漫画の影響で人気急上昇中!通勤や通学にも使えるロードバイクについて。

近年ロードバイクを始める人が急上昇しています。自分で漕いで走らせるためガソリンなどは費用で、環境にも優しいため通勤や通学に使用する人も多いです。この記事ではロードバイクの魅力やロードバイクの選び方、おすすめのメーカーや初心者・上級者向けのおすすめロードバイクをご紹介しています。

目次

ロードバイク入門。その魅力

近年ロードバイクは漫画の影響などでとても人気が出てきています。趣味として楽しむ方やレースに参加する方、通勤通学に使う方など楽しみ方は人それぞれです。この記事ではそんなロードバイクの魅力や初心者向けのエントリーモデルから上級者向けのハイエンドモデルなどロードバイクについて詳しくご紹介いたします。

ロードバイクとは

ロードバイクとは舗装された道路を走るのに適した自転車です。ロードレーサーとも呼ばれており主に自転車のレース用車両として使われてきました。そのためカゴや泥除けなどは装備されておらず、走るために必要最低限なものしかないのが特長です。また、ロードバイクは地面との抵抗を減らしてスピードが出やすくなるように前後のタイヤがとても細くなっています。

一般的な自転車のハンドルとは形が少し違うドロップハンドルが取り付けられています。ドロップハンドルはハンドルの両側が下方向に曲がっているので、基本的に前傾姿勢で運転をします。前傾姿勢で運転することによりスピードを出しやすく、長時間運転していても疲れづらいという特徴があります。

ロードバイクの魅力とは?

ロードバイクの魅力といえば、軽量のボディでスピードも出しやすいため風を感じながら気持ち良く走ることができるということです。普通の自転車では体験できないような楽しさを味わうことができます。また、自転車ということで、車やバイクのように排気ガスを出したりしないので環境にも優しい乗り物です。週末にはロードバイクに乗った人たちが各地のドライブコースを走っている姿をよく見かけます。自分の足で走らせるといことで、目的地などに到着した時の達成感は車やバイクでは味わうことができないでしょう。

ロードバイクを使ったロードレースは日本ではまだまだ人気の少ないですが、ヨーロッパではサッカーと同じぐらい人気があるスポーツとなっています。しかし、日本でも世界中の凄腕ロードレーサーたちが集まる「JAPAN CUP」が開催されています。



ロードバイクの選び方

ロードバイクが欲しいと思った時に最初は何を基準に選べばいいのかわかりませんよね。ロードバイクは新車で買おうとすると最低でも10万円ぐらいはしてしまいます。決して安い買い物ではないので、失敗したくないかと思います。そこで、ここからはこれからロードバイクを購入しようと考えている方のためにロードバイクの選び方をご紹介いたします。いろいろな選び方がありますので、ロードバイク選びの参考にしていただければと思います。

これからロードバイクの2つの選び方をご紹介いたします。正直な話、趣味や通勤で乗ることを考えている場合にはそこまで深く考える必要はありません。現在はたくさんのメーカーからロードバイクが販売されていますが、基本的な性能はどのメーカーもほとんど同じです。有名なロードレースなど世界を相手にレースをする際にはスペックも重要になってきますが、それ以外であれば気にしないで自分がいいと思ったものを購入すれば問題ありません。

ロードバイクの価格で選ぶ

ロードバイクには安いもので10万円〜のものから高いもので100万円を超えるものもあります。初めてロードバイクを購入するという方であれば、15万円ぐらいの予算で選ぶのがいいと言われています。10万円〜15万円ぐらいのロードバイクであれば十分な性能・スペックなものを購入することができます。

価格が高いものやスペックがもっといいものに関してはまだまだ先で問題ありません。まずは比較的安いロードバイクを購入してみて走る楽しさや気持ちよさを体験してみましょう。高額なロードバイクなどはもっといいものに乗りたいと思えるようになってからで十分です。

ロードバイクのフレームの形や色(見た目)で選ぶ

もう1つはロードバイクの見た目で選んでしまうという方法です。自分がカッコイイと思うことができるロードバイクであれば愛着も湧きますし、購入したらすぐに走りに行きたくなってしまうでしょう。先ほどもご紹介したようにどのメーカーのものもスペックにほとんど変わりはないので、見た目で選んだからといって後悔することはほとんどないでしょう。

自分が気に入ったデザインのロードバイクを見つけて、価格も15万円以内ぐらいであれば迷わず購入しましょう。最近ではインターネットでも購入することができますが、届いてからイメージと違ったということにならないように実際に販売店舗に行ってみてまたぐだけでもいいので実物を見てみましょう。

おすすめロードバイクメーカー

先ほど初心者の方向けのロードバイクの選び方をご紹介いたしました。有名メーカーのロードバイクであれば失敗することはないとお伝えいたしましたが、初めてロードバイクを購入するという方だとどんな
メーカーがあるのかすらわからない状況かと思います。ここからは現在人気がる有名なメーカーを5つご紹介しようと思います。こちらもロードバイク選びの参考にしていただければと思います。

GIANT(ジャイアント)

ロードバイクに詳しくない方でも名前は聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか? GIANT(ジャイアント)は1972年に台湾で設立された自転車メーカーで、製造した自転車のほとんどが国外輸出向けと言われています。日本だけではなく、アメリカやヨーロッパでも大人気のメーカーです。比較的安い価格帯のロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイクを製造しています。

ANCHOR(アンカー)

ANCHOR(アンカー)ブリジストンサイクルが展開しているスポーツバイクブランドです。ANCHORではロードレース仕様の本格モデルから通勤や通学などで使うことができる街乗りモデルまで様々なロードバイクが販売されています。日本のメーカーということで、フレーム設計やサイズなどが日本人向けに作られています。海外メーカーのロードバイクが合わないという方はANCHORのロードバイクを試してみてはいかがでしょうか。

Cannondale(キャノンデール)

Cannondale(キャノンデール)は1971年にアメリカで設立された自転車メーカーです。Cannodaleはアルミフレームの技術が他のメーカーと比べて優れているのが特長です。もともとは少し価格が高くて手が出しにくいメーカーだったのですが、最近になって価格が下がってきているので比較的購入しやすいメーカーです。カーボンフレームよりもアルミフレームのロードードバイクがいいという方にはおすすめです。

SPECIALIZED(スペシャライズド)

SPECIALIZED(スペシャライズド)もアメリカの自転車ブランドです。こちらももともとは高額なロードバイクばかり製造していたのですが、近年のロードバイクブームに合わせてグレードを落とした低価格なモデルの販売に力を入れています。女性専用のロードバイクにも力を入れているので、女性の方は是非とも候補に入れておきたいメーカーです。レース界はかなり有名なメーカーなので、各パーツの細部にまでこだわって作られているのが特長です。

FUJI(フジ)

最後にご紹介するのが100年以上の歴史を持つ自転車メーカーです。日本で設立されたメーカーなのですが、現在はアメリカのメーカーになっています。街乗り用のロードバイクからレース用まで幅広く展開しているメーカーで、たくさんの種類が販売されています。クオリティやスペック、価格など間違い無いので、どこのメーカーにしようか悩んだ際には候補に入れておきたいメーカーです。



初心者におすすめのエントリーモデル5選

ロードバイクの選び方やおすすめのメーカーはわかったけど、周りに聞く人もいなくて何を買えばいいのか選べないという方もいらっしゃるかと思います。そこでここからは初心者の方におすすめなエントリーモデルを5つご紹介していこうと思います。

GIANT(ジャイアント)DEFY 4

出典: http://www.giant.co.jp/giant16/bike_datail.php?p_id=00000042
まず最初にご紹介するのが「GIANT(ジャイアント)DEFY 4」です。DEFY4は先ほどご紹介したおすすめのブランド「GIANT」が販売している初心者向けのエントリーモデルです。「ブラック」・「ホワイト」・「ブルー」の3色展開で、XS〜MLの4サイズの中から選ぶことができます。XSサイズであれば女性でも運転することができるので、男女問わずに運転することができます。

軽量なアルミフレームを使っていて、初心者でも扱いやすい16速ギアが装備されています。ツーリングや街乗りで使うのであれば十分なスペックのロードバイクになっています。

【スペック】
名称:DEFY 4
重量:9.9kg(Sサイズ)
フレーム:アルミフレーム
ギア:16速
価格:85,000円(税抜き)

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)LGS-WCR

出典: http://www.louisgarneausports.com/lgs-wcr.html
LOUIS GARNEAU(ルイガノ)はカナダのスポーツブランドです。LGS-WCRは数少ない女性向けのエントリーモデルです。急な坂道や長い上り坂で、女性の脚力でも楽に走ることができるようにギアが調整されているので、ロードバイクを始めてみたいけど自信がないという方にはおすすめです! カラーは「ホワイト」と「ピンク」のパステルカラーなので、かわいいデザインのロードバイクが欲しいという方にも人気があります。

【スペック】
名称:LGS-WCR
重量:10.18kg(420mm)
フレーム:アルミフレーム
ギア:16速
価格:88,000円(税抜き)

ANCHOR(アンカー)RNC3 SPORT

出典: http://www.anchor-bikes.com/bikes/rnc3sp.html
RNC3はフレームとフォークに「Cr-Mo(クロームモリブデン鋼)」という素材を使っています。Cr-Moは耐久性が長く強い剛性のため長く乗ることができます。RNC3はツーリングやロングライド向きに作られており、長時間運転しても疲れにくいようになっています。もちろん街乗り用として使うことができます。フレームカラーを33色から、サドルやロゴのカラーなどたくさんの組み合わせからオリジナルのロードバイクを作ることができます。

【スペック】
名称:RNC3 SPORT
重量:10.3kg(530mm)
フレーム:Cr-Mo(クロームモリブデン鋼)
価格:90,476円(税抜き)〜

Cannondale(キャノンデール)CAAD8 SORA

出典: http://www.cannondale.com/ja-JP/Japan/Bike/ProductDetail?Id=35162eda-4de3-4edf-901c-f48784562141&parentid=2d3aa10f-eede-4b62-9d8a-ac3b96027919
予算を15万円以内で考えているのであれば、1番おすすめのエントリーモデルはこの「CAAD8 SORA」です。クラス最軽量のアルミフレームを搭載しており、走り出した瞬間からぐんぐんスピードが伸びていきます。また、Cannondaleのロードバイクは正規販売店から購入することで「LIFE TIME WARRANTY」という保証を受けることができます。この保証はフレームの永久保証で、フレームに何か問題があった時には保証をしてもらうことができ、長い年月乗ることができます。

【スペック】
名称:CAAD8 SORA
重量:9.6kg
フレーム:アルミフレーム
価格:125,000円(税抜き)〜

Momentum(モーメンタム)iWant R-1-H

出典: https://www.aeonbike.co.jp/shop/goods/goods.aspx?goods=A102-7575
最後にご紹介させていただくのはMomentum(モーメンタム)というメーカーの「iWant R-1-H」です。iWant R-1-Hの価格は49,800円(税抜き)なので、ロードバイクが欲しいけど10万円も出せないし、もっと安くてロードバイクを楽しみたいという方におすすです。有名メーカーのロードバイクに比べるとスペックは落ちてしまいますが、通勤や通学のみでしか使わないという方であれば十分楽しむことができるロードバイクになっています。

【スペック】
名称:iWant R-1-H
重量:11kg
フレーム:アルミフレーム
価格:49,800円(税抜き)

上級者向きおすすめハイエンドモデル5選

ここからは通勤や通学に使うのではなく、ロングライドやロードレースに参加したいという方のために上級者向けのハイエンドモデルをご紹介いたします。今回は予算30万円までで、ロードバイク上級者の方でも納得できるロードバイクを5つ厳選してみました。

ANCHOR(アンカー)RS6

出典: http://www.anchor-bikes.com/bikes/rs6eq.html
RS6はANCHORが持つ技術をフルに使った最高の性能をアルミフレームで実現したロードバイクです。高い耐久性と最大限に軽量化されたアルミフレームで、異次元の走りを体験することができます。このハイスペックモデルで200,000円という低価格で購入することができるのはANCHORの技術と最新の理論によるものです。すでにロードバイクを所有していてさらに上の走りを体感したいという方におすすめです。

【スペック】
名称:RS6
重量:8.7kg(490mm)
フレーム:アルミフレーム
価格:200,000円(税抜き)

GIANT(ジャイアント)PROPEL ADVANCED 1

出典: http://www.giant.co.jp/giant16/bike_datail.php?p_id=00000010
PROPEL ADVANCED 1は様々な競技に適したロードバイクとなっています。フレームはレーシングカーにも使われるカーボンを使っており、重量は8kgを切る軽量になっています。これに乗り換えれば速くなるというものではなく、ライダーのテクニックを上げてレベルアップさせてくれるようなロードバイクです。これからロードレースや耐久レースなど色々なレースに挑戦していこうと思っている方におすすめです。

【スペック】
名称:PROPEL ADVANCED 1
重量:7.9kg(520mm)
フレーム:カーボンフレーム
価格:265,000円(税抜き)

COLNAGO(コルナゴ)CX-ZERO Alu

出典: http://www.colnago.co.jp/2016/product/cx-zero_alu/index.html
カーボンモデルのCX-ZEROとスペックをほとんど継承してアルミモデルとして登場したのが「CX-ZERO Alu」です。アルミモデルとは思えないような走りで、上級者の方でも納得のスペックとなっています。2015年に発売され大人気だったため2016年からはカラーバリエーションを増やし、女性向けの400サイズも追加されました。快適性が非常に高いので、ロングライドにおすすめです。

【スペック】
名称:CX-ZERO Alu
重量:8.8kg
フレーム:アルミフレーム
価格:280,000円(税抜き)

Cannondale(キャノンデール)CAAD12 DISC 105

出典: http://www.cannondale.com/ja-JP/Japan/Bike/ProductDetail?Id=028fb236-daaa-444d-9afb-12667450b622&parentid=6aad23d6-05b8-4457-b32f-c833a6192b91
CAAD12 DISC 105はロードバイクではめずらしい前後ディスクブレーキが採用されています。高速走行からの減速時には気持ち良く効いてくれます。カーボンフレームが一般的になりつつあるロードバイク市場ですが、CAAD12はあえて軽量アルミを使用しています。軽くて剛性も高いので、ロングライド向きのロードバイクになっています。最新のディスクブレーキを体験してみたい方におすすめです。

【スペック】
名称:CAAD12 DISC 105
重量:8.5kg
フレーム:アルミフレーム
価格:260,000円(税抜き)

FUJI(フジ)SL1.1

出典: http://www.fujibikes.jp/2016/products/sl_1.1/
最後にご紹介させていただくのが、カーボンフレームを纏った「SL1.1」です。FUJIが新開発したカーボンフレームが採用されており、従来のカーボンフレームよりも10%の軽量化・11%の剛性アップを実現しています。ロードレースやロングライド、耐久レースなど様々なレースで活躍するオールラウンドモデルとなっています。カーボンフレームでここまでスペックの高いロードバイクを予算30万円で購入するのは難しいと言われている中でSL1.1はコストパフォーマンスも抜群です。

【スペック】
名称:SL1.1
重量:6.8kg
フレーム:カーボンフレーム
価格:260,000円(税抜き)

ロードバイクで通勤する時の注意点

ロードバイクはスピードが出しやすく舗装された道路を気持ちよく走ることができるので、通勤に使われることも多いです。ここからはロードバイクを使って通勤する際に注意しておきたいことをご紹介いたします。

スピードを出しすぎない

ロードバイクはスピードが出しやすいので、ついついスピードを出してしまいがちです。しかし、通勤の時間には車や歩行者などが非常に多い時間帯なので、スピードを出しすぎて走行していると思わぬ事故につながってしまう可能性があります。ロードバイクに乗っているからといって交通量の多い道路ではスピードを控えめにしましょう。

盗難に気をつけよう

ロードバイクは本体の価格が非常に高いため盗難の被害に遭いやすいです。会社などに停めておく際には必ずU字ロックやワイヤー錠を使って施錠をしましょう。普通にタイヤとフレームを施錠するだけでは、ロードバイクごと持って行ってしまうことがあるので、駐輪場に固定できるようなものがあればその箇所と一緒に施錠していましましょう。これだけで盗難に遭う確率はぐっと減ります。

ロードバイクのメンテナンス方法

ロードバイクを購入したら必ずやらなければいけないのがメンテナンスです。ロードバイクを最高の状態にしておくにはメンテナンスは必要不可欠です。毎日やる必要はないのですが、ツーリングに行くのであればツーリング前と後、通勤や通学で使っている場合には1〜2週間に1回はやっておきたいですね。ここから専門的な知識がなくてもできる簡単なメンテナンス方法をご紹介いたします。

ロードバイクについた泥や土などの汚れを落とす

ロードバイクに泥や土がついたまま放置しておくと錆びやひび割れなど破損の原因となってしまいます。時間がない時はタオルなどでふき取るだけでもいいので、定期的に綺麗にしていきましょう。タイヤは濡らした布やウエットティッシュで綺麗にしておきましょう。注意しておきたいのが、自動車用のタイヤクリーナーなどを使用すると滑りやすくなってしまい危険なので絶対に使わないようにしてください。

チェーンの汚れを取って油をさす

ペダルを漕いでチェーンを回しリアタイヤを回転させて走る自転車では、チェーンをメンテナンスは1番重要な部分になります。チェーンをしっかりメンテナンスすることでチェーンやギアを長持ちさせ、ギアチェンジもスムーズに行えるようになります。

チェーンの汚れを落とす際におすすめなのが「チェーンクリーナー」です。チェーンに付着した頑固な汚れも綺麗に落とすことができます。チェーンクリーナーで汚れを落としながら、タオルなどで綺麗にふき取っていきましょう。チェーンの汚れを綺麗に取ることができたら、最後にチェーンに油をさしていきます。チェーンの全体に垂れてしまうほどさすのではなく、チェーンのコマ1つ1つにさしていきましょう。

KURE [ 呉工業 ] チェーンクリーナー (760ml) チェーン専用洗浄・防錆剤 [ 品番 ] 1017
チェーンクリーナーで迷ったらこれ! 大容量でたくさん使えて汚れ落ちも申し分なし。スプレータイプなので細かい汚れも落とすことができます。

KURE [ 呉工業 ] スーパーチェーンルブ (180ml) チェーン専用プレミアム潤滑剤 [ 品番 ] 1068 [HTRC2.1]
通勤や通学な街乗りで使う分にはこれで十分です。ロードレースや耐久レースで使うロードバイクにレース用のオイルなどを使用しましょう。

通販で買う時の注意点

近年、インターネットの普及が進むんでおり、ロードバイクも店頭ではなく通販で購入することができるようになりました。特に店舗を持っていないところでは店舗のコストがかからないため安く購入することができます。また、近くに欲しいメーカーのロードバイクが売ってない場合にも通販であれば購入することができます。そこで、ここからは通販でロードバイクを購入する時の注意点をご紹介いたします。

通販で購入する前にサイズを確認しておく

安くて遠くに買いに行く必要がないのが通販のメリットですが、実際に試乗したり実物を見ることができないというデメリットもあります。色や形については画像で見ることができますが、実物のサイズを確かめることができないので、届いてから乗ってみたら大きすぎたり小さすぎたりする場合があります。これを防ぐには通販で購入しようと思っているロードバイクと同じようなサイズのものを近くの店舗などで確認しておく必要があります。同じメーカーのロードバイクがない場合には店員さんに似たようなサイズ感のものを教えてもらい確かめておきましょう。

完成モデルか組み立てモデルかを確認しておく

通販で売れられているロードバイクには完成モデルと組み立てモデルがあります。名前の通りなのですが、完成モデルは最初から組み立てられているので届いてからすぐに乗ることができます。逆に組み立てモデルはバラバラの状態で届くので、届いてから自分で組み立てなければいけません。

一般的に組み立てモデルの方が安く販売されていますが、組み立てる自信がない場合には完成モデルを購入するようにしましょう。

購入後のサポートや保証のあるお店で購入しよう

購入後のサポートや保証は同じ通販でもお店によって異なってきます。メーカー品を正規で取り扱っているお店であればメーカーの保証も受けることができますが、海外から直接仕入れている「並行輸入品」の場合は国内で保証が受けれない場合があります。サポートや保証については購入しようとしている店舗に直接問い合わせてみましょう。

また、最近はお金を払っても商品を届けてくれない詐欺サイトも存在しています。詐欺サイトの見分け方としては、一般的な価格よりもかなり安かったり、商品の説明文がおかしかったり、支払い方法が銀行振込しかないような通販サイトは危険なのでやめておきましょう。

中古販売での注意点

ロードバイクが欲しいけど新車を買うほどのお金を出せないという方や、長く乗るかわからないから中古で十分という方には中古のロードバイクがおすすめです。ここからはロードバイクを中古販売で購入する際のメリットや注意点をご紹介いたします。

激安の理由は?

中古車販売店の場合はある程度相場が決まっているのですが、個人が出品するオークションなどではロードバイクを激安で購入できる場合があります。激安で出品されている理由としては「お金がなくてすぐに現金が欲しい」や「引越しなどで処分しなければいけなくなったから安くでも販売したい」、「相場がわからなくて適当な価格で出品している」などがあります。

フレームを購入する際の注意点

中古でフレームを購入する際に注意しておかなければいけない点をご紹介させていただきます。まず1つ目ですが、ロードバイクの知識があまりない方はオークションなどで個人が出品しているフレームを購入するのはやめておきましょう。写真だけではわからないようなヒビが入っていたり、接合部分が弱っていたりなどを判断することができないので、組み立てて走っている最中に破損してしまう可能性があります。2つ目は古いフレームを購入した際に取り付けることができるパーツが少ないため完成させることができない場合があります。購入を検討しているフレームに適合するパーツがあるのかを購入前に確認しておきましょう。

中古のフレームは経験者でも失敗をしてしまうと言われているので、購入する際には事前にしっかりと確認しておきましょう。

その他パーツ別注意点

ホイールやペダル、サドルといったその他のパーツを中古で購入する際にも傷んでいる部分がないかをしっかり確認しましょう。オークションで購入する場合には、出品者の方に連絡をしてみて実際に現物を見ることができるか確認をするのがおすすめです。ここまでできない場合にはオークションで購入はあきらめたほうがいいかもしれません。

ロードバイクは自分の命を預けて運転するので、使用年数や詳細がわからないパーツや危険です。パーツの痛みなどを判断することができない場合には中古でパーツを買うのはやめておきましょう。

番外編:ロードバイクの漫画「弱虫ペダル」の魅力

近年のロードバイクブームは大人気の漫画「弱虫ペダル」の影響があると言われています。弱虫ペダルとはアニメ好きのオタクである主人公の小野田坂道がとある出来事から自転車部に入部して、様々なライバルと戦いながら才能を開花させていくというストーリーです。過酷なロードレースの世界をリアルに描き、一緒に練習してきた仲間のために走るという絆を感じることができます。現在は漫画だけではなくアニメ化もされ、ゲームも販売されるほど人気になっています。

登場人物の乗っているロードバイクは実際に存在するメーカーのものということで、ロードバイクに興味がなかったという人たちも興味を持ち始めて、ロードバイクデビューするという人たちも増えているようです。ロードバイクが好きな方であれば知っているメーカーのロードバイクが出てきたり、レースの緊張感、ロードバイクあるあるなどを楽しむことができるでしょう。

まとめ

今回の記事ではロードバイクについてご紹介いたしました。漫画の影響もあり近年とても人気が出てきています。1度乗ってみればロードバイクの魅力を体験することができ、その楽しさに虜になってしまうでしょう。この記事をきっかけに少しでもロードバイクに興味を持っていただければと思います。