【SUPERGT2016】開催日程&チケット情報!!

2016年のSUPER GT(スーパーGT)シリーズの開催スケジュールををまとめました。今年も熱い季節がやってきます。是非お住いの地域から近くのサーキットで開催の際は見に行ってください。最新更新:2016年3月11日

SUPER GT(スーパーGT)とは

全日本GT選手権を前身として2005年から開催されているレースシリーズです。国内で開催されている自動車レースのシリーズとしては、1レース当たりの観客動員数は3万人〜6万人と最大で、スーパーフォーミュラと並んで国内最高峰の自動車レースです。その注目度から国内外の様々な自動車メーカーが参加しています。GT500クラスとGT300クラスという異なる2つのクラスの車両が同一コースを混走するという方式で両クラスの速度差から徐々に混走状態となり、コースの所々で抜きつ抜かれつの激しいレースが展開されます。その為、観客にはより楽しめるエキサイティングな場面が増え、ドライバーには両クラスに注意しつつポイントを見極めながらタイムロスを抑えて上位を目指し走行するという高いスキルが求められるレースとなっています。シリーズ戦の中で成績によりウェイト (重り) が加算されていくウェイトハンデ(Weight Handicap: WH)制やリストリクターの導入などで、各車両の性能を調整して力を拮抗させることで白熱のレース展開となる様な演出がなされているため、シーズン終盤までポイントが僅差となることも珍しくなく、シーズン最終戦まで目が離せません。レース距離は250km〜1,000kmのセミ耐久レースで、2人のドライバーが組み、ドライバー交代が義務付けられています。認知度やレベルの向上などもあり、F1、WEC、DTMなど海外のトップカテゴリーを経験したドライバーが参戦する例も増えています。



2016年SUPER GT開催スケジュール

今年も激戦必須のSUPER GT。今年の開催スケジュールは以下の通りです。

Round1 OKAYAMA

出典: https://supergt.net/races/index/2016/Round1
大会名称:2016 AUTOBACS SUPER GT Round1 OKAYAMA GT 300km RACE
開催サーキット:岡山国際サーキット
開催日時:2016年4月9日〜10日
同日開催:FIA-F4選手権 第1戦・第2戦・Porsche Carrera Cup Japan 2016 第1戦・第2戦

チケット購入はこちら

Round2 FUJI

出典: https://supergt.net/races/index/2016/Round2
大会名称:2016 AUTOBACS SUPER GT Round2 FUJI GT 500km RACE
開催サーキット:富士スピードウェイ
開催日時:2016年5月3日〜4日

チケット購入はこちら

Round3 AUTOPOLIS

出典: https://supergt.net/races/index/2016/Round3/
大会名称:2016 AUTOBACS SUPER GT Round3
開催サーキット:オートポリス
開催日時:2016年5月21日〜22日

Round4 SUGO

出典: https://supergt.net/races/index/2016/Round4/
大会名称:2016 AUTOBACS SUPER GT Round4
開催サーキット:スポーツランドSUGO
開催日時:2016年7月23日〜24日

Round5 FUJI

出典: https://supergt.net/races/index/2016/Round5
大会名称:2016 AUTOBACS SUPER GT Round5
開催サーキット:富士スピードウェイ
開催日時:2016年8月6日〜7日

Round6 SUZUKA

出典: https://supergt.net/races/index/2016/Round6
大会名称:2016 AUTOBACS SUPER GT Round6
開催サーキット:鈴鹿サーキット
開催日時:2016年8月27日〜28日

Round7 THAILAND

出典: https://supergt.net/races/index/2016/Round7
大会名称:2016 AUTOBACS SUPER GT Round7
開催サーキット:チャン・インターナショナル・サーキット
開催日時:2016年10月8日〜9日

Round8 MOTEGI

出典: https://supergt.net/races/index/2016/Round8
大会名称:2016 AUTOBACS SUPER GT Round8
開催サーキット:ツインリンクもてぎ
開催日時:2016年11月12日〜13日

2016年シーズンの見どころ

3月2日、SUPER GT(スーパーGT)をプロモートするGTアソシエイションは、2016年シリーズエントリーリストを発表した。GT500クラスは昨年同様15台、GT300クラスは昨年より増え、30台がエントリー。今年も激戦が予想されます。そんな中で簡単に今シーズンの見どころをお届けします。

GT500クラス

毎年国内外のトップドライバーで争われ、トヨタ、日産、ホンダ3社の技術競争でもあります。とはいえサーキットに出れば敵も味方もなく同メーカーでも容赦ない駆け引きで楽しませてくれます。

まずはホンダ勢は昨年同様5チーム5台体制で参戦。「NSX CONCEPT‐GT」のパワートレインコンセプトを見直し、ハイブリッドシステムを非搭載とした2.0L直列4気筒直噴ターボエンジンでタイトル獲得を目指す。そんな中でも注目は昨年のランキング3位、TEAM KUNIMITSUのRAYBRIG NSX CONCEPT-GT、ドライバーは山本 尚貴と伊沢 拓也。昨年ホンダに唯一の勝利をもたらしたコンビがホンダに2010年以来5年ぶりにチャンピオン獲得をもたらすか注目です。

次はトヨタです。こちらも昨年同様6チーム体制で参戦。トヨタ勢として3勝を挙げるも最高ランキングでいえばLEXUS TEAM KeePer TOM'Sのランキング4位が最高とメーカー3社で最下位の成績。LEXUS TEAM KeePer TOM'Sは昨年2勝で昨年2年連続でチャンピオンを獲得したNISMOと並び最多勝なだけに悔やまれます。昨季LEXUS TEAM KeePer TOM'Sのエースドライバー、アンドレア・カルダレッリがLEXUS TEAM LEMANS WAKO'Sに移籍し大嶋 和也と新コンビ。昨季大嶋とコンビを組んだ国本 雄資がLEXUS TEAM WedsSport BANDOHに移籍し関口 雄飛と新コンビを組みます。国本、関口共に今後トヨタのエースを担うドライバーでどこまで躍動するか期待がかかります。それ以外にもLEXUS TEAM ZENT CERUMOはGT最速男、立川 祐路と昨年のSFチャンピオン石浦 宏明の超実力派コンビ、LEXUS TEAM SARDは昨年同様、元F1ドライバー、ヘイキ・コバライネンと平手 晃平のコンビ。昨年は悔し涙を流したトヨタ勢が雪辱を果たすのか、期待がかかります。

最後は日産です。こちらも去年同様4チーム体制。日産はNISMOが昨季2年連続チャンピオンを獲得し、日産勢で4勝を挙げるという成績で強さを見せました。今年3年連続のチャンピオンがかかるディフェンディングチャンピオンのNISMOは松田 次生、ロニー・クインタレッリのチャンピオンコンビで今年もチャンピオン争い必須で、昨年ランキング2位ながら日産唯一の勝利なしに終わったTEAM IMPULも安田 裕信、ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラで昨年と変わらない体制で勝利を目指します。特に気になるのはMOLA。ドライバーは言わずとしれたレジェンド本山 哲とブランパン耐久チャンピオン、バサースト12時間優勝した千代 勝正の新コンビです。ドライバーの実力は申し分ないのでマシンの性能と運を引き寄せることができればチャンピオンの可能性も大いにあります。

GT300クラス

今年は年間エントリー台数30台と多く、激戦が予想されるGT300は色々な国内外の車が走るので非常に面白く、GT500に比べ市販車に近い状態の車体です。SUBARU BRZやTOYOTA プリウス、BMW M6、ランボルギーニ・ウラカンなど様々な車が走行します。中でもトヨタのプリウスは今年新型にモデルチェンジしたことが記憶に新しいですが、もちろん新型プリウスがサーキットを駆け抜けます。パフォーマンスはどんなものか気になります。

レースクイーン

SUPER GTの魅力はレースだけではありません! サーキットを華やかに彩る美女達、レースクイーンにも注目です! 実際サーキットに足を運んでいる人の中にもレースクイーンを見に来ている方も多くいます。何よりピットウォークというイベント(有料)でドライバーやレースクイーンと触れ合えますので近距離で会えることなどがさらにファンを多く獲得している要因のようです!

併催レースにも注目!

GTのみではなく時間差で併催レースもあります!Porsche Carrera Cup JapanやFIA-F4選手権などです!特に昨年は女子高生レーサーが参戦するなどして大きく話題になったFIA-F4選手権は今後の日本レース界を背負うかもしれない若手ドライバーが多く、各メーカーの育成ドライバーが参戦します。将来を見越して推メンならぬ推ドラ(推ドライバー)を探してみてはいかがですか?笑



まとめ

どちらのクラスも全く結果が読めないほど均衡したチーム力です。好きなメーカーや車、レーサーを見つけて一度見に行けば、その音とかっこよさ、レースの熱さなどに魅了されること間違えなしです。是非足を運んでみましょう。チケット情報や開催日程などは変更の可能性もありますので詳しくは下記リンクのSUPER GT公式ホームページよりご確認ください。

SUPER GT公式ホームページ