすることで刺激を与えてしまいバーストのリスクを高める可能性があります。パンク修理はしてもらえるとは思いますが、危険な状況なので基本的には修理の対象外です。

パンク修理の種類

急なパンクはガソリンスタンドやカー用品店、ディーラーなどで可能です。誤解しやすいのですが100%直せるといった物ではないので覚えておきましょう。

引っ掛け方式

引っ掛け方式は手軽に修理できることからレッカーサービスなどでもその場で措置を施す場合に良く用いられる方式です。ドリルで釘などの異物が刺さってしまった穴を成型し、掛けバリ状になった工具に補修材を引っ掛けて、タイヤパンクの傷穴に直接押し込んで塞ぐという方法です。
これに良く似た方式でスリーブ方式という修理方法もありますが、一般的には引っ掛け方式の方が多く用いられます。スリーブ方式では引っ掛け方式に比べ対応できる穴の大きさが小さいからだと思います。
DIYパンク修理キットなどでも手に入りますが、修理するにはある程度の経験がないと難しいと思います。

Meltec ( メルテック ) パンク修理キット ML-331 [HTRC3]
付属品 : スクリュードライバー、インサートドライバー、ラバーセメント、チョーク、ラバースティック
チューブレスタイヤ用。オートバイ~乗用車、4WD車

パッチ式

パッチ式はタイヤを外し穴の開いた部分をリューターなどで成型し、パッチをボンドで張り付け修理する方法です。こちらの方が修理の成功率が高いことから設備の整ったガソリンスタンドやカー用品店、ディーラーなどでおすすめされる修理方法です。
引っ掛け式に比べ少し時間と工賃が掛かりますが、信頼性はあります。

引っ掛け方式+パッチ式

特に購入したばかりの新品に近いタイヤなどはこの両方を併用した修理方法がおすすめです。より信頼度が高く、より確実にエア漏れを止めることが期待できます。併用することにより効果時間も伸ばせるます。

ここでちょっとした豆知識

一本だけ交換か否か

もしもタイヤのトラブルで一本だけ破損したとします。このとき迫られる選択が一本だけ交換すると言う選択になると思いますが、これはハッキリ言ってお勧めしません。なぜかと言うと、片方が消耗しているタイヤ、片方が新品タイヤでは直径が変わることにより対称のタイヤに負担がかかりさらに消耗を促進してしまうからです。
ですので最低でも左右2本同時交換しましょう。
もう少し細かい話をすると、1本だけ交換した場合対称側のタイヤはもちろんですが、そのほかの2本に対しても直径が変わるので全体的に偏摩耗する疑いがあります。ですのでいかに1本交換がその場にしかならないかがお分かり頂けるでしょうか?

メーカーよってタイヤのサイズが違う!?

メーカーによって同じ数字のタイヤ表記でも実際並べて見比べてみると多少の誤差があるようです。特に安い海外製のタイヤはその誤差が一目してわかる程度です。タイヤの回転誤差があっては都合の悪い4WD車では前後のタイヤメーカーの違いに注意しましょう。

タイヤサイズの見方をご説明

先ほどタイヤサイズというワードが出てきたので、タイヤサイズの見方を説明します。
例えば「215/45-17」という表記があるとします。初めの「215」という表記はタイヤのトレッド(地面に接地する面)が215ミリあると言うことです。その次に「45」という数字は偏平率と言って、タイヤの幅に対する厚みのパーセンテージです。215ミリの45パーセントの厚みがあるタイヤと言う意味です。
最後の「17」という数字は対応するホイールのサイズです。
初めは馴染みがなくて少し戸惑うかもしれませんが、これがわかればご自身の車のタイヤ探しがスムーズになります。

タイヤ交換の工賃はいくらなの?

皆さんが気になるタイヤ交換工賃。ここでは参考価格を表記します。単位は一本の値段です。しかし、各店舗によってはタイヤ購入時は無料で交換などのサービスもございます。持ち込みはこの価格よりアップする傾向があるのでご注意ください。タイヤ交換工賃はいくらでないといけないといった決まりはありませんのであくまでも参考程度とお考えください。

タイヤ交換工賃参考価格表

~15インチ以下…1,000円
~17インチ  …1,500円
 18インチ  …2,000円
 19インチ  …2,500円
20インチ以上 …3,000円~

となっております。参考にしてください。

タイヤ交換時はバランス取りも

バランス取りをしないと高速走行時などにハンドルがブルブル震えて違和感や不安感が出てくると思います。これはタイヤとホイールを組み付けたときに重量がどこか一点に集中してしまいタイヤの回転がスムーズに行われないことが原因です。
そこで重量の重い部分の対象側に重りを貼り付けてバランスを取ります。これをすることによりハンドリングの違和感もなくなり燃費の向上にも繋がると言われています。
バランス取りは1本1,000円程度ですので是非やっておきましょう。

タイヤバルブも見ておきましょう

意外と盲点なのがこのタイヤバルブです。ここが劣化してエア漏れする場合があります。特に積雪地域の車両は凍結防止剤の影響で劣化がしやすい傾向があるのでタイヤ交換時にチェックしておきましょう。

DIY派のあなたに!タイヤ交換してみます?

交換工賃がいくらかおわかりいただけたと思いますが、最近の充実したDIY用品を使用すればタイヤ交換は可能です。特にスタッドレスタイヤを年に何度か履き替える方にはコストが削減できると思います。交換用の工具を全て揃えても交換工賃から計算すれば2、3回DIYすれば元は取れるのではないでしょうか?
交換作業は少しコツが要りますが、動画などでもそのコツを紹介されているので参考にしていただければと思います。

必要工具を揃えよう!:十字レンチ

まずこれがないと始まらないですね。十字レンチ。車載工具としてタイヤレンチが搭載されていると思いますが、それだと効率が悪いのでせめて十字レンチを用意しましょう。もう少し余裕のある方は電動インパクトドライバーがおすすめです。
電動インパクトドライバーを使えば作業時間はグッと短縮できますよ!

エーモン 1492 アルミホイール用クロスレンチ
サイズ:約400×400mm。
軸径:約15.5Φ(外径)。
ソケットサイズ:17mm/19mm/21mm×2。
材質:クロムバナジウム鋼(クロームメッキ)。
入数:1個。
17X19X21X21mm 3サイズ薄口形状 アルミホイール対応の薄口設計 十字レンチは車に常備しておきたいアイテムでもあります。

(STRAIGHT/ストレート) 1/2”(12.7mm) コードレスインパクトレンチ 19.2V 17-1800
[保証] 六ヶ月保証
[バッテリー電圧] 19.2V
[差込角] 1/2″(12.7mm)
[無負荷回転数] 1,800rpm
[最大トルク] 600Nm (61.1kgfm) ストレートのコードレスインパクトレンチは低価格で高性能なので非常におすすめです。DIY派の方なら一台は持っておきたいですね。

必要工具を揃えよう!:フロアジャッキ

フロアジャッキもDIY派の方に必須のアイテムと言えます。車載工具のパンタジャッキだとどうしても時間と力が必要になってしまいます。タイヤ1本ずつのリフトアップになってしまいますが、フロアジャッキなら2本同時にリフトアップ可能です。
お値段も据え置きなので揃えておきましょう。

Meltec ( メルテック ) ジャッキ 油圧式ローダウン専用ジャッキ2t F-70
サイズ : 幅530X高さ140X奥行き214mm
重量 : 約11kg
付属品 : ジャッキハンドル
耐荷重量(最大荷重) : 2トン
適用車両 : 車両重量2000kg以下

必要工具を揃えよう!:ジャッキスタンド

フロアジャッキとセットのような存在のジャッキスタンド。今回は2個あれば十分です。フロアジャッキで上げたままにし、作業することは怪我のもとなので、固定するときは必ずジャッキスタンドを利用しましょう。

EMERSON(エマーソン) ジャッキスタンド 3t(2個入)
●ジャッキアップの必需品! ! 安心・安全の3tタイプ。
●愛車を傷つけないラバーパッド付! !
●高さ設定は親切設計の6段階! ! 【最高位】:415mm【最大荷重】:3.0t(1個)

必要工具を揃えよう!:トルクレンチ

ホイールの装着に必要な工具です。ホイールナットを締めこむ際に手締めでも良いのですが、締めすぎてもダメ、緩すぎてもダメなので適正な力で締めることのできるトルクレンチがおすすめです。
ナットが固くて緩まないときにもトルクレンチを利用すればスムーズに取り外せます。

EMERSON(エマーソン) レンチセット トルク対応レンジ:28~210N・m [ 14/17/19/24mmソケット・21mm薄口ロングソケット・エクステンション付属 ] EM-29
トルク初期設定値:103N・m (10.5kgf・m)
トルク対応値:28.42N・m(2.9kgf・m)~209.72N・m(21.4kgf・m)
付属品:14/17/19/24mmソケット
21mm薄口ロングソケット/エクステンションバー
本体サイズ:長さ500x幅83x高さ73mm、重量2.3kg(付属品・ケース含) ソケットも付属しているのでおすすめです。このソケットは電動インパクトドライバーでも利用できる1/2ソケットです。

必要工具を揃えよう!:タイヤレバー

さて、基本的な工具が揃ったところでタイヤ交換専用の工具を紹介していきます。まずはタイヤレバーです。最低2本、できれば3本程用意することをおすすめします。なるべく長さのある力の掛かりやすい商品を選びましょう。

(STRAIGHT/ストレート) タイヤレバー 400mm 10-0400
タイヤ交換時にホイールからタイヤを脱着する際に使うタイヤレバーです。
素材にクロームバナジウム鋼を使用し焼入れ処理により強靭で、従来品よりも薄く使いやすい形状に仕上げました。

必要工具を揃えよう!:ゴムハンマー

これもタイヤ交換で使用します。タイヤを外したり付けたりするときに使用するのでなるべくヘッドの重い物を選びましょう。金属ヘッドのハンマーだとホイールに傷を付けてしまう可能性があるのでゴムハンマーがおすすめです。

アイガーツール(EIGER TOOL) ゴムハンマー 大 11/2P
頭長さ:105mm
柄長:240mm
本体重量:755g

必要工具を揃えよう!:ビードワックス

タイヤの取付け時にビードに塗る専用のワックスです。ビードはタイヤのホイールとの接地部分で傷が入ると空気が抜けてしまいます。ここの損傷を防ぐためにワックスで滑りを良くします。シリコンスプレーでも代用できますが外すときのことを考えるとビードワックスの方がおすすめです。

(STRAIGHT/ストレート) ビードワックス 40g 36-775
ホイールにタイヤを組み込む時、ビード部に塗るビードワックスです。ビードを傷つけずに保護し、タイヤがリムにスムーズに入り、ビード部よりエアー漏れを防ぎます。

必要工具を揃えよう!:ムシ外し

タイヤの空気を抜くために必要なムシ外しです。バイク用と兼用する予定がある場合は柄が小振りな物を選びましょう。

(STRAIGHT/ストレート) タイヤバルブコアツール ミニタイプ 19-753
タイヤのバルブコア(ムシ)の脱着に使用するイヤバルブコアツールです。
単車に便利なスタビータイプです。
また、ビット(先端部)は差込式。[全長] 42mm
[シャフト長さ] 20mm
[シャフト径] φ4mm■1/4″六角のビットを取り付けて超スタビードライバーとしても使用可能です。

必要工具を揃えよう!:空気入れ

タイヤを組んだら空気を入れないといけません。足踏み式でも良いのですが電動タイプの値段も低価格な物が多いので楽をするために電動タイプをおすすめです。足踏みタイプでタイヤ4本の空気を入れるとかなりの労力が必要になってしまいます。運動不足解消にはなりますが…。

自動車 用 エアー コンプレッサー タイヤ 空気入れ 12V 100PSI
タイヤの空気を入れるのに便利
高速道路などを走る人は必ず積んでおきたい一品です材質:金属 他
電源:DC12V
電流:10A
最大気圧:0.7Mpa
吐出量:35L/min シガーソケットから電源が取れるのでDIYに便利です。大きさもコンパクトなので車に積んでおけます。

DIYでタイヤ交換!

ジャッキアップする場合は必ず平らな安定した路面で行いましょう。

ホイールのボルトを緩めます

電動インパクトドライバーを使用する場合はジャッキアップ後でも良いのですが、十字レンチを使用する場合はジャッキアップ前にハブナットを緩めておきましょう。そうしないとジャッキアップしたときにタイヤが空回りしてしまいます。

フロアジャッキでジャッキアップ

自動車には必ずどこかにジャッキアップポイントと言う場所があるハズです。車種によってジャッキアップポイントが違うのであらかじめ調べておきましょう。
ジャッキアップできたらジャッキスタンドで固定しましょう。

ジャッキアップできたらホイールを外しましょう

十字レンチ派の方はここで先ほど緩めたハブナットを完全に取外しましょう。電動インパクト派の方はここで全て取外しましょう。緩めるボルトの順番は特に決まっていません。思い思いのままにリズム良く外しましょう。

タイヤをホイールから外す

車両からホイールを外したら、ムシ外しを使ってタイヤバルブのムシを外しましょう。空気が勢いよく抜けますのでムシも一緒に飛んでいかないように注意しましょう。完全に空気が抜けたらタイヤを外していきます。地面にタイヤを寝かせて作業しますが、ホイールに傷が付かないように段ボールなどを敷いておきましょう。
それではタイヤレバーを使ってビードを落としていきます。ビードを落とす作業はコツもいるので動画などを何回も見て要領を理解しておきましょう。
ビードを落とすとはタイヤとホイールがはまっている部分をタイヤレバーを使用し離していく作業です。ホイールのリムにレバーを当て体重をかけて下側にタイヤレバーの腹を使ってタイヤを移動させます。これをまずは片側一周します。
それが終わるとホイールを裏返して同じようにビードを落としていきます。ビードを落としたら次の工程へ進みましょう。

ビードをホイールの外側へ剥き出します

ビードを落としせれば、ホイールのリムに傷が入らないように厚手のウエスや段ボールなどをあてがい、てこの原理を使用してビードをホイールの外側に剥いていきます。ここは特にコツもいらないのでスムーズに事が運ぶと思います。
片側が剥けたら同じ方向からタイヤレバーを差し込みもう片方も剥き出します。と言ってもタイヤレバーだけでは上手く外れないと思います。ですのでレバーで力を掛けながら外す方向にゴムハンマーでタイヤを叩いていきます。すると少しずつタイヤが剥がれていくと思います。もし上手く外れない場合は、ビードにシリコンスプレーを吹き付けながら作業すると滑りが良くなり、作業しやすくなると思います。

タイヤが外せたら交換するタイヤを履かせましょう

外したタイヤを外したら交換するタイヤを履かせましょう。まずセットするときにトレッドパターンやローテーションの矢印を見て進行方向を確認しましょう。これが間違っていたらまた外さなければいけなくなるので注意しましょう。
まずビードにビードワックスを塗ります。少ないと意味がないので多目に塗り込みましょう。それができたらタイヤの片側のビードをホイールに取り付けましょう。片方は簡単にはめれると思います。それではもう片方をはめましょう。これもリムにてこの原理でビードを落としていくのですが、このときタイヤレバーを2本使用し片方のレバーは抑え、片方のレバーでビードを落としていきます。
これも少しコツが必要になりますが、なるべく抑える方のレバーを下に押さえつければ順調に作業が進むと思います。
タイヤレバーでもうこれ以上はめられないというところまでいったらゴムハンマーで叩きながらタイヤをはめていきます。全てはまれば完成も近いです。このとき上手くはまらないときはシリコンスプレーを使用しましょう。ビードに吹きかければ滑りが良くなり入りやすくなります。
このときシリコンスプレーの代わりに556のような錆を溶かすタイプのスプレーは使用してはいけません。タイヤを溶かしてしまい、寿命を縮めるので注意しましょう。

そろそろ完成は近い!空気を入れよう!

さて、タイヤがはめ込まれたら空気を入れていきましょう。まだバルブのムシは外したままで大丈夫です。まずは空気を入れていきます。足踏み式の人はここが大変ですが頑張ってください。どれくらい空気を入れるかというと、3キロ程入れます。これは空気圧計を見ながら行ってください。
一度3キロ入ればOKです。空気入れのホースを外しムシを取り付けます。このとき空気が抜けても構いません。先ほど多くエアを入れたときにその圧力を使いタイヤとホイールがはまったのであとはエアを指定空気圧まで入れれば完成です。
これを繰り返して残りのタイヤも交換しましょう。

タイヤを取り付けるときは

タイヤを取り付けるときの注意ですが、ハブナットは必ず指で入るところまで回しましょう。電動インパクトで一気に回してしまうとトラブルの元です。斜めにナットが入って入ることに気付かず締め付けてしまい、タイヤが付けられない、外せないと言ったことに繋がります。そうなってしまうとハブボルトを交換となってしまうのでたいへんな出費が予想されます。
指である程度締め付けたら星形に締めていきます。コツとしては本締めはトルクレンチや行うので、弱めに締めておきます。それができれば最後にトルクレンチで指定の締め付けトルクで本締めします。これも星形に締めていきましょう。

DIY派のあなたに!こんな物もあります

タイヤ手組派に強い味方!

タイヤビードブレーカー ブラック 15~21インチ対応 TOOL243 TOOL243
特長:15~21インチ(幅 約50~150mm)のタイヤに対応しています。 ・にぎりやすい取手 ・安定感のあるT字足 サイズ:・650×170×365mm カラー:・ブラック 爪部分サイズ(cm):約12.5×5 最大開口幅(cm):約22.5cm クリアランス:爪先端部とラバー間 4.5cm これがあればビード落としが早く済みます。てこの原理を使って楽々ビード落としできます。そのほかタイヤを組み付けるときにも使用できるのでタイヤ交換の労力と時間が削ることができます。

リムに傷を入れないために

【アストロプロダクツ】AP リムプロテクター ブルー
■商品仕様:
・本体サイズ:W145×D23×H15mm
・重量:25g(1個)
・紐長:約350mm■商品説明:
タイヤ交換の際に、リムをキズ等から保護するプロテクターです。
樹脂製の為、ホイールにもキズを付けづらくなっています。■注意事項:
※タイヤ交換後は、必ず本製品をホイールから取り外してください。本製品を装着したまま、空気を充填しないでください。
※無理にタイヤレバーを掛けると、本製品が破損する恐れがあり、ホイールにキズを付ける場合があります。 リムを保護するプロテクターです。このような物を使えば作業時のリムの損傷を防ぐことができます。

コンパクトな電動ジャッキ

電動ジャッキYSCT-EJ20
電圧:DC12V
最大電流:8A
ジャッキ高:23cm
最大耐荷重:2000kg
昇降範囲:120~350mm フロアジャッキに比べコンパクトなパンタジャッキがベースの電動パンタジャッキです。電源はシガーソケットから取れるのでイザと言うときも活躍すると思います。操作も簡単で女性にも優しいので車に積んでいれば安心ですね!

まとめ

いかがでしたか? タイヤ交換についてご理解いただけましたか? タイヤ交換のDIYはコツさえ掴めればスムーズにできると思うのでそれまでは大変ですがくじけずにやってみましょう。タイヤ交換を楽にするグッズは続々リリースされているので常に目を光らせておいても楽しいかもしれません。DIYは楽しみましょう!
突然のパンクもビックリすると思いますが、最近ではレッカーサービスで無料で処置してくれる場合も多いので、焦らず行動しましょう。
安全のためにタイヤの溝は日常点検しておくことも忘れないでください。
最後までご覧いただきありがとうございました。