利便性良し!スタイル良し!|国産・外車おすすめハッチバック15選

「車を選んでいるけど…なかなか良い車が見つからないな…」そう考えている人はいませんか? 車を選んでいる時は確かに楽しいですが「これだ!」と思う車が見つからないとモヤモヤしてきます。そこで皆さんにおすすめしたいのが「ハッチバッグ」です! 今回、ハッチバッグとは何か?から国産・外車おすすめハッチバッグを紹介していきます。

目次

ハッチバックとは?

それではまず、ハッチバックとは何かから見ていきましょう!

ハッチバックとは、独立した「後部トランクルーム」のスペースを無くし「跳ね上げ式後部ドア」を設けて人が乗るスペース・荷物を収納するトランクルームの隔たりを無くした車を指します。現在、ハッチバックの多くはより荷物を積載させるために、後部席が倒れる車が増えています。有名なハッチバックですと、上記の写真「フォルクスワーゲン ゴルフ」があります。



ハッチバッグの魅力3選

「ハッチバックについてはよく分かったけど…どうして他の車種よりおすすめできるの?」そのように感じる人も多いでしょう。それはハッチバックにしかない魅力があるからです! それではどのような魅力があるのか? 早速見ていきましょう!

ハッチバックの魅力(1):収納スペース

1つ目の魅力は収納スペースにあります。と言うのも、1人の時でしたらそのままでも良いですが例えば大きな商品を購入したとき、または買い物をし過ぎたと言うとき、後部座席を倒すだけで収納スペースを確保する事ができます。車種によっては後部座席が独立して倒せる車種もありますので、長物を購入したときには1つの座席を倒すだけで解決できます。

ハッチバックの魅力(2):ちょうど良い乗員人数

2つ目の魅力はちょうど良い乗員人数です。車には軽自動車からスポーツカー、ミニバンまで色々な選択肢があります。とは言え「軽自動車だと人は乗るけどパワー不足かな…」「スポーツカーだとパワーはあるけど人が乗らない…」「ミニバンみたいにそこまで乗員人数がいない…」と言ったように他の車種ですと、どうしても不満が出てしまいます。

一方ハッチバッグは乗員4~5人(運転手含めて)を想定しているため、ちょうど良い乗員人数を確保しているのです。車種の多くは1,000cc~2,000ccありますし、車種によっては「ターボ」を搭載しているためパワー不足もそこまで感じないでしょう。そのため友人を乗せる際に少なすぎず・多すぎない座席数を確保していますし、もし結婚してもそのまま家族を乗せるファミリーカーとしても利用できます。

ハッチバックの魅力(3):燃費が良い車種を多数揃えている

「あれ?もうガソリンが切れそう…」ガソリンのメーターを見てそのように言われる方もいると思います。特に通勤で使用していると、やはり気になるのが「燃費」でしょう。嬉しい事にハッチバックには燃費が良い車種を多数揃えているのです!

代表的な車種ですとトヨタの「アクア」ホンダの「フィットハイブリット」が挙げられます。カタログでも1リットルあたり30キロメートル走行できると記述があるように非常に燃費がよいです(走行状況によって燃費は変化します)他にもクリーンディーゼルのマツダ「デミオ」もありますので、もし燃費を気にされている方がいましたらよりハッチバックの魅力を感じられるでしょう。

国産・外車おすすめハッチバック紹介!

皆さんお待たせ致しました! ハッチバックの魅力をご理解いただけたところで、いよいよおすすめハッチバックを紹介していきます。今回「国産」「外車」の順に車種を紹介していきますので、少しでも皆さんの車選びのお役に立てれば幸いです。



国産おすすめハッチバック(1):TOYOTA(トヨタ)

TOYOTA(トヨタ)おすすめハッチバック(1):アクア 1,761,382円~

トヨタと言えば「アクア」が非常に有名な車種になります。特に秀でている「燃費」です。「アトキンソンサイクルエンジン」「高効率モーター」の組み合わせによって車業界でも驚きの「1リッターあたり37.0キロメートル」の燃費を実現したのです。その燃費性能とハッチバックの特徴が合わさり、2012年~2014年の販売台数は3年連続首位に輝いたのです!

そのため通勤で使用される方、または旅行で長距離移動をする方にとって最適なハッチバックと言えます。もし「デザインがもう少し違うのがいいかな…」と思いましたら、スポーツモデルの「G's AQUA」も用意されていますのでそちらもおすすめの1台になります。

ベースグレードの「L」、充実装備の「S」、上級グレードとなる「G」、シックな室内空間を演出した「G ブラックソフトレザーセレクション」を設定。今回、マイナーチェンジを行った。エクステリアは、1灯の光源でロービームとハイビームを切り替え可能なBi-Beam(バイビーム) LEDヘッドランプや新デザインのフロントバンパーによって、アクアの親しみやすさはそのままに、よりシャープな表情のフロントデザインとした。「G」、「S」には、動きのあるデザインの15インチホイールキャップを新たに採用したほか、ドアミラー、ドアハンドル、バックドアガーニッシュにメッキ加飾を施した「シャイニーデコレーション」をオプション設定。インテリアは、センタークラスターやサイドレジスターなどにピアノブラック塗装を施して質感を高めるとともに、「S」のインテリアカラーに先進感を表現したブルーブラックと華やかさを表すブリリアントレッドを新設定。また、アクアの個性を一層際立たせることを目指し、クロスオーバースタイルの新グレード「X-アーバン(X-URBAN)」を設定。「都会的なセンスのクロスオーバー」として、専用サスペンションの採用により最低地上高を20mmアップ。専用のフロントグリルやサイドマッドガード、ルーフモールなどの外装部品や16インチ専用アルミホイールを採用するなど、クロスオーバーらしいアクティブなイメージを体現している

出典:

www.goo-net.com

TOYOTA(トヨタ)おすすめハッチバック(2):オーリス 1,789,855円~

先代オーリスより一変したデザインとなった「オーリス」 現行型ですと、1,500ccのベース車両だけでなくMT設定のあるスポーツグレードの「RS」も用意されているため「ATではなくMTで楽しみたい」と言う方におすすめです。

しかし! オーリス最大の魅力は「ダウンサイジングターボ」が追加された「120t」です! これは2015年に追加されたモデルであり、ライバル車種である「ゴルフ」に対抗するためとも言われていました。「1200ccだからパワー不足かな…」このダウンサイジングターボはターボをプラスすることで1500cc以上のパワーを出す事に成功しています(120tは116馬力 1500ccのオーリスは108馬力)

その分値段も高くなりますが、エンジンだけでなくエクステリアに至るまで大きく変化していますので一度は違いを確かめてみることをおすすめします。

トヨタ「オーリス(AURIS)」は、1760mmのワイドな5ドアハッチバックモデル。今回、マイナーチェンジを行った。ラインアップは、6速マニュアルトランスミッションを搭載した「RS」、1.8L搭載の「180S」、1.5L搭載の「150X」、さらに「150X Cパッケージ」と、フォグランプや16インチアルミホイールを装着した「150X Sパッケージ」の2つのパッケージを用意。また、トヨタ自動車初の1.2L直噴ターボエンジン(8NR-FTS)を搭載した「120T」を新たに設定。エクステリアでは、ヘッドランプを強調するメッキモールを配したアッパーグリルやバンパーコーナー部まで開口を広げたフロントロアグリル、水平基調のリヤバンパーなどにより存在感を強調したほか、全長を55mm拡大。「RS」は専用デザインとし、ハニカムタイプのフロントグリルや、スポイラー(フロント・リヤバンパー)、サイドロッカーモールなどエアロパーツを採用。インテリアでは、ピアノブラックとサテンクロームメッキ加飾によりコントラストを強調したセンタークラスターと、各グレードの個性にあわせた4種類の加飾を施したインストルメントパネルを立体的に配置することで、上質かつ先進的なイメージを演出。メッキリング加飾を立体化した2眼コンビネーションメーターは、4.2インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイを組み合わせた。「120T」は、シリンダーヘッドと一体化したエキゾーストマニホールド、可変角を拡大したVVT-iW(吸気側)、先進の燃料噴射システムD-4T、アイドリングストップ機能(Stop&Start System)などの燃費向上技術も採用。滑らかな風合いのウルトラスエードと本革・合成皮革を組み合わせた専用シート表皮や、専用の木目調インストルメントパネル加飾を採用し、シートヒーター(運転席・助手席)、自動防眩インナーミラー、クルーズコントロールなどを標準装備。

出典:

www.goo-net.com

国産おすすめハッチバック(2):HONDA(ホンダ)

HONDA(ホンダ)おすすめハッチバック:フィット・フィットハイブリット 1,299,800円~

一時期低迷したホンダを救った救世主、それが「フィット」です! ハッチバックタイプのデザイン性と利便性の良さで、トヨタのアクアを脅かしたほどの人気を博した車です。ガソリン車の他にハイブリットモデルも揃えているため、燃費を気にされる方はハイブリッモデルをおすすめします。

とは言え、中には「スポーツモデルに乗ってみたいな…」そう考える方もいるでしょう。そこでフィットは「RS」グレード用意し、ハッチバックの利便性を確保しつつ走りの楽しみをプラスした車に仕上がっています。

ホンダの5ドアスモールカー、「フィット(FIT)」。「EARTH DREAMS TECHNOLOGY(アース・ドリームス・テクノロジー)」を投入し、全パワートレインを刷新。 1.3LアトキンソンサイクルDOHC i-VTECエンジンは、軽量コンパクト化とともにワイドレンジ化を図ったCVTにより、クラストップレベルとなる26.0km/L(FF車)の低燃費を実現。1.5L直噴DOHC i-VTECエンジンは、力強い走りと上質なフィールを実現し、従来モデルに対して最高出力を約10%向上。ラインアップは、ベースモデルの「13G」、装備の質感や機能性を高めるパッケージとして、「13G」にそれぞれ「F、L、Sパッケージ」を用意。運転席&助手席シートヒーターやコンビシート(プライムスムース×ファブリック)&専用インテリアを装備した「15XL」、スポーティモデルの「RS」を設定。今回、一部改良を行った。エクステリアは、フロントグリルをより立体的で質感の高いデザインに変更。インテリアは、プラズマクラスター技術搭載フルオート・エアコンディショナー(13Gを除く)を全タイプに標準装備。また、「13G」の「F、L、Sパッケージ」にセキュリティアラーム、ラゲッジルームランプ、助手席シートバックポケットを標準装備し、「15XL」、「RS」に「ナビ装着用スペシャルパッケージ」と「コンフォートビューパッケージ」を標準装備し、快適装備も充実させた。

出典:

www.goo-net.com

国産おすすめハッチバック(3):日産

日産おすすめハッチバック:ノート 1,464,480円~

日産のハッチバックと言えば「ノート」です! ノートは運転のしやすさ・乗車時の快適性・積載能力等で特に女性に人気を博した車です。安全性もCMで放送されているように厳重にしたのもユーザーにとって好感触だったようですね!

こちらもスポーツグレードとなる「ノートNISMO」と言うグレードを用意しています。ノートNISMOは上記の写真とは大きく異なり「今からでもレースに出れます!」と言わんばかりの高出力エンジンとデザインをしています。とは言え、ハッチバックの利便性を犠牲にしていませんので普段使いと走りの両立を確保した車になっています。

ショートノーズ&ロングルーフ、ミニバン風なデザインを持つ日産のコンパクトカー「ノート(NOTE)」。ラインアップは、1.2L 直列3気筒DOHCの「HR12DE」エンジン搭載車「X」、「X FOUR」、「メダリストX」、「メダリストX FOUR」、1.2L 直列3気筒DOHC直噴の「HR12DDR」エンジン搭載車「X DIG-S」、「X DIG-Sシンプルパッケージ」、「メダリスト」、スポーティなデザイン「ニスモ」、「ニスモS」を設定。特別仕様車では、「ライダー」、「アクシス」、「エアロスタイル」を設定。今回、これまで一部グレードでメーカーオプション設定となっていた「エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)」、「LDW(車線逸脱警報)」を全グレードに標準装備(ニスモ、ニスモSを除く)。パワートレインでは、「HR12DDR」エンジン搭載車に「停車前アイドリングストップ」を採用。「停車前アイドリングストップ」は、停車した後にエンジンを停止する従来のシステムに対し、停車する前からエンジンを停止させることで、よりアイドリングストップする時間を長くし燃費を向上させるシステム。これにより、「メダリスト」、「X DIG-S」は「平成32年度燃費基準+20%」を達成し、免税措置が適用。また、2WDの全グレードで、エンジン、トランスミッションのチューニングの最適化を図り燃費を向上。内外装ともにプレミアム感を高めた「メダリスト」を「HR12DE」搭載車の2WDおよび4WDにも設定。

出典:

www.goo-net.com

国産おすすめハッチバック(4):MAZDA(マツダ)

MAZDA(マツダ)おすすめハッチバック:デミオ 1,350,000円~

今までのデミオを一新してスポーティーなイメージに仕上げた「新型デミオ」3代目と現行型を比較すると「本当にデミオ?」と疑うほど、デザイン性に大きな違いが見られます。もちろん、マツダお得意のディーゼルエンジンを搭載したモデルも揃えております。今までと違ったマツダのデミオはおすすめできる一品に仕上がっています。

CX-5、アテンザ、アクセラに続く、マツダの新世代技術「SKYACTIV(スカイアクティブ)技術」と新デザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面的に採用した新世代商品の第4弾となるコンパクトカー、マツダ「デミオ」。バリエーションは、1.3L DOHCガソリンエンジン搭載の「13C」、「13S」、「13S Lパッケージ」、1.5L DOHCディーゼルエンジン搭載の「XD」、「XDツーリング」、「XDツーリング Lパッケージ」を設定。特別仕様車には、インテリアにこだわった2つの特別仕様車「ミッド・センチュリー(Mid Century)」、「アーバン・スタイリッシュ・モード(Urban Stylish Mode)」を設定。駆動は2WD(FF)と4WDを設定。今回、モータースポーツのベース車両として最適な装備を備えた「15MB(イチゴー・エム・ビー)」を新たに追加した。デミオ「15MB」は、ジムカーナやダートトライアルへの参加などを想定し、1.5Lガソリンエンジン「SKYACTIV‐G1.5」を搭載。吸排気バルブの開閉を最適に制御するデュアルS-VT(シーケンシャル・バルブタイミング)、エンジンオイルの流量を状況に応じて2段階に切り替え、エネルギーロスを低減するオイル潤滑システム、そしてスムーズな排気の流れを実現し、力強いトルクと高い燃焼効率を支える4-2-1排気システムを採用。全域でトルクフルなエンジンセッティングと、ギア比を最適化した6MTによって、モータースポーツの様々なシーンで、ストレスのない思い通りの走りを発揮できる。ナンバーを取得して公道走行が可能となっている。

出典:

www.goo-net.com

国産おすすめハッチバック(5):スズキ

スズキおすすめハッチバック:スイフト

スズキの車種でハッチバックといえば「スイフト」をおすすめします。低価格ながらスズキが培った「ワークス」の技術を大いに活用しているため、他の車種よりもコンパクトでありながら走りを楽しむ性能になっています。ちなみにMTもラインナップに揃えているため、MT好きの人にもおすすめできる車種です。

3代目となるスズキのコンパクトカー「スイフト(SWIFT)」。1.2L 直列4気筒エンジン(K12B型)に、副変速機構付CVTと5速マニュアルを組み合わせる。ラインアップは、ベーシックな「XG」、LEDサイドターンランプ付ドアミラーなど充実装備の「XL」、カーテン&サイドエアバッグやクルーズコントロール、パドルシフト採用の「XS」、また、「デュアルジェット エンジン」と「エネチャージ」をはじめとする低燃費化技術を搭載した「XG-DJE」、「XL-DJE」、「XS-DJE」を設定。グレード名の後に「デュアルジェット エンジン(Dual Jet Engine)」と「エネチャージ(Ene-charge)」を表す「DJE」を表記。特別仕様車では、欧州仕様のチューニングを施した足廻りとエアロスタイルを採用した「RS」を用意。今回、「XG」、「XG-DJE」をベースに特別仕様車「スタイル」、「スタイル-DJE」を設定し、「RS」に低燃費化技術を搭載した「RS-DJE」を追加設定。「スタイル」、「スタイル-DJE」のインテリアには、レザー調とラックススェードを組み合わせた専用シート表皮などを採用して質感を高め、専用ドアトリム表皮(スェード調)、オーディオスイッチ付本革巻ステアリングホイール (シルバーステッチ)などを採用。エクステリアには、専用メッキフロントグリル、切削加工とブラック塗装を施した16インチアルミホイールを装着し、スイフトの存在感を高める外観デザインを採用。車体色にはモノトーンに加え、2トーンルーフ仕様車も設定。また、リモート格納ミラーやIRカット機能付フロントガラス、プレミアムUVカットガラス(フロントドア)、専用エンブレムなどを装備。さらに、ディスチャージヘッドランプ、フロントフォグランプ、LEDイルミネーションランプをセットでメーカーオプション設定。「RS-DJE」には新アイドリングストップシステム、デュアルジェット スイフト専用メーター、アイドリングストップエンブレムを装備し、「RS」、「RS-DJE」共にLEDイルミネーションランプを採用。

出典:

www.goo-net.com

外車おすすめハッチバック(1):Volkswagen(フォルクスワーゲン)

Volkswagen(フォルクスワーゲン)おすすめハッチバック:ゴルフ 2,490,000円~

フォルクスワーゲンが躍進したきっかけとなった車種、それが「ゴルフシリーズ」です。1974年から販売が始まり、現在も走る楽しさを私達に提供してくれる車です。ゴルフ愛好家が集まる集会も各地で開催されているため、もしゴルフを手に入れましたら集会に参加するのも良いでしょう。

7世代目となる「ゴルフ(GOLF)」。ラインアップは、1.2L TSIエンジンを搭載し、レザーステアリングホイールや15インチアルミホイールなどを標準装備した「TSI トレンドラインブルーモーションテクノロジー」、アダプティブクルーズコントロール「ACC」や、2ゾーンフルオートエアコンディショナー、リヤビューカメラ、マルチファンクションステアリング等、充実した快適装備を備えた「TSI コンフォートラインブルーモーションテクノロジー」、専用デザインの17インチアルミホイールやダークテールランプ、デュアルエキゾーストパイプ等を採用した「TSI ハイラインブルーモーションテクノロジー」を設定。1.2L TSIエンジン搭載車は、車両重量わずか1,240kgという軽量化の効果と相まって、21.0km/L(JC08モード)の燃費を実現。1.4L TSIエンジン搭載車は、負荷の少ない運転時は、4気筒のうち2気筒が休止する自動気筒休止システム‐アクティブシリンダーマネジメント(ACT)を、ゴルフとして初めて採用。これにより、19.9km/L(JC08モード)の燃費を実現。安全性においては、コンパクトカーとしての最高水準の装備を提供。クラス最高の9つのエアバッグに加えて、アップ!で好評のシティエマージェンシーブレーキを更に進化させ、ミリ波レーダーを採用したプリクラッシュブレーキシステム 「Front Assist Plus」を標準で搭載。さらに、2次衝突の危険を軽減するマルチコリジョンブレーキシステム、事前にシートベルトのテンションを高め、エアバッグの効果を高めるためにウインドーを閉じるプロアクティブ・オキュパント・プロテクションシステムなど数々の予防安全装備をこのクラスで初めて全車標準装備。さらに、ドライバーのステアリング操作や角度をモニタリングし、疲労や眠気による急なステアリング操作などを検知して警告音と警告表示で休憩を促すドライバー疲労検知システム「Fatigue Detection System」を装備した。ボディカラーはコミュニケーションカラーの「パシフィックブルーメタリック」を含む全8色用意。全モデル右ハンドルの設定。

出典:

www.goo-net.com

外車おすすめハッチバック(2):Audi(アウディ)

Audi(アウディ)おすすめハッチバック(1):A1 2,490,000円~

アウディが「もっと身近にアウディを味わっていただきたい」と言う思いで製造したエントリーモデル、それが「A1」です! プラットフォームはフォルクスワーゲンのポロと共通しているため、アウディの中では最もコンパクトなモデルに仕上がっています。

高出力ではない1,000ccですが、ターボチャージャーが付く事によって最高出力95馬力を実現するなど、コンパクトモデルながらスポーティーな乗り味も楽しめる一台に仕上がっています。

Urban egoist(アーバンエゴイスト:自分の価値観を大切にする、高い審美眼を持つユーザー)をコンセプトに、先進的で力強いデザイン、機敏な運転性能と高い環境性能をあわせ持つアウディプレミアムコンパクトカー「A1」。アウディの持つ特長を、全長4mに満たないコンパクトなボディに凝縮した1台となる。ラインアップは、「1.4TFSI」をベースに、S lineエクステリア等を含めたパッケージを装着した限定車「アドマイアードプラスリミテッド」(限定110台)を設定。今回、1L 直噴3気筒 DOHCインタークーラー付ターボチャージャーエンジン搭載の「1.0TFSI」、「1.0TFSIスポーツ」、1.4L 直噴4気筒 DOHCインタークーラー付ターボチャージャーエンジン搭載の「1.4TFSI シリンダーオンデマンド スポーツ」を追加設定。いずれのエンジンも7速Sトロニックを組み合わせる。アウディ史上初となるこの3気筒エンジンは、最高出力95馬力、最大トルク160Nmを発揮し、JC08モード燃費はアウディとして過去最高の22.9km/Lを達成。また、昨年より導入した革新的な気筒休止システム・シリンダー オン デマンド(Cylinder on Demand)を備えた1.4TFSIエンジンは140馬力から150馬力へと出力向上。エクステリアではヘッドライトやLEDテールランプ、前後バンパーやワイドになったシングルフレームグリルなどのデザインを変更、全長が20mm長くなりよりシャープで力強い印象となった。インテリアではアルミニウムルックやハイグロスブラックの装飾を増やし上質さを高めた。電動パワーステアリングを新たに採用し、燃費向上と高い走行安定性を実現。また、「1.0TFSIスポーツ」をベースに限定モデル「1stエディション」(限定115台)を設定。「1.0TFSIスポーツ」には設定のないオプションアイテム、ドアシルトリムをはじめ、パドルシフト付の3スポークレザーマルチファンクションステアリングホイールを装着。さらにはナビキセノンプラスパッケージ(MMI 3G+ナビゲーションプラス、バイキセノンヘッドライト、自動ヘッドライトレンジコントロール、ヘッドライトウォッシャー)、ボディ同色ドアミラーなどを標準装備。全車右ハンドルのみの設定。

出典:

www.goo-net.com

Audi(アウディ)おすすめハッチバック(2):A3 3,030,000円~

A1がエントリーモデルですと、A3は大人のプレミアムモデルになります。先代よりも多少大型化する事で、乗車した時の圧迫感を軽減し乗り心地の良さを向上させることができます。1,400ccながらパワー不足を感じさせないターボチャージャーは、さすがドイツの車メーカーの十八番と言えるところでしょう。ちなみに、A3では日本発となる「Wi-Fi」搭載車種となっています。

世界的なプレミアムコンパクトクラスに位置する、アウディ「A3 スポーツバック(Sportback)」。エントリーモデルである「1.4TFSI」は、直列4気筒 1.4L 直噴TFSI ICターボを搭載した7速Sトロニック、パワートレインFSI(=直噴ターボエンジン)を搭載した「1.4TFSI シリンダーオンデマンド」、1.8L 直噴FSIターボ「1.8TFSIクワトロ」は輸入プレミアムコンパクトクラスでは唯一となるフルタイム4WDシステム「クワトロ」、6速Sトロニックを採用。アイドリングストップ機構「スタートストップシステム」を搭載。今回、価格改定を行った。全車右ハンドルのみの設定。

出典:

www.goo-net.com

外車おすすめハッチバック(3):BMW(ビーエムダブリュー)

BMW(ビーエムダブリュー)おすすめハッチバック:1シリーズ 2,980,000円~

2011年6月から発売された2代目「1シリーズ」現在もマイナーチェンジを続け、更に魅力的な車に仕上がっています。一般的な1シリーズで満足できない方のために「スポーツ」「Mスポーツ」と言ったモデルを用意し、1シリーズ内でも差別化を図っています。

そしてドイツの車メーカーが得意とする「ダウンサイジングターボ」によって、高出力・高馬力を実現しています。これはBMWの上位シリーズ「Mクラス」でも使用されてきたものであり、例えMクラスでなくてもエンジンフィールを感じる事ができます。Mクラスの遺伝子を感じたい! そう考える人がいましたら「M135i」をおすすめします。

BMW1シリーズは2004年9月から日本で発売を開始。以来、プレミアムコンパクトセグメントでは唯一の後輪駆動(FR)を採用する、5ドアハッチバック。ラインアップは、直列4気筒DOHC 1.6Lツインスクロール・ターボ・エンジンを搭載する「116i」は最高出力136馬力、「120i」は170馬力と、異なる出力特性となっている。トランスミッションは8速ATを採用し「116i」、「120i」それぞれのモデルのベース車に専用のエクステリア/インテリア・パーツなどを採用することでデザインを差別化した、デザイン・ラインの「スポーツ」、「Mスポーツ」、「スタイル」を用意。さらに、177馬力を搭載する「120i」の「スポーツ」、「Mスポーツ」、「スタイル」も用意。また、1.5L 直列3気筒BMWツインパワー・ターボ・ガソリン・エンジンを搭載した「118i」、「118i」の「スポーツ」、「Mスポーツ」、「スタイル」を設定。さらに、Mの遺伝子が組み込まれ、320馬力/326馬力を搭載する「M135i」を用意。直列6気筒DOHC 3Lツインスクロール・ターボ・エンジンを搭載。トランスミッションは、8速スポーツATを採用。今回、価格改定を行った。全モデル右ハンドル仕様のみ。

出典:

www.goo-net.com

スポーツモデル おすすめハッチバック

HONDA(ホンダ):CR-Z 2,700,000円~

ホンダの人気スポーツカー「CR-X」の魂を受け継ぐホンダ渾身のハイブリットスポーツカーそれが「CR-Z」です! 先代のCR-Xと比較して安全性・静寂性・運転のしやすさを向上し、どなたでも楽しめるハイブリットスポーツカーに仕上げています。

また2015年10月のマイナーチェンジによりデザインを一新しただけでなく、よりスポーツカーを操っている楽しさを味わえるよう135馬力まで向上させています。そして室内にもスポーツサウンドを楽しめるように「アクティブサウンドコントロール」を搭載したのも魅力的なポイントです。

「Emotional=見て、触れて、ときめく」、「Exciting=積極的に走りたくなる」、「Smart=エコで、使えて、自己を解放できる」の3つの価値を持つクルマを目指して開発されたクーペタイプのハイブリッドカー「CR-Z」。パワートレインは1.5L i-VTECエンジンとIMA(インテグレーテッド・モーター・アシスト)を組み合わせたホンダ独創のハイブリッドシステムを搭載する。ミッションタイプはCVTまたは6速MTが選択可能。リアハッチバックを持った3ドアで4名定員。ラインアップは、ベースグレードの「a(アルファ)」、17インチタイヤ、コンビシート、安心パッケージを装備した「a マスターレーベル(Master label)」の2タイプを設定。今回、マイナーチェンジを行った。フロントとリアおよびサイドのデザインを変更するとともに、インラインタイプのLEDヘッドライトや新デザインのアルミホイールを採用したことにより、流麗で存在感あるスタイルに仕上げた。また、リアトレッドの10mm拡大や、サスペンションのチューニング、ブレーキ性能の強化などにより、高速やワインディング走行時の安定性を高めた。さらに、「電子制御パーキングブレーキ」や、エンジンサウンドを演出する「アクティブサウンドコントロール」、静粛性を高める「アクティブノイズコントロール」を装備。「a(アルファ)」のボディカラーは、「ミラノレッド」を含む全5色、「a マスターレーベル(Master label)」のボディカラーは、2トーンカラースタイルを含む全9色用意。

出典:

www.goo-net.com

HONDA(ホンダ):新型シビックタイプR

ホンダ渾身のスポーツカー「シビック タイプR」がハッチバックとして再び戻ってきました! セダンタイプの「FD」が2010年に、ハッチバックタイプの「FN2」が2012年に生産を終了してからは「ホンダの魅力が激減した」とファンが嘆く中、待望のタイプRがハッチバックの2,000ccながら最高出力310馬力を発揮するモンスターマシンに変身しました!

販売に関してはホンダのホームページ上で申し込みを行い「抽選」の上で購入できるか否かが決定します。そのため残念ながら確実に購入できるとは限りません。そしてなんと、シビックタイプRが2015年東京モーターショーで出展されます! 一度は自分の目で新型のシビックタイプRを見ることをおすすめします。

“走る・曲がる・止まる”という、クルマの基本性能を極限まで磨き上げ、サーキットから一般公道まで異次元のドライビングを堪能できる走行性能を目指しました。エクステリアデザインはエアロダイナミクス性能を高め、パワートレインには、新開発の「2.0L VTEC TURBOエンジン」を初搭載。Honda独創のVTECに直噴技術、ターボチャージャーを組み合わせ、最高出力310馬力 [※3] 、最大トルク400N・m [※3] という歴代TYPE Rモデル最高の性能を達成し、6速マニュアルトランスミッションとのコンビネーションにより、開発過程においてドイツ・ニュルブルクリンク北コースでFF量産車最速タイム [※4] を記録するなど、高い走行性能を発揮します。

出典:

www.honda.co.jp

MAZDA(マツダ):アクセラスポーツ 1,760,400円~

アクセラスポーツも新型デミオ同様、新型として戻ってきた時「本当にアクセラスポーツ?」と驚かれるほどの一新にファンは非常に驚きました。しかしデザイン性だけでなく、利便性、そしてマツダが掲げる「人馬一体」の乗り味を存分に楽しめるスポーティな走りができます。手頃な価格帯で楽しめるスポーティーなハッチバックとしておすすめの一品です。

スポーツコンパクトの3代目マツダアクセラシリーズ。バリエーションには、5ドアハッチバック「アクセラスポーツ」、4ドアセダン「アクセラ」、チューニングスポーツ「マツダスピードアクセラ」、ハイブリッドモデル「アクセラハイブリッド」を用意。「SKYACTIV技術」の他、先進安全技術「i‐ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を採用。「アクセラスポーツ」のラインアップは、SKYACTIV‐G 1.5搭載の「15C」、「15S」、SKYACTIV‐G 2.0搭載の「20S」、「20Sツーリング」、「20Sツーリング Lパッケージ」、SKYACTIV‐D 2.2搭載の「XD(クロスディー)」、上級機種「15S ツーリング」を設定。トランスミッションには、SKYACTIV‐DRIVE(6AT)と、SKYACTIV‐MT(6MT)を組み合わせる。エクステリアは、マツダの新世代商品共通のデザインテーマ「魂動‐Soul of Motion」を採用、ダイナミックで生命感のある動きをコンパクトなCセグメントのサイズで実現。今回、マツダの新世代4WDシステム「i‐ACTIV AWD(アイアクティブ・エーダブリュディ)」搭載の「15S ツーリング」を追加。また、車両後方の検知システムを刷新し、マツダとして最新の安全装備である、走行中に後側方から接近する車両を検知してドライバーに知らせる「ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)」、駐車場などで後退する際に接近する車両を検知してドライバーに知らせる「リア・クロス・トラフィックアラート(RCTA)」を採用。ドライバーの危険認知支援を強化し、接触事故のリスク低減をサポート。さらに、AT制御の改良により、SKYACTIV-G 1.5搭載車(6EC-AT・2WD)の燃費を向上し、JC08モード燃費で20.4km/Lを達成。

出典:

www.goo-net.com

SUBARU(スバル):インプレッサスポーツ・インプレッサハッチバックSTI 1,598,400円~

「走りも楽しめて利便性もある、スポーティーなデザインが良いな!」と言う方におすすめしたいのがインプレッサスポーツです。CMでもたびたび紹介されているように1,600cc~2,000ccであり、雪道でも負けないフルタイム4WDを搭載しております(グレードによって異なります)手頃な価格帯であり、普段使いからアウトドアにも持って来いの利便性を持っているため一家に一台は欲しい車です。

そして「ハッチバックタイプの本格スポーツカーに乗りたい!」と言う人にはインプレッサハッチバックSTIをおすすめします。これは先述のスポーツとは異なり本格的なスポーツカーであり、利便性を保ちながら2,000ccのターボは300馬力以上を出すモンスターマシンに仕上がっています。その分価格も高騰しますが、本格スポーツのハッチバックに乗りたいならインプレッサハッチバックSTIをおすすめします。

5ドアハッチバックスタイルの「インプレッサ スポーツ」と4ドアセダンスタイルの「インプレッサ G4」の2つのボディタイプをもつ、スバル「インプレッサ(IMPREZA)」。グレードは、水平対向4気筒DOHC 1.6Lの「1.6i」、「1.6i-L」、「1.6i-S」、2Lの「2.0i」、「2.0iアイサイト(EyeSight)」、「2.0i-S」、「2.0i-Sアイサイト(EyeSight)」をラインアップ。搭載エンジンはFB型ボクサーエンジンを採用。組み合わされるトランスミッションは、リニアトロニックCVTを採用。「1.6i」、「1.6i-L」の4WDには5速MTも用意。特別仕様車には「2.0iアイサイト アクティブスタイル」、「1.6i-L」、「2.0i」、「2.0iアイサイト(EyeSight)」をベースに特別仕様車「1.6i-L プラウドエディション」、「2.0i プラウドエディション」、「2.0iアイサイト プラウドエディション」を設定。今回、1.6Lモデルにアイサイトを搭載した、「1.6i-Lアイサイト」、「1.6i-Sアイサイト」を設定。1.6Lのアイサイト搭載モデルは、タイヤ・ホイール・ブレーキサイズを2.0Lモデルと同等とし、リヤスタビライザーも採用する等、走りの安心感を更に高めた。また、「1.6i-Lアイサイト」をベースに特別仕様車「1.6i-Lアイサイト プラウドエディション」を設定。ボディカラーは、「ダークブルー・パール」を含め全6色用意。

出典:

www.goo-net.com

5ドアハッチバックスタイルに4ドアセダンモデルを追加した、スバル「インプレッサ(IMPREZA)」。インプレッサWRXシリーズは、2L、ターボ(6速MT:308馬力)搭載「WRX STI」、それをベースにした専用の2.5L 水平対向4気筒ターボエンジン(5速AT:300馬力)を搭載する「WRX STI Aライン」、特別仕様車では、「WRX STI Aライン タイプS パッケージ」、「WRX STIスペックC 18インチタイヤ仕様車」、「WRX STIスペックC 17インチタイヤ仕様車」をラインアップ。また、「WRX STIスペックC」の、18インチタイヤ仕様車と17インチタイヤ仕様車に4ドアモデルを追加。4ドアモデルでは、リアワイパーやリアフォグランプを非装備とし、17インチ仕様車では大型リヤスポイラーも非装備とすることで、リヤ回りの軽量化も図った。また、4ドア、5ドアとも17インチ仕様にフルオートエアコンをメーカー装着オプション設定。17インチ仕様のリア中央席にヘッドレストと、3点式シートベルトを追加した。また、「WRX STI」、「WRX STI Aライン」に新デザインの18インチアルミホイールを採用し、走行性能の向上を図った。これまで「WRX STI Aライン」にメーカー装着オプションで展開していた、プレミアムパッケージ(プレミアムタンインテリア&BBS製18インチ鍛造アルミホイール)を6速MTモデルでも選択可となった。また、トランクガーニッシュをボディ同色とし、ボディとの一体感を高めた(4ドアモデル)。

出典:

www.goo-net.com

スズキ:スイフトスポーツ 1,728,000円~

「手頃な価格、そしてハッチバックでスポーツカーのような味わいを楽しみたい」それでしたらスイフトスポーツをおすすめします! スイフトスポーツはスイフト以上に「ワークス」の魂を受け継ぐ渾身のモデルであり、1,100トンに満たない軽量ボディ・高出力・高トルクが相まって本当の走りの楽しみを味わう事ができます。もちろん利便性についてはスイフト同等のため、積載能力や乗員人数に変更は特にありません。

スイフトをベースに「走る・曲がる・止まる」という車の基本性能を徹底的に追求したコンパクトスポーツモデル「スイフトスポーツ」。可変吸気システムの採用や、冷却システムの改善など、専用チューニングを施した1.6Lエンジンを搭載し、加速性能と燃費性能を両立させた6速マニュアルトランスミッションと専用の副変速機構付CVTを採用。歩行者傷害軽減ボディ、頭部衝撃軽減構造インテリアを採用。ボディ骨格には高張力鋼板を積極的に使用するとともに、ホイールやタイヤ、ブレーキなどの軽量化によりバネ下重量を軽減。衝突安全性能や走行性能を高めながらも車両重量を約10kg軽量化した。強度と軽量化を両立した専用の17インチアルミホイール及び195/45R17サイズのタイヤ、エンジン性能の高さを表現する大開口フロントグリル、キーレスプッシュスタートシステムを装備。その他、低重心イメージを演出するサイドアンダースポイラーや、特徴的な3本フィン形状がアグレッシブさを強調する、大型フォグランプベゼルなどを装備する。専用車体色の黄色(チャンピオンイエロー4)をはじめ、全6色を用意。今回、一部改良を行った。

出典:

www.goo-net.com

最後に|おすすめハッチバックは何?

いかがでしたでしょうか? 国産・外車を含めると多数のハッチバックがあります。とは言え、皆さんの中には「こんなに多いと迷うな…どれがおすすめなの?」と思う人もいるでしょう。そこで私見ながら、おすすめのハッチバックを分野別に分けて紹介します。

●ハッチバックに燃費を求める

・トヨタ アクア
・ホンダ フィットハイブリット
・マツダ デミオ

●普段使いが便利なハッチバック

・日産 ノート
・スズキ スイフト
・フォルクスワーゲン ゴルフ

●他の人と違ったハッチバックに乗りたい!

・アウディ A3
・アウディ A1
・BMW 1シリーズ

●スポーティーなハッチバックに乗りたい!

・スバル インプレッサハッチバックSTI
・マツダ アクセラスポーツ
・ホンダ CR-Z
・スズキ スイフトスポーツ

以上となります。
今回紹介したハッチバックが皆さんの車選びに少しでもお役に立てれば幸いです。もし気になった車種がありましたら実物を一度は見ることをおすすめします。