名古屋のアーバン夜景スポット4選

元来見栄っ張りな気質といわれる名古屋人(結婚式が派手だったり)。夜景に関しても同様のことがいえるようで、どのスポットも、とても高いところにあったり、工夫が凝らされていたりと見るものを楽しませてくれるところばかり! 今回はそんな名古屋の都会的な(アーバンな)夜景スポットにあなたをご招待いたします。

名古屋エリアの夜景ドライブについて

言わずと知れた中部地方の中心地・名古屋。「東名阪自動車道」「東名高速道路」といった主要高速道路の他に、市内の環状道路や隣県への道路もしっかりと整備されています。城下町だけあって市内も「100m道路」と呼ばれる久屋大通や若宮大通を中心とした道路網の発展は素晴らしいもの。しかし「名古屋走り」に代表される交通マナーの悪さは有名なので、運転するときは注意が必要です。



若者に大人気!「ミッドランドスクエア スカイプロムナード」

名古屋の夜景スポットとして、最近人気が高いのがこのミッドランドスクエアのスカイプロムナードです。中部地方で最も高く、日本国内でも第7位の高さを誇るビルの44〜46階にある展望台。名古屋の街並みをほぼ360度一望できます。
夜になると定期的にミストを噴射して幻想的な雰囲気を演出したり、内壁の照明が点灯したりと、さまざまな工夫が凝らされます。さらに、このスポット最大のウリは屋外型ということ。つまり、屋根がないんです! 地上220mの風を全身で感じられ、晴れの日は夜景と一緒に満天の星空も眺めることのできる最高クラスの夜景スポットなのです。ただし、雨の日の場合、安全上の問題から傘はNGのため、レインコートがマストになるので要注意! 【基本情報】
スポット名:ミッドランドスクエア スカイプロムナード
住所:愛知県名古屋市中村区名駅4-7-1 ミッドランドスクエア
入場料金:通常券/750円、 一日券/1,050円
入場時間:11:00~22:00(最終入場21:30)※サマータイム(7/1~9/30)/11:00~23:00(最終入場22:30)、ウインタータイム(1/5~2月末日)/13:00~21:00(最終入場20:30)、大晦日/11:00~18:00、元旦/5:30~8:30(最終入場8:00)
定休日:無休

【駐車場】
あり

【アクセス】
名古屋高速都心環状線「錦橋出口」より10分

まるで空中を散歩するよう!「オアシス21」

公園やバスターミナルなどの公共施設と商業施設の複合施設・オアシス21。名古屋市が主催した「第1回名古屋まちなみデザインセレクション」で市民の投票によって選ばれた名古屋の中心地にある夜景スポットです。見上げればテレビ塔や栄の街並みを一望することができます。
写真を見てもわかるように屋上はまるで船のような形をしており、地面はなんと透明なガラス製! 「水の宇宙船」をテーマに宇宙船がフワフワと浮遊する無重力状態をイメージしてデザインされたもので、LED照明に照らされることで幻想的な世界が生み出されています。中央には噴水もあり、家族の憩いの場としても使えるスポットです。入場無料なのが嬉しい! 【基本情報】
スポット名:オアシス21
住所:愛知県名古屋市東区東桜1-11-1
電話番号:052-962-1011(オアシス21管理事務所)
入場料金:無料
入場時間:7:00〜21:00
定休日:無休

【駐車場】
あり

【アクセス】
名古屋高速道路都心環状線「東新町出口」より3分



駅直結!「JRセントラルタワーズ スカイストリート」

先述のミッドランドスクエアができるまでは、中部地方で最も高い建造物だったJRセントラルタワーズ。その名からも察しがつくようにJR名古屋駅の駅ビルで、なんと「世界一大規模な駅ビル」としてギネス・ワールド・レコーズに登録されています!
そんなセントラルタワーズの15階にあるのがスカイストリート。いわゆる展望台ではなく、ホテルとオフィスタワーのロビーをつなぐ地上70mに位置する通路です。他の夜景スポットに比べて特別高い場所にあるわけでもないのですが、駅近どころか駅直結という好立地が手伝って、いつも大勢の人で賑わう夜景スポットです。 【基本情報】
スポット名:JRセントラルタワーズ スカイストリート
住所:愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4
電話番号:052-586-7999 (タワーズインフォメーション)
入場料金:無料
入場時間:7:00〜24:00
定休日:無休

【駐車場】
あり

【アクセス】
名古屋高速6号清須線「明道町出口」より10分
名古屋高速道路都心環状線「錦橋出口」より5分

ノスタルジックな雰囲気が◎!「名古屋テレビ塔」

名古屋テレビ塔は昭和29年に建てられた、東京タワーとどことなく似たノスタルジー漂う夜景スポットです。もともとはテレビ電波塔として使われていたものの、2011年の地上波放送の終了に伴い、その主たる役目を終えました。しかし、長年にわたって名古屋市民の生活を見守ってきたテレビ塔は、市民に愛され憩いの場としての役目を今もまだ果たし続けています。
塔内に展望台は2つあり、ひとつは地上90mのスカイデッキで、もうひとつは地上100mのスカイバルコニーです。どちらも名古屋市街地はおろか、遠く鈴鹿山脈や御岳山まで視野に入れることができます。また、スカイバルコニーは、屋外デッキになっているので夜風に当たりながら夜景を楽しめます。 【基本情報】
スポット名:名古屋テレビ塔
住所:愛知県名古屋市中区錦3-6-15先
電話番号:052-586-7999 (タワーズインフォメーション)
入場料金:700円
入場時間:10:00~22:00(最終入場21:40まで)※1月~3月/10:00~21:00(最終入場20:40まで)
定休日:年に2日メンテナンス休館

【駐車場】
周辺にあり

【アクセス】
名古屋高速道路都心環状線「錦橋出口」より10分

まとめ

名古屋のちょっぴり見栄っ張りでアーバンな魅力満点の夜景スポットはいかがでしたか? 城下町だけあって市内はとても整備されており、どの夜景スポットからも美しいナイトビューを楽しむことができます。東京・名古屋間なら4時間程度で行ける距離なので、愛車をひとっ走りさせて名古屋の夜景に出会いに行きましょう!