「免許取り消し」についての基礎知識【違反点数、酒酔い、スピード違反、無免許、講習、取り消し…etc.】

ドライバーなら一度は耳にしたことがある「免許取り消し(通称:免取)」について、何をすると免取となるのか、免取となったらどうなるのかなど詳しく説明していこうと思います。

点数制度とは?

教習所でも習い、免許証の更新時の講習でもらえる教本にも記載されているので、ドライバーならほとんどの方がご存知だと思いますが、違反をした内容により点数を設け、その点数に応じ運転免許証に対して行政処分を課す制度です。故意に犯した違反は、再犯防止の意図もあり過失(不注意による違反)より刑を重くしています(例:酒気帯び関連、無免許関連他)。さらに人身事故を犯した場合は、違反内容により設けられた基礎点数に加えて、事故による被害状況(死亡、治療期間、後遺症など)によって付加点数が課せられます。

では、この点数はどのように処理されるのでしょうか。ドライバーはご存知の通り、免許取りたて時には満点の15点がもらえます。この15点から減点方式で15点を使い切ると免許取り消しになる、と思っていませんか。実は減点方式ではなく累積点数により一定基準点を超えた時に行政処分が下されるという制度です。詳細は後述しますが、過去3年間の間に犯した違反の累計点数を対象とします。そのため、満点の15点あっても違反内容によっては基礎点数に付加点数も加算されて60点以上になることもあり、その累積点数によって免許取消期間も変わってきます。



免許取り消しになる違反点数

交通違反に関する行政処分の中で最も重い処分が「免許取り消し」です。下記の基準表にある「免許取消し欄」の点数に達した場合を指します。再犯に対してはかなり厳しい処分を課しています。免許歴の長いドライバーに限らず、免許取りたての場合でも該当点数に達した場合は、いわゆる「一発で免許取り消し」となります。

前歴について少し解説しておきます。過去3年間に免停や免取の処分を受けた回数のことで、前歴が多くなるほど免許取り消しへの道が近づいてきます。再犯は悪質と判断しそれ相応の罰を与えるという考えからきているのかもしれません。この前歴ですが、一度ついたら一生残っているかというとなくなる場合があります。その条件は、免停や免取の処分終了後1年間の間に無事故・無違反で過ごすこととなっています。1年間過ごすことにより複数回の前歴が0回になります。

点数と行政処分の基準表

<過去3年間の前歴 0回>
(免許停止日数 30日)6~8点
(免許停止日数 60日)9~11点
(免許停止日数 90日)12~14点
(免許取り消し)15点~

<過去3年間の前歴 1回>
(免許停止日数 60日)4~5点
(免許停止日数 90日)6~7点
(免許停止日数 120日)8~9点
(免許取り消し)10点~

<過去3年間の前歴 2回>
(免許停止日数 90日)2点
(免許停止日数 120日)3点
(免許停止日数 150日)4点
(免許取り消し)5点~

<過去3年間の前歴 3回>
(免許停止日数 120日)2点
(免許停止日数 150日)3点
(免許取り消し)4点~

<過去3年間の前歴 4回以上>
(免許停止日数 150日)2点
(免許停止日数 180日)3点
(免許取り消し)4点~ 【全ドライバー必見】知らないと損する「交通違反」の基本【罰金、点数、前科、駐車違反、飲酒運転、無免許、不携帯などなど】|GOIN[ゴーイン]
毎日のように起こる交通事故の大半は、どちらかの交通違反が原因で起こっています。聞いたり経験した交通違反がどういうものなのか、なぜ、違反として処罰されたのかを考える機会になればと思います。

goin.jp

酒酔い運転や無免許運転は取り消しが確実

罰則強化にもかかわらず根絶しない飲酒運転、運転免許証の未取得、有効期限が切れている状態、免許停止処分中など無免許運転は、免許取り消しとなります。罰則に違いはありますが、飲酒運転、無免許運転ともに運転者本人だけではなく同乗者、知っていたものも含めて罰せられます。推測ですが、罰則の趣旨が、犯した罪に対する単なる「罰」だけではなく、周りも含めた「予防」も兼ねているからではないかと思います。ここでは、2つの違反に対する罰則について詳しく見ていきます。

ドライバーだけじゃなく周囲の人も罰せられる場合がある「飲酒運転」

飲酒運転に対する罰則は、運転者本人はもちろん、お酒を提供したもの、飲酒運転を知りながら同乗したものおよび車を提供したものによって罰則がわかれていてそれぞれ根絶に向け罰則が強化されています。この罰則強化で以前ほど耳にすることが少なくなった飲酒運転による事故ですが、根絶までには至っていないのが現状で、「ちょっと近くまで…」、「これくらいなら大丈夫」という軽い気持ちから運転している方がいるのが現状です。では、巷でよく聞く「飲酒運転」とは法律ではどのように定められているかを見ていきます。ドライバーにはおなじみの「道路交通法(通称:道交法)」と「刑法」から独立し新たに制定された「自動車運転死傷行為処罰法」が、状況によってそれぞれ適用されます。

まずは、道交法の罰則は下記のとおりです。誰かを傷つけたり死亡させたり物を壊したりしていない状態、いわゆる検問等で検挙された場合を指します。

運転者に対する罰則

<酒酔い運転>
(刑罰)5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
(違反点数)35点
(行政処分)欠格期間3年の免許取り消し

<酒気帯び(0.25mg以上)>
(刑罰)3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
(違反点数)25点
(行政処分)欠格期間2年の免許取り消し

<酒気帯び(0.15mg以上0.25mg未満)>
(刑罰)3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
(違反点数)13点
(行政処分)免許停止90日

車両提供者や同乗者に対する罰則

<車両提供者>
(運転者が酒酔い運転)5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
(運転者が酒気帯び運転)3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

<酒類の提供者>
(運転者が酒酔い運転)3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

<車両の同乗者>
(運転者が酒気帯び運転)2年以下の懲役又は30万円以下の罰金 飲酒運転は大きく「酒酔い運転」と「酒気帯び運転」に分けられます。(上記「運転者に対する罰則」参照)そのうち免許取り消しとなるのは「酒酔い運転」と「酒気帯び運転(0.25mg以上)」となり、検挙されると初心者や前歴がないものでも一発で免許取り消しとなります。また、免許の取得有無にかかわらず同乗者や車両提供者、酒類の提供者で運転者が飲酒をしたことを知っているものも罰せられます。(上記「車両提供者や同乗者に対する罰則」参照) 飲酒運転をした場合の罰則は上記のとおりですが、さらに事故を起こして人を傷つけたり死なせてしまった場合はもっと厳しい罰を課せられる可能性があります。ここからは「自動車運転死傷行為処罰法」で適用される罰則を見ていきます。

死傷事故を起こした場合

<自動車運転過失死傷罪>
(死亡または負傷)7年以下の懲役もしくは禁錮又は100万円以下の罰金

<危険運転致死傷罪>
(負傷)15年以下の懲役
(死亡)1年以上の有期懲役 自動車運転死傷行為処罰法は、「アルコールや薬物の摂取」の有無によって「自動車運転過失致死傷罪」と「危険運転致死傷罪」に分けられます。「自動車運転過失致死傷罪」は以前は「業務上過失致死傷罪」と呼ばれていましたが、人身事故に対する刑を重くするという意図もあり新たに制定されました。「危険運転致死傷罪」は、死亡させた場合は1年以上の有期懲役となっているので一見すると刑が軽いように思いますが、刑の上限が単独では最高20年、他の罪と併せると最高30年にもなりかなり重い刑となります。 【飲んだら乗るなっ!】人生を狂わす「酒気帯び運転」について【気になる点数、基準、免停、反則金、刑罰を復習】|GOIN[ゴーイン]
今回は酒気帯び運転についてまとめていきます。年末年始と飲み会シーズンも終わりまたはこれからの人もいるかと思います。ちょっとした油断で大事故になりかねないのが酒気帯び運転や酒酔い運転です。また運転者だけでなく同乗者なども罰則を受けるので周りの人も協力して酒気帯び運転などを防止していきましょう。

goin.jp
【貴方の人生を滅ぼす…】絶対NG!な「飲酒運転」のお話【みんなが気になる「点数」「時間」「基準値」「罰則」も紹介】|GOIN[ゴーイン]
飲酒運転の刑罰を軽く見ていませんか? せいぜい罰金刑と免許停止くらいだろう、とたかをくくってはいませんか? 近年、飲酒運転、薬物を服用した上での危険運転、運転中に意識障害によって引き起こされた死亡事故と、危険運転は後を絶ちません。飲酒運転や危険運転がいかに恐ろしい危険な犯罪行為であるか、「自動車運転死傷行為処罰法」が施行された現在いかに刑罰が重いか、をこの記事ではご紹介します。

goin.jp

知ってて運転させたり同乗したら罰せられる「無免許運転」

警察の検挙によって発覚した場合は、3年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられます。一方、人身事故を起こしてしまった場合には罰金刑の規定はなく最低でも6か月以上の懲役刑が科されます。無免許運転が発覚した場合は、逮捕され送検されます。ただし、前科がなく、交通事故も起きていない場合は逮捕されないケースもあるそうです。ちなみに、同乗者がいる場合は一緒に罰せられます。免許を持っていないことを知りながら車両を貸し、無免許運転が発覚した場合は貸したものにも3年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられます。また、無免許運転と知りながら送迎を依頼したり、同乗した場合は2年以下の懲役または30万円以下の罰金が科せられます。

無免許運転による違反点数と刑罰の一覧

<無免許運転>
(違反点数)25点
(刑罰)3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

<無免許運転幇助罪>
(車両提供者)3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
(運転の依頼者・要求者)2年以下の懲役又は30万円以下の罰金 【人生が台無しに…】「無免許運転」が引き起こす悲劇【実はこれも無免に該当!厳しい罰則と処分!幇助行為もダメ!】|GOIN[ゴーイン]
たまたまTwitterを見ていたら数年前にあった無免許運転告白ツイート事件のニュースが流れていました。気になって無免許運転で検索してみると、2016年に入ってからも既に数件のニュースが出ています。今回は無免許運転とはどのようなものが該当するのか、同乗者などに罪はあるのかなどをまとめていきたいと思います。人身事故を起こしてしまった場合、億単位の賠償金が発生することがあるので注意が必要です!

goin.jp



免許取り消しってどんな処分?

交通違反に対する厳しい処分のひとつに「免許取り消し(通称:免取)」があります。免許停止(通称:免停)は一定期間が過ぎると再び運転することはできますが、免取は免許が没収されるため再度免許を取り直さない限り車の運転はできません。さらに、違反点数と前歴により「欠格期間」が設定されていて、この期間が過ぎるまで免許の取得ができません。

こんなことをすると免許取り消しとなる主な例

免許の取り消しとなる例は下記のとおりです。基本的には、ルールを守って自動車などを運転できない場合は即刻免取対象となります。そのほかは、症状や程度により別途適用検査を受けるなどして決定されます。
・自動車などの運転に支障を及ぼす恐れがある病気や体の障害が判明した時(認知症、失明など)
・アルコール、薬物中毒者
・酒酔い運転をした時
・当て逃げ、ひき逃げをした時

※運転免許証の取り消しとなる違反点数は前述「免許取り消しになる違反点数」を参照してください。

違反による免許取得ができない期間「欠格期間」とは?

免許が取り消された場合は、違反点数と前歴により免許が取得できない「欠格期間」が定められています。欠格期間には、「一般違反行為」と「特定違反行為」があり、前者は信号無視やスピード違反などの累積による免取、後者は酒酔い運転やひき逃げなど危険な行為による免取が対象となっています。下記の表を見てもわかる通り特定違反行為に対する罰則が厳しくなっています。欠格期間が過ぎるとすぐに免許取得が可能かというとそうではありません。詳細は後述の「取消処分者講習」でしますが、免許取得には、所定の時間の講習を受講したのち、教習所や試験場での試験合格が必要となります。

欠格期間(一般違反行為)

<欠格期間 5年>
(前歴なし)45点~
(前歴1回)40点~
(前歴2回)35点~
(前歴3回以上)30点~

<欠格期間 4年>
(前歴なし)40点~44点
(前歴1回)35点~39点
(前歴2回)30点~34点
(前歴3回以上)25点~29点

<欠格期間 3年>
(前歴なし)35点~39点
(前歴1回)30点~34点
(前歴2回)25点~29点
(前歴3回以上)20点~24点

<欠格期間 2年>
(前歴なし)25点~34点
(前歴1回)20点~29点
(前歴2回)15点~24点
(前歴3回以上)10点~19点

<欠格期間 1年>
(前歴なし)15点~24点
(前歴1回)10点~19点
(前歴2回)5点~14点
(前歴3回以上)4点~9点

<免停>
(前歴なし)6点~14点
(前歴1回)4点~9点
(前歴2回)2点~4点
(前歴3回以上)2点~3点

欠格期間(特定違反行為)

<欠格期間 10年>
(前歴なし)70点~
(前歴1回)65点~
(前歴2回)60点~
(前歴3回以上)55点~

<欠格期間 9年>
(前歴なし)65点~69点
(前歴1回)60点~64点
(前歴2回)55点~59点
(前歴3回以上)50点~54点

<欠格期間 8年>
(前歴なし)60点~64点
(前歴1回)55点~59点
(前歴2回)50点~54点
(前歴3回以上)45点~49点

<欠格期間 7年>
(前歴なし)55点~59点
(前歴1回)50点~54点
(前歴2回)45点~49点
(前歴3回以上)40点~44点

<欠格期間 6年>
(前歴なし)50点~54点
(前歴1回)45点~49点
(前歴2回)40点~44点
(前歴3回以上)35点~39点

<欠格期間 5年>
(前歴なし)45点~49点
(前歴1回)40点~44点
(前歴2回)35点~39点

<欠格期間 4年>
(前歴なし)40点~44点
(前歴1回)35点~39点

<欠格期間 3年>
(前歴なし)35点~39点

免許停止の開始時期は?

車を運転中に違反をしてしまったからといって、すぐに免許停止にはなるわけではなりません。免許取り消し確定となった場合には、確定から約2週間ほどで免許証に記載されている公安委員会から「意見の聴取通知書」が届きます。この通知書には聴聞会の開催日時と開催場所が記載されています。聴聞会とは、取り消しになった経緯や違反内容の確認をおこない、最後に弁明の機会が与えられる場です。そのため、免許取り消しの開始日は、意見聴取の日からとなります。ちなみに、聴取日当日はすでに免許が停止または取り消されている状態なので車を運転していくと無免許運転になるのでお気を付けください。

一部、ネット上では聴聞会の弁明時に嘆願書や上申書などを持参し弁明すると免取が免停に軽減されたなどという記載も見るのですが、特定違反行為(無免許運転や酒酔い運転など)には軽減の余地はなさそうです。これは、運転者本人が故意に認識して運転しない限り起こり得ない状況であることから情状酌量の余地がない悪質だからではないかと思います。

運転免許取消処分者講習について

免許の取り消し処分を受けたものが再び免許を取得する際に必ず受講しなければならない講習で、受講し修了証書をもらうことで免許の本試験の受験資格が得られます。この講習は、再取得する前には必ず受講しなければならないので、再取得が数十年先となったとしても法制度が変わらない限り受講する必要があります。

取消処分者講習は、受講者の住所を所轄する運転試験場などで予約し指定の場所で受講します。受講時期は、欠格期間の終了前でも終了後でも受講できますが、講習の修了証書の有効期限が1年間なので一般的には欠格期間終了前1か月くらいに受講する方が多いようです。

取り消し処分を受けた人が受ける講習内容とは?

免許取り消しの原因となった違反の種類により、2つに分かれます。
<通常の取消処分者講習>
酒酔い運転や酒気帯び運転以外の違反が原因で免許取り消しとなったものが受講します。原則2日間連続でおこなわれ第1日目は7時間、第2日目は6時間の講習です。講習内容の一例は下記のとおりです。
・運転適性検査の実施と指導
・実車での指導
・危険を予測した運転の指導
・感想文

<飲酒取消処分者講習>
酒酔い運転や酒気帯び運転などの違反が原因で免許取り消しとなったものが受講します。第1日目の受講から約30日を経過した日以降に第2日目の講習を受講できます。

第1日目の講習は、上記、通常の取消処分者講習に加えて下記のこともおこなわれます。

・呼気検査機を使用して呼気検査
・アルコールスクリーニングテスト(オーディット)
飲酒に関する簡単な質問への回答結果により、飲酒状態を判別して改善の指導が行われます

・ブリーフ・インターベンション(1回目)
オーディットの結果などをもとに、飲酒行動の改善を指導し、目標を設定します

・飲酒日記の作成

2日目の講習を受けるまでの約30日間、飲酒状況を日記形式で毎日記録します

第2日目の講習は、1日目の受講から約30日を経過した日以降に指定され、講習時間は6時間で、内容は通常の取消者処分講習でおこなわれることに加えて下記のこともおこなわれます。

・呼気検査
・ブリーフ・インターベンション(2回目)
作成した飲酒日記をもとに、飲酒行動の改善のための指導が行われます

・ディスカッション

注意が必要なのは通常、飲酒の講習会ともに実車を路上運転とするところがあり、その場合には、受講時に仮免許が必須条件とすることがあります。受講前に確認しておきましょう。
欠格期間明けの講習受講時に必要なものの一例は下記のとおりです。

・運転免許取消処分書、運転免許拒否処分通知書、自動車等の運転禁止処分書のいずれか1つ
・仮免許証(持っている人のみ)
・本籍地が記載された住民票(仮免許証を取得している人は不要の場合あり)
・身分証明書(パスポート、保険証、住民基本台帳カード、各種資格証明書等)
・写真2枚(申請前6ヶ月以内に撮影した縦3cm横2.4cm、無帽、正面、上三分身、無背景)
・筆記用具
・印鑑
・講習手数料
・メガネ、コンタクトレンズ、補聴器など(使用している人)
※他に必要なものがないか講習の予約時に必ず確認をお願いします

まとめ

今回の免許取り消しについてはいかがでしょうか。
ドライバーが経験したくないことの上位にランクインされるであろう「免許取り消し」は、身近なところでちょっとした不注意から起こる可能性があります。特に今回題材とした飲酒運転と無免許運転はドライバーのこころがけが大きく起因し、万が一法を犯してしまった場合は弁解の余地がないほど大変重い違反行為で、一時の気のゆるみと引き換えるにはあまりにも大きすぎる代償です。法律は、犯した罪に対する「罰」と同時に「更生する機会」も与えてくれますが、ドライバーの心に残った傷や思いは一生消えることはありません。楽しく長くドライブするためにも「これをするとこの先どうなる?」を考えてみませんか。
今回の記事を通してドライバーが「今」だけじゃなく「将来」も考える機会になればと思います。 【ドライバーの死活問題!?】「免停」ってNANDA?【講習、期間、通知、取り消し、点数など】|GOIN[ゴーイン]
安全運転を心がけている優良ドライバーの皆様には馴染みのないことだと思いますが、車を運転をするには数々の責任があり、それを破ると免許取り消し処分や免許停止処分などの罰則があります。そこで、知ってそうで意外に知らない免許停止処分『免停』について勉強しておきましょう! 万が一に備えて知っておくと色々対策などを立てることができますよ! それでは免許停止処分略して『免停』の詳細をお届けします。

goin.jp