おすすめのロードバイク50選!10万円以下で購入出来るモデルから100万円を超えるものまで!

空前のロードバイクブームの今日は、たくさんのメーカーから様々なロードバイクが販売されています。価格の安いものから軽自動車が買えてしまうほどの価格のものまであります。この記事では予算別でおすすめのロードバイクをご紹介しています。あなたのロードバイク選びのお役に立てれば幸いです。

目次

予算10万円で購入出来るおすすめのロードバイク

Momentum(モーメンタム)iWant R-1-H

出典: https://www.aeonbike.co.jp/shop/goods/goods.aspx?goods=A102-7575
ロードバイクは価格が高いため手を出しにくいと思われがちなのですが、「iWant R-1-H」は5万円を切る圧倒的なロープライスを実現しています。ロードバイクを始めてみたいけど、10万円以上もするロードバイクを購入することができないという方にはエントリーモデルとしておすすめです。

【スペック】
名称:iWant R-1-H
フレーム:アルミフレーム
サイズ:ワンサイズ
重量:11.0kg
価格:49,800円(税抜き)

GIANT(ジャイアント)DEFY4

出典: http://www.giant.co.jp/giant16/bike_datail.php?p_id=00000042
DEFY4では軽量アルミフレームを使ったエントリーモデルで、10万円を切るロープライスで本格的なロードバイクを楽しむことができます。街乗りやツーリングに使うには十分なスペックとなっています。

【スペック】
名称:DEFY4
フレーム:アルミフレーム
サイズ:430、465、500、535
重量:9.9kg
価格:85,000円(税抜き)

FELT(フェルト)Z100

出典: http://www.riteway-jp.com/bicycle/felt/2016/9463011.html
Z100ドイツに拠点を置くFELT(フェルト)社のエントリーモデルです。高い剛性と衝撃吸収性能を持つアルミフレームを使っており、長距離のライドでも疲れにくいようになっています。重量が少しあるため、坂道などは少し重さを感じてしまいます。

【スペック】
名称:Z100
フレーム:アルミフレーム
サイズ:510、540、560
重量:10.1kg
価格:99,800円(税抜き)



予算20万円で購入出来るおすすめのロードバイク

COLNAGO(コルナゴ)MONDO TIAGRA

出典: http://www.colnago.co.jp/2016/product/mondo/index.html
同ブランドの「STRADA SL」と同じフレームを採用しており、太めのフレームながらも圧倒的な軽さを実現しています。重量はメーカーページで公表されていませんが、9kg代前半というこの価格のロードバイクにしてはとても軽いので、坂道なども楽に登っていくことができます。

【スペック】
名称:MONDO TIAGRA
フレーム:アルミフレーム
サイズ:420、450、480、500、520、540、560、580
重量:メーカー非公表
価格:150,000円(税抜き)

CANYON(キャニオン)Endurance AL 6.0

出典: https://www.canyon.com/ja/road/endurace/2016/endurace-al-6-0.html
Endurance AL 6.0の1番の特徴はアルミフレームにもかかわらず、8.1kgという重量を実現しています。また、クチコミ評価の高いMAVICアクシウムというホイールが搭載されており、この価格でこのスペックはありえないと話題になっているロードバイクです。

【スペック】
名称:Endurance AL 6.0
フレーム:アルミフレーム
サイズ:XS、S、M、L、XL、2XL、3XL
重量:8.1kg
価格:123,000円(税抜き)

LAPIERRE(ラピエール)AUDACIO 200 FDJ CP

出典: http://www.eastwood.co.jp/lineup/lapierre/audacio_200_fdj_cp.html
フランスのラピエールという自転車メーカーのエントリーモデルです。世界のレースでも活躍しているメーカーということで、レースで得たノウハウや技術を使われているのでスペックなどは問題なし! 平均的なスペックなので、街乗りからツーリングまで使うことができます。

【スペック】
名称:AUDACIO 200 FDJ CP
フレーム:アルミフレーム
サイズ:46、49、52、55
重量:9.8kg
価格:149,000円(税抜き)

LOUIS GAENEAU(ルイガノ)LGS-CTR COMP

出典: http://www.louisgarneausports.com/lgs-ctr-comp.html
軽量アルミフレームにカーボンフォークを搭載した「LGS-CTR COMP」では、購入してからそのままレースに参加することができるほどのハイスペックなロードバイクです。街乗りとして乗るだけではなく、レースなどにも参加していきたいという方にはおすすめです。

【スペック】
名称:LGS-CTR COMP
フレーム:アルミフレーム
サイズ:420、460、500、540
重量:9.53kg
価格:146,000円(税抜き)

GIANT(ジャイアント)TCR ADVANCED 3

出典: http://www.giant.co.jp/giant16/bike_datail.php?p_id=00000023
上位モデルの「TCR ADVANCED PRO」と同じカーボンフレームを搭載しており、しなやかな剛性と圧倒的な軽量化が施されています。この価格でカーボンフレームのロードバイクが買えるのはとても珍しく、これからロードバイクを始めるという方には十分すぎるスペックを持っています。

【スペック】
名称:TCR ADVANCED 3
フレーム:カーボンフレーム
サイズ:425、445、470、500
重量:8.4kg
価格:180,000円(税抜き)

FELT(フェルト)V100

出典: http://www.riteway-jp.com/bicycle/felt/2016/9466715.html
V100は一般的なローどバイクよりも太めのタイヤを装着することにより、舗装されていない山道も走ることができるように作られています。さらに前後共にディスクブレーキが採用されているので、低速域から高速域まで安定した制動力を得ることができます。

【スペック】
名称:V100
フレーム:アルミフレーム
サイズ:430、450、510、540、50
重量:11.2kg
価格:115,000円(税抜き)

FELT(フェルト)Z75 Disc

出典: http://www.riteway-jp.com/bicycle/felt/2016/9462711.html
Z75のディスクブレーキモデルです。Z75の特徴としては前後共に太めのタイヤを履いているので、ロングライドでも快適な乗り心地を体感することができます。しかし、タイヤが太い分、路面との摩擦が増えるので高速走行には適していないので、レースに参加したいという方には向いていないバイクです。

【スペック】
名称:Z75 Disc
フレーム:アルミフレーム
サイズ:510、540、560
重量:9.7kg
価格:176,000円(税抜き)

SCOTT(スコット)SPEEDSTER 30

出典: http://www.scott-japan.com/products/node/2185
F01エアテクノロジーというNASAのテクノロジーを利用したエアロフレームを採用している次世代型のロードバイクです。極限まで空気抵抗が少なくなるように作られており、低速域からの加速性能、高速域でのスピード維持に成功しています。

【スペック】
名称:SPEEDSTER 30
フレーム:アルミフレーム
サイズ:47、49、52、54、56、58
重量:9.16kg
価格:135,000円(税抜き)

Cannodale(キャノンデール)SYNAPSE DISC TIAGRA

出典: http://www.cannondale.com/ja-JP/Japan/Bike/ProductDetail?Id=3e2d3251-b76b-4496-8a41-dfb2de8733c4&parentid=b5595e88-6e7a-459a-8c21-9fbf77bd3476
快適性やスペック、購入しやすい価格でこれからロードバイクを始めるという方におすすめのエントリーモデルです。通勤や通学などの街乗りから遠出やツーリングなどのロングライドにも対応する汎用性のあるロードバイクです。

【スペック】
名称:SYNAPSE DISC TIAGRA
フレーム:アルミフレーム
サイズ:48、51、54、56、58
重量:メーカー非公表
価格:150,000円(税抜き)

ANCHOR(アンカー)RFA5 EX

出典: http://www.anchor-bikes.com/bikes/rfa5ex.html
RFA5 EXはANCHORの入門モデルとして販売されています。上記モデルである「RFA5 EQUIPE」と同じアルミフレーム・カーボンフォークが搭載されています。390や420といった小さいサイズ展開もあるので、女性でも問題なく乗ることができます。

【スペック】
名称:RFA5 EX
フレーム:アルミフレーム
サイズ:390、420、450、480、510、540
重量:9.3kg
価格:140,000円(税抜き)

予算30万円で購入出来るおすすめのロードバイク

BMC(ビーエムシー)teammachine ALR01 Ultegra

出典: http://www.bmc-racing.jp/bikes/alr01.php
軽量のアルミフレームにフルカーボンフォークにより快適性は抜群! バランスのとれたスペックなのでエントリーモデルとしてぴったりです。カラーの種類も豊富で、1番小さいサイズであれば女性でも簡単に乗りこなすことができるようになっています。

【スペック】
名称:teammachine ALR01 Ultegra
フレーム:アルミフレーム
サイズ:47、51、54、57
重量:8.2kg
価格:260,000円(税抜き)

ANCHOR(アンカー)RL8 EQUIPE

出典: http://www.anchor-bikes.com/bikes/rl8eq.html
RL8 EQUIPEでフレーム・フォークともにカーボンを使っており、ロングランやヒルクライムなどでも楽に走らせるることできます。この価格でこのスペックはとてもお買い得なので、「カーボン素材のロードバイクが欲しい」、「ステップアップをしたい」という方におすすめです。

【スペック】
名称:RL8 EQUIPE
フレーム:カーボンフレーム
サイズ:390、420、450、480、510、540
重量:8.3kg
価格:300,000円(税抜き)

SCOTT(スコット)CR1 10

出典: http://www.scott-japan.com/products/node/2176
CR1 10はショックダンピングシステムという衝撃吸収機能が搭載されており、路面からの振動を最小限に抑えることに成功しています。これにより長時間の走行でもストレスなく走ることができ、ライダーが最大限のパフォーマンスを発揮することができます。

【スペック】
名称:CR1 10
フレーム:カーボンフレーム
サイズ:47、49、52、54、56、58
重量:8.10kg
価格:278,000円(税抜き)

GIANT(ジャイアント)TCR ADVANCED 1 KOM

出典: http://www.giant.co.jp/giant16/bike_datail.php?p_id=00000021
8kgを切る超軽量ロードバイクで、急な坂道でも楽に登っていくことができます。ロングケージリアディレーラーを標準で搭載しており、主にヒルクライムを走るという方にはおすすめです。

【スペック】
名称:TCR ADVANCED 1 KOM
フレーム:カーボンフレーム
サイズ:425、445、470、500
重量:7.7kg
価格:250,000円(税抜き)

LOUIS GAENEAU(ルイガノ)LGS-RCN

出典: http://www.louisgarneausports.com/lgs-rcn.html
12Kのフルカーボンを採用した「LGS-RCN」では軽量で、高い剛性を発揮しています。購入してすぐにでもレースにエントリーできるハイスペックロードになっています。また、ツーリングやロングライドなどは幅広く使えるオールラウンドモデルでもあります。

【スペック】
名称:LGS-RCN
フレーム:カーボンフレーム
サイズ:460、500、540、580
重量:8.7kg
価格:220,000円(税抜き)

CANYON(キャニオン)ULTIMATE CF SL 7.0

出典: https://www.canyon.com/ja/road/ultimate/2016/ultimate-cf-sl-7-0.html
「ULTIMATE」はレースからツーリング、街乗りまで使うことができるオールラウンドモデルです。軽さと剛性性能が高いロードバイクなので、過酷なレースでのパフォーマンスを発揮し、ロングライドでは快適に運転することができます。

【スペック】
名称:ULTIMATE CF SL 7.0
フレーム:カーボンフレーム
サイズ:XS、S、M、L、XL、2XL、3XL
重量:7.6kg
価格:196,000円(税抜き)

PINARELLO(ピナレロ)NEOR ALLOY

出典: http://www.riogrande.co.jp/pinarello_opera/pinarello2016/neor.php
NEORはPINARELLOが製造した名車「PRINCE」から続くベーシックなロードバイクです。基本的なスペックに加えて、フォークが特徴的な形になっています。カラーもかっこいいので、デザイン重視で購入される方も多いようです。

【スペック】
名称:NEOR ALLOY
フレーム:アルミフレーム
サイズ:42、44、46、50、52、54、56、58、60、62
重量:メーカー非公表
価格:220,000円(税抜き)

COLNAGO(コルナゴ)STRADA SL ULTEGRA

出典: http://www.colnago.co.jp/2016/product/strada_sl/index.html
アルミフレームの特性を活かし、レースから街乗りまで使えるオールマイティなロードバイクです。ハンドリングは軽く、しっかりとした剛性により踏んだ瞬間から前に進もうとする最高の加速力を体験することができます。コルナゴファンであれば1度は乗ってみたいロードバイクに仕上がっています。

【スペック】
名称:STRADA SL ULTEGRA
フレーム:アルミフレーム
サイズ:420、450、480、500、520、540、560、580
重量:メーカー非公表
価格:280,000円(税抜き)



予算50万円で購入出来るおすすめのロードバイク

ANCHOR(アンカー)RS9 ELITE

出典: http://www.anchor-bikes.com/bikes/rs9el.html
今よりももっとステップアップして、タイムを縮めていきたいという方には「RS9 ELITE」がおすすめです。「進む性能を最大化する」というコンセプトで作られ、その加速力は1度体験したら虜になってしまうこと間違いなしです。

【スペック】
名称:RS9 ELITE
フレーム:カーボンフレーム
サイズ:430、460、490、520、550
重量:7.5kg
価格:520,000円)税抜き)

COLNAGO(コルナゴ)CX-ZERO ULTEGRA

出典: http://www.colnago.co.jp/2016/product/cx-zero/index.html
「CX-ZERO ULTEGRA」は実際にヨーロッパのプロロードレースでも使用されているロードバイクです。そのため購入後にそのままレースに参加しても結果を出すことができるようなスペックを標準で装備しています。

【スペック】
名称:CX-ZERO ULTEGRA
フレーム:カーボンフレーム
サイズ:420、450、480、500、520、540、560、580
重量:メーカー非公表
価格:385,000円(税抜き)

COLNAGO(コルナゴ)CLX ULTEGRA

出典: http://www.colnago.co.jp/2016/product/clx/index.html
CLX ULTEGRAはカーボンフレームとメインコンポにシマノのULTEGRAを搭載して、過酷な峠道でも他を圧倒するポテンシャルを持っています。レーシングロードのようなデザイン性も人気の理由の1つとなっています。

【スペック】
名称:CLX ULTEGRA
フレーム:カーボンフレーム
サイズ:420、450、480、500、520、540、560、580
重量:メーカー非公表
価格:450,000円(税抜き)

PINARELLO(ピナレロ)PRINCE Carbon Torayca

出典: http://www.riogrande.co.jp/pinarello_opera/pinarello2016/prince.php
圧倒的な速さでツール・ド・フランスを2連覇したDOGMAのデザインを纏い、60HM3Kのカーボンマテリアルで再現したロードバイクです。名車「PRINCE」の名前を引き継ぐ高性能レーシングロードバイクを圧倒的なローコストで実現しています。

【スペック】
名称:PRINCE Carbon Torayca
フレーム:カーボンフレーム
サイズ:42、44、46.5、50、51.5、53、54、55、56、57.5、59.5、62
重量:メーカー非公表
価格:498,000円(税抜き)

BMC(ビーエムシー)teammachine SLR03

出典: http://www.bmc-racing.jp/bikes/slr03.php
スイスの自転車メーカーBMCから発売されているレース用ロードバイクの入門モデルです。バランスの取れたスペックなので、これから本格的にレースに参加していきたいという方におすすめです。

【スペック】
名称:teammachine SLR03 Ultegra
フレーム:カーボンフレーム
サイズ:41、51、54、57
重量:メーカー非公表
価格:349,000円(税抜き)

Cannodale(キャノンデール)SYNAPSE CARBON ULTEGRA 4

出典: http://www.cannondale.com/ja-JP/Japan/Bike/ProductDetail?Id=96719e2c-0322-4026-a186-079d980654da&parentid=2c92d51c-0435-4029-97e1-be09250fe081
長時間の走行でもライダーへの疲労を極限までに抑えることに成功したエンデュランスロードです。快適性だけではなく、最新のカーボン技術により極限まで軽量化が施されています。耐久レースやロングライドをする方にはおすすめです。

【スペック】
名称:SYNAPSE CARBON ULTEGRA 4
フレーム:カーボンフレーム
サイズ:48、51、54、56
重量:メーカー非公表
価格:320,000円(税抜き)

SCOTT(スコット)ADDICT 30

出典: http://www.scott-japan.com/products/node/2167
ただ単に軽量化して重量が軽くなっただけではなく、全体の重量バランスを考えて作られたのがADDICT 30です。ヒルクライムでの走行性能は同じ価格帯のロードバイクを圧倒します。

【スペック】
名称:ADDICT 30
フレーム:カーボンフレーム
サイズ:47、49、52、56
重量:7.86kg
価格:328,000円(税抜き)

SCOTT(スコット)SOLACE 10

出典: http://www.scott-japan.com/products/node/2173
SOLACE 10はコンフォートZONEとパワーZONEと呼ばれる設計が施されています。コンフォートZONEでは路面からの衝撃を吸収して快適な走行を可能にして、パワーZONEでは剛性を高める役割を担っています。

【スペック】
名称:SOLACE 10
フレーム:カーボンフレーム
サイズ:47、49、54、56
重量:7.48kg
価格:398,000円(税抜き)

CANYON(キャニオン)ULTIMATE CF SLX 8.0

出典: https://www.canyon.com/ja/road/ultimate/2016/ultimate-cf-slx-8-0.html
10年以上に渡って多くのライダーから愛され続けている「ULTIMATE」のミドルレンジモデルです。見た目の派手さはありませんが、重量や走行性能など高いスペックを秘めています。

【スペック】
名称:ULTIMATE CF SLX 8.0
フレーム:カーボンフレーム
サイズ:2XS、XS、S、M、L、XL、2XL
重量:6.7kg
価格:405,000円(税抜き)

LOUIS GAENEAU(ルイガノ)LGS-RTI 2

出典: http://www.louisgarneausports.com/lgs-rti2.html
アルミフレームとカーボンフレームのロードバイクが多い中で、「LGS-RTI 2」にはチタンフレームが採用されています。アルミフレームに比べて衝撃吸収性に優れており、耐久性に優れているので長く乗ることができます。

【スペック】
名称:LGS-RTI 2
フレーム:チタンフレーム
サイズ:490、520、550
重量:8.01kg
価格:450,000円(税抜き)

GIANT(ジャイアント)DEFY ADVANCED PRO

出典: http://www.giant.co.jp/giant16/bike_datail.php?p_id=00000029
「DEFY ADVANCED PRO」はGIANTのハイエンドモデル「DEFY ADVANCED SL」の走行性能を継承されています。油圧式のディスクブレーキを搭載しており、天候や地形を選ばず最大限のパフォーマンスを発揮することができます。

【スペック】
名称:DEFY ADVANCED PRO
フレーム:カーボンフレーム
サイズ:410、445、480、515
重量:7.8kg
価格:470,000円(税抜き)

GIANT(ジャイアント)PROPEL ADVANCED SL

出典: http://www.giant.co.jp/giant16/bike_datail.php?p_id=00000004
風洞実験室で完成車にライダーが乗った状態でテストを重ねて作り上げた最高峰のエアロロードバイクです。ハンドルやブレーキなど細かなパーツまで自社で作り上げるほどのこだわりです。近年のレースではエアロロードバイクの参加も増えています。この価格でエアロロードバイクはなかなか手に入れることができないでしょう。

【スペック】
名称:PROPEL ADVANCED SL
フレーム:カーボンフレーム
サイズ:680、710、740、770
重量:7.4kg
価格:450,000円(税抜き)

FELT(フェルト)F4

出典: http://www.riteway-jp.com/bicycle/felt/2016/9461410.html
F4はどんなシーンでも高い走行性能を発揮することができるオールラウンドモデルです。これからイベントやレースに参加していきたいと思っている初級者・中級者向けのスペックとプライスになっています。

【スペック】
名称:F4
フレーム:カーボンフレーム
サイズ:480、510、540、560
重量:7.7kg
価格:328,000円(税抜き)

FELT(フェルト)Frame Kit AR FRD

出典: http://www.riteway-jp.com/bicycle/felt/2016/9560211.html
FELTが開発した最先端のエアロロードバイクです。考え抜かれたエアロダイナミクスでレースの後半や勝負所まで体力を温存して走り続けることができます。しかし、フレームだけの重量が908gあるためヒルクライムには不向きなバイクです。

【スペック】
名称:Frame Kit AR FRD
フレーム:カーボンフレーム
サイズ:480、510、540、560
重量:メーカー非公表
価格:468,000円(税抜き)

予算70万円で購入出来るおすすめのロードバイク

ANCHOR(アンカー)RL8

出典: http://www.anchor-bikes.com/bikes/rl8.html
ボリュームを抑えたシンプルなデザインで、軽量化としなやかなボディ剛性を実現しています。ロングランやヒルクライムに最適なスペックに仕上がっています。

【スペック】
名称:RL8
フレーム:カーボンフレーム
サイズ:390、420、450、480、510、540
重量:7.1kg
価格:605,000円(税抜き)

TREK(トレック)ÉMONDA SLR 6

出典: http://www.trekbikes.com/jp/ja_JP/%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AF/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AF/%E3%83%91%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AF/%C3%A9monda/%C3%A9monda-slr-6-h2%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%88/p/1470000-2016
ÉMONDA SLR 6ではペダルを踏み込んだ瞬間からこのマシンの走りの軽さを体感することができます。剛性の抜群でマイルドな乗り心地になっています。

【スペック】
名称:ÉMONDA SLR 6
フレーム:カーボンフレーム
サイズ:47、50、52、54、56、58、60、62、64
重量:メーカー非公表
価格:690,000円(税抜き)

Cannodale(キャノンデール)SUPERSIX EVO HI-MOD DURA ACE 2

出典: http://www.cannondale.com/ja-JP/Japan/Bike/ProductDetail?Id=e17ed7e1-3354-4b50-b10c-9a9a10ccc609&parentid=46e6947b-e91d-489e-84de-f0c95965f4cf
本格的なレーシングロードバイクが欲しいという方にはこのマシンがおすすめです。急な坂道や平坦な道などどんなシーンでも走ることができるようにバランス良く作られています。

【スペック】
名称:SUPERSIX EVO HI-MOD DURA ACE 2
フレーム:カーボンフレーム
サイズ:48、50、52、54、56
重量:メーカー非公表
価格:660,000円(税抜き)

SCOTT(スコット)ADDICT 10

出典: http://www.scott-japan.com/products/node/2161
ADDICTの上位モデルのマシンで、世界各国のプロロードレースにも参戦しています。軽量なボディを生かしたヒルクライムでの走行性能が魅力的です。

【スペック】
名称:ADDICT 10
フレーム:カーボンフレーム
サイズ:47、49、52、54、56
重量:6.92kg
価格:580,000円(税抜き)

GIANT(ジャイアント)PROPEL ADVANCED PRO 0

出典: http://www.giant.co.jp/giant16/bike_datail.php?p_id=00000006
このマシンにはGIANTの最先端エアロシステムが使われています。剛性とハンドリング性能にすぐれているカーボンフレームを使うことによって中級者から上級者まで乗りこなすことができます。

【スペック】
名称:PROPEL ADVANCED PRO 0
フレーム:カーボンフレーム
サイズ:500、520、545
重量:7.5kg
価格:550,000円(税抜き)

予算100万円で購入出来るおすすめのロードバイク

ANCHOR(アンカー)RS9

出典: http://www.anchor-bikes.com/bikes/rs9.html
RS9はANCHORが持つ技術を駆使して開発された日本最高峰のレーシングロードバイクです。強者たちが集まるレースには欠かせないマシンの1台です。

【スペック】
名称:RS9
フレーム:カーボンフレーム
サイズ:430、460、490、520、550
重量:7.1kg
価格:775,000円(税抜き)

Cannodale(キャノンデール)SUPERSIX EVO HI-MOD DURA ACE 1

出典: http://www.cannondale.com/ja-JP/Japan/Bike/ProductDetail?Id=bb289481-f782-42a4-ba46-80f3c790fe93&parentid=46e6947b-e91d-489e-84de-f0c95965f4cf
ヒルクライムでの急な坂道でも楽に走行でき、下りでも安定したスピードを維持することができるバランスの取れたロードバイクです。全力でスプリントしたい方におすすめです。

【スペック】
名称:SUPERSIX EVO HI-MOD DURA ACE 1
フレーム:カーボンフレーム
サイズ:48、50、52、54、56
重量:メーカー非公表
価格:850,000円(税抜き)

LOUIS GAENEAU(ルイガノ)LGS-RTI

出典: http://www.louisgarneausports.com/lgs-rti.html
チタンフレームの弱点である重量も最新の技術で克服しており、なんと8kgを切る車体重量になっています。アルミフレームの快適な乗り心地、レースにも対応出来るスペックを持ったロードバイクです。

【スペック】
名称:LGS-RTI
フレーム:チタンフレーム
サイズ:490、520、550
重量:7.47kg
価格:760,000円(税抜き)

GIANT(ジャイアント)PROPEL ADVANCED SL 0

出典: http://www.giant.co.jp/giant16/bike_datail.php?p_id=00000002
先ほどご紹介した「PROPEL ADVANCED SL」の上位モデルです。「PROPEL ADVANCED SL」よりも全体の重量が0.5kg軽量化されており、エアロロードバイクの弱点である重さを完璧に克服しています。

【スペック】
名称:PROPEL ADVANCED SL 0
フレーム:カーボンフレーム
サイズ:680、710、740、770
重量:6.9kg
価格:850,000円(税抜き)

CANYON(キャニオン)ULTIMATE CF SLX 9.0 AERO

出典: https://www.canyon.com/ja/road/ultimate/2016/ultimate-cf-slx-9-0-aero.html
CANYONの最上級モデルです。スペックに関してはもちろんメーカー中で最強で、さらに性能だけではなく見た目の美しさも表現しているロードバイクです。

【スペック】
名称:ULTIMATE CF SLX 9.0 AERO
フレーム:カーボンフレーム
サイズ:2XS、XS、S、M、L、XL、 2XL
重量:6.5kg
価格:821,000円(税抜き)

BMC(ビーエムシー)teammachine SLR01

出典: http://www.bmc-racing.jp/bikes/slr01.php
ツール・ド・フランスを制覇したモデルの後継車となっています。良い部分は継承して、軽さや剛性、乗り心地の快適性をアップしたロードバイクです。

【スペック】
名称:teammachine SLR01 Dura Ace
フレーム:カーボンフレーム
サイズ:48、51、54
重量:6.6kg
価格:860,000円(税抜き)

PINARELLO(ピナレロ)DOGMA F8

出典: http://www.riogrande.co.jp/pinarello_opera/pinarello2016/dogma_f8.php
PINARELLOの最高傑作と言われている「DOGMA 65.1」を超えるために製作されたレーシングロードバイクです。DOGMA 65.1よりも剛性・空力性能がアップして、重量も軽くなっています。

【スペック】
名称:DOGMA F8
フレーム:カーボンフレーム
サイズ:42、44、46.5、47、50、51.5、53、54、55、56、57.5、59.5、62
重量:メーカー非公表
価格:726,000円(税抜き)

予算150万円で購入出来るおすすめのロードバイク

Cannodale(キャノンデール)SUPERSIX EVO HI-MOD TEAM

出典: http://www.cannondale.com/ja-JP/Japan/Bike/ProductDetail?Id=0e502415-bd02-4556-8d18-643b7672be12&parentid=46e6947b-e91d-489e-84de-f0c95965f4cf
世界最高峰のロードレース「ツール・ド・フランス」に現役で参戦しているロードバイクです。実戦から得た技術や経験をフルに取り込まれています。初代SUPERSIX EVOからいい部分は継承し、さらにパワーアップした最速ロードバイクになっています。

【スペック】
名称:SUPERSIX EVO HI-MOD TEAM
フレーム:カーボンフレーム
サイズ:48、50、52、54、56
重量:メーカー非公表
価格:1,350,000円(税抜き)

SCOTT(スコット)FOIL PREMIUM

出典: http://www.scott-japan.com/products/node/2138
FOIL PREMIUMはエアロロードの弱点であるフレームの重量を極限まで軽量化して、945kgという軽さを実現しました。フレームの剛性と乗り心地の一般的なロードバイクとは比べることができないです。車で言う「スーパースポーツカー」のような存在です。

【スペック】
名称:FOIL PREMIUM
フレーム:カーボンフレーム
サイズ:47、49、52、54、56
重量:6.82kg
価格:1,580,000円(税抜き)

CANYON(キャニオン)AEROAD CF SLX 9.0 LTD

出典: https://www.canyon.com/ja/road/aeroad/2016/aeroad-cf-slx-9-0-ltd.html
AEROAD CF SLX 9.0 LTDは「勝てるロードバイク」というコンセプトで製作されています。太いホイールを装着することで、今までにない空力性能を実現しています。本格的なレースに参加して結果を出したいという方にはおすすめです。

【スペック】
名称:AEROAD CF SLX 9.0 LTD
フレーム:カーボンフレーム
サイズ:2XS、XS、S、M、L、XL、2XL
重量:6.7kg
価格:1,045,000円(税抜き)

まとめ

今回の記事ではオススメのロードバイクをについてご紹介いたしました。10万円以下で買えるものから100万円を超えるものまで様々なロードバイクがありますが、「どのようなシーンで使うのか」「自分の少なデザインなのか」ほとんどの場合にはこの2つで決めて問題ないと思います。あとは予算と相談しながら自分にあったロードバイクを探していただければと思います。