【レクサスGS450h“versionL”】の試乗レポート。IS200tと乗り比べで分かった高級セダンの力

今回は「IS200t」と「GS450h」の贅沢な乗り比べがすることができました。国内外で人気が高く、最高級ブランドとして名高い”レクサス”。高級ブランドの激戦車格に投入された「GS」の実力を検証します。

レクサス GS450hとは

まずは今回試乗した「レクサス GS450h」のコンセプトや主要諸元、価格などをご紹介していきます。

GSは「Grand Touring Sedan」

「レクサス GS 」の「GS」は「Grand Touring Sedan」の「G」と「S」から名付けられました。

「この先に、かつてない歓びが待っている。そのドライビングはクルマと一体となって、心に翼を与える。品格と躍動感のさらなる深まりはクルマに近づき、乗り込み、アクセルを踏むと同時にあなたを未知の歓びへと旅立たせる。」というフレーズが与えられ、高級セダンとしての品格と走りを求めたコンセプトとなっています。

スペック(主要諸元)

型式:DAA-GWL10-BEXQB
全長:4,880mm
全幅:1,840mm
全高:1,455mm
ホイールベース:2,850mm
車両重量:1,860kg(F/L)、1,820kg(I)
燃費(JC08モード走行燃料消費率):18.2km
駆動方式:後輪駆動(FR)

エンジン型式:2GR-FXE
エンジン種類:V型6気筒DOHC
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
総排気量:3.456L
最高出力:217 (295) / 6,000 kW(PS)/r.p.m.
最大トルク:356 (36.3) / 4,500 N・m(kgf・m)/r.p.m.
燃料タンク容量:66L
燃料供給装置:筒内直接+ポート燃料噴射装置 (D-4S)

モーター型式:1KM
モーター種類:交流同期電動機
最高出力:147 (200) kW(PS)
最大トルク:275 (28.0) N・m(kgf・m)

販売価格

GS450h:7,428,000円
“I package”:7,824,000円
“version L”:8,435,000円
“F SPORT”:8,463,000円
と価格はこのクラスになるとさすがにプレミアムですが、それだけの価値があるということでしょうか? 今回は実際に乗ってみてそのプレミアムセダンの魅力に迫ります。



エクステリア

「アグレッシブなフロントフェイスと端正で伸びやかなサイドビューにより、躍動感と品格をダイナミックに表現した」と打ち出されているだけあり迫力のあるエクステリアデザインです。このサイズになるとスピンドルグリルの主張も全体と相まってそこまで前に出てこず、GSのフロントライト、いわゆる目のデザインが鋭く引き締まって見えます。この写真を見ているだけで引き込まれるものがあります。 出典: http://lexus.jp/models/gs/design/exterior_interior/index.html
公式WEBサイトには「レクサスを象徴するL字型に発光するLEDのヘッドランプとテールランプは、先鋭な光を放ち、残像となって、走り抜けるGSを鮮烈に印象づける」とありますが、少し攻撃的なヘッドランプと独立したL字型のランプが日本車離れしたインパクトと洗練された車を印象付けます。

インテリア

このクラスのレクサスのインテリアはどのレベルまできているのか?と、一昔前の日本車とベンツやBMWなどのいわゆる高級外国車の差をご存知の方は気になるところではないでしょうか? では、国内屈指のブランドの底力を覗いてみましょう。 ドアを開けると高級感に溢れた品格のある車内空間が広がっています。今回のシートカラーはトパーズブラウンというカラーネームでシックで自然と馴染むような色で高級感を盛り立てます。このシートカラーはノーマル以外で選択可能となっています。“version L”で5色からノーマルで2種類から選ぶことができます。
ドライビングシートに座るとゆったりとした座れ、車幅があることもあり、かなり広く感じました。パワースイッチを押すとステアリンングが下に、シートが前にと動きドライビングポジションに自動で動きます。
もちろんパワーシートになっていますので片手で自分好みのポジションに帰ることができ、メモリーも付いていますので自分好みのポジションにワンプッシュで変更も可能です。 上の写真を見ていただいてもわかると思いますが、12.3インチワイドディスプレイが圧倒的な存在感で、大きい画面で非常に見やすく、視力が悪い方も見やすいと思います。ステアリングも非常に高級感と重厚感があり、インテリアに関しては申し分ない完成度です。 シフトノブ及びセンターコンソールです。レクサスのドライバーが扱いやすいようにボタンや操作類の配置をすることに関しては評価が高いですが、今回もこれ以外の配置は考えられないほど完成度は高いです。しかし、車内が広いこともあり少し全体的にワイドな配置となっているように感じます。ですので体が小さい方には遠い感覚を持つかもしれません。

家族持ちには気になる後部座席

助手席を一番前に出した状態ですが、広々とした後部座席となっています。体格が大きい方でも狭いと感じることはなさそうです。

トランクスペース

このクラスに乗られる方はゴルフや旅行なども車で行くことも多いと思います。そんな方はしっかりと荷物を積めて人も乗せられるということが重要なポイントだと思いますが、その点「GS」は問題なさそうです。



試乗レポート

さて、本題の試乗レポートです。今回はIS200tと一緒に東京都内の市街地から東名高速で静岡県御殿場を経由し峠を越えての山梨県山中湖などいろいろな場面を走行しました。

エコ、ノーマル、スポーツ、スポーツ+の4つの走行モード

「GS」には4つの走行モードがあります。走行中でも選択可能ですので気分や状況で変える事ができます。 出典: http://lexus.jp/models/gs/performance/driving_performance/index.html
【ノーマルモード】
まずは普通に、という事でノーマルモードです。ノーマルとはいえ、500馬力ほどのハイパワーですので”普通”という表現は正しいかはわかりませんが、高速走行、一般道での走行全て難なくこなすパフォーマンスです。アクセルを踏み込まなければ扱いにくいほどまでは加速しませんので扱いやすいモードと位置づけできると思います。 【エコモード】
このクラスでもここまでパワーカットするのか、と感心するほど加速は緩やかになるエコに特化したモードです。とはいえ踏み込むと加速していきますが、このモードで速度を上げると余計に燃費が悪くなるように感じましたので、適切なモードを選ぶことが重要です。 【スポーツモード】
やはり、個人的に一番気になるのはスポーツモード。高級セダンで車重が重いとはいえ、500馬力弱のモンスターパワーの実力が気になります。このモードを高速で解禁しましたが、さすがのパワーで加速、トルクともに抜群です。しかしシャーシ剛性、足回りの安定性でスピード感がないので気がついた時にはスピード違反になってしまうのではと思う程のスムーズな加速です。獰猛な野獣という感覚はなく、マイルドな味付けではあるものの加速性能はすばらしいものがあります。 【スポーツ+モード】
走りのポテンシャルをフルに引き出すモードですが基本的にはスポーツモードと同じですが、ギア比可変ステアリングによってハンドリングがスポーティーになるため、高速道路を巡行する場合やサーキット走行などではその違いを感じることがきます。

素晴らしい最新技術

【プリクラッシュセーフティシステム】
衝突の回避や被害軽減を支援するシステムで、進路上の先行車などをミリ波レーダーで検出し、衝突する可能性が高いと判断した場合に警報やブレーキの制御により衝突回避を支援してくれます。
高速道路をオートクルーズで走行していて前方の車との距離が近づくと作動して減速します。

【レーンキーピングアシスト】
高速道路や自動車専用道路を走行中に、車線から逸脱する可能性を警告したり、車線からの逸脱を避けるためのステアリング操作を支援します。ウインカーを出さずに白線に乗り上げたりした際にはハンドルをグッグッグッと逆サイドにきるよう促してくれます。
また、レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)の作動中は、車線維持に必要なステアリング操作支援も行うといったもはや自動運転に近いことまでしてくれる優れた最新技術です。

【ブラインドスポットモニター】
こちらもメーカーオプションです。走行中、ドアミラーでは確認しにくい後側方エリアに存在する車両を検知すると上の写真のドアミラー内のインジケーターが点灯。車両を検知した状態でウインカーを操作するとインジケーターが点滅し、より注意を喚起してくれる安全面で味方してくれる頼れるシステムです。
駐車時も車体の各方面のセンサーが感知し、壁などと近くなっている箇所を言葉で指示をくれ、自分だけじゃなく車も目を持っているように感じます。

【アダプティブハイビームシステム】
こちらは“version L”のみ標準装備です。歩行者との事故の多くが夜間に発生する現実に対し、ハイビームによって視界を確保することにより、夜間の視認性向上に寄与します。ウインドシールドガラスに搭載した光検出用カメラで先行車のテールランプや対向車のヘッドランプ、周囲の明るさを判別。ハイビームの照射範囲内に車両を検知すると、11個 (片側) のLEDの点灯・消灯を制御することで、ヘッドランプの照射範囲を細やかに調整し、先行車や対向車に直接ハイビームを当てないように部分的に遮光します。先行車や対向車を眩惑することなく、ドライバーの視界確保を支援します。

【EVドライブモード】
これはハイブリッドであるGS450hならではの機能ですが、EVつまり電気の動力のみでの運転が可能になります。少しアクセルを踏み込んだり、速度が一定以上になると勝手に解除されてしまうので、省燃費用のシステムというよりも、公式ページにあるように、早朝・深夜の住宅地で静かに走ったり、排気ガスを入れたくないガレージでの出し入れに適しています。

レクサスIS200tとの乗り比べ

今回は運良くレクサスが誇る高級セダン「IS200t」との乗り比べをする事ができました。そこで見えてきた「GS」と「IS」の良し悪しを「GS」側から書きたいと思います。

実燃費

燃費を比較してみます。メーカー公表燃費をまず確認すると、「GS450h」18.2km、「IS200t」13.2kmと排気量約3.5Lエンジンを積むGS450hが意外にも燃費が高く、ハイブリッドシステムの力は偉大ですね。一方IS200tは排気量約2Lターボエンジンで、この車格としては十分な数値なのですが、GS450hと比べると少し燃費が悪く感じます。では、実際の燃費はどうなのかサンプルを取ることができました。 こちらは「GS」の高速道路のスポーツモードでの燃費です。さすがにスポーツモードでの高速走行でしたので、あまりハイブリッドの美味しいところは使用できず、メーカー公表燃費からは大分低く出ましたが、排気量約3.5Lエンジンを積んでいるにしては高燃費なのではないでしょうか。 一方こちらは「IS」のスポーツモードでの高速道路での燃費です。高速道路が空いていたこともあり、メーカー公表燃費に近く、この車格にしては悪くない数値になりましたが、燃費に関しては排気量が大きいGSが勝つという意外な結果でした。

インテリアの完成度

エクステリアに関してはどちらも完成度が高く、良し悪しの差などは好みの域ですのでインテリアのお話をさせていただきます。正直な所インテリアの完成度で言えば「GS」が圧倒しています。これは価格を見ても車格を見ても仕方のない話ですが、一つ一つのボタンの高級感や室内空間の広さなどは「IS」とは一線を画すものがあります。「GS」のインテリアは高級セダンの誇りと品格が漂うような高級感があり、ソファーのようなストレスフリーなシートで家の書斎のような感覚を持てるほどのクオリティが高い車内空間です。
(そんな立派な書斎を持ったことはありませんが雰囲気です、笑)

走行性能

パワーで見ると「GS450h」はエンジン、モーター合わせて495馬力、「IS」は245馬力と大差ですが、日本国内だとオーバースペックなほどのパワーとスピードが出ている「GS」は”良すぎる”と感じます。高速道路も気がついたら速度が出てしまう。もちろん一般道でも同じことが言えます。それに対し「IS」はターボが非常にいい味付けで、低回転では扱いやすく、高回転では楽しませてくれるというまさに”ちょうどいい”走行性能です。

とはいえ「気が付いたら速度が出てしまう」というのは、高級セダンの求められているところというか求めるべきところと言えます。というのは、速度が出ている出ていないに関わらず車内にはその影響を与えない足回りができているということで、今日の高級セダンはとしてなくてはならない要素です。それを加味すれば納得の完成度と言えます。

家族でドライブ、大人のドライブには最適

「GS」に乗っている。それだけで大人としての一つのステータスになる車の完成度だと思います。昔のアメリカ人のステータスがキャデラックだったように日本に定着していく。そんな予感がするプレミアムセダンと言えます。「IS」に比べスポーツ性はないですが、いわゆるツアラー的な要素はすべて兼ね備えていますので、家族とのドライブなどでは活躍すること間違いなしです。

本物の”レクサス”ブランド

「GS」の車内空間のクオリティを味わうと「CT」や「IS」とは格が違うと感じ、これが”レクサス”ブランドであると言わずとして語っています。この完成度の高さが国内外に評価が高い理由です。国内最高峰ブランド知らずして海外ブランド語ることならず。一度「GS」に乗って高いクオリティを味わってください。

IS200tの試乗レポートはこちら

今回は「IS200t」と「GS450h」の贅沢な乗り比べがすることができました。その中で老若男女から国内で人気の高い「IS」にスポットを当ててお話させていただきます。日本が世界に誇るレクサスブランドのスポーツセダンの実力を検証します。