中田英寿の心に響く名言リスト★“哲学者”ヒデが贈るアナタの人生の糧になる印象的な言葉を集めました

日本を代表するサッカー選手といえば、ヒデこと中田英寿ですよね! 数々の名選手が育ってきた日本で、未だに最高のプレーヤーとして名前が上がる方ですが、何より有名なのはあまりに多い名言ですよね! 非常にストイックながら真実を突くような言葉を残していますので、それらを紹介したいと思います。

現役時代からストイックさの塊だった中田英寿

皆さんはヒデこと中田英寿に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか? だいたいの人が寡黙な人というイメージを持っていると思います。実際に現役時代の彼はあまりチームと打ち解けているような雰囲気ではなく、黙々と職人的ともいえるようなストイックなプレーヤーでしたよね! それによっていろいろ誤解を生んだりしたこともあったようですが、その実力は本物でそこは誰もが認めるところです。
また、当時から日本人のプレーヤーが何人かプレーしていましたが、その中でも一番活躍し、現在でもチャリティやビジネスマンとして各地を飛び回って活躍しています。それだけのバイタリティと実力を持つ人間なので相応の哲学を持っており、それが名言として残っています。
そこで、現役時代に言った素晴らしい名言を集めましたので、ぜひ、現在何かと戦っている人は参考にしてみてくださいね!

プロは練習が嫌いになるくらい練習するのが当たり前。だから僕は練習が嫌い

出典:

wisdom.xn--lckknw6bc11b.jp
これ非常にいい言葉ですよね! プロになりたいならそれくらい練習しろという意味でもありますし、プロならば嫌いになるまでしろという意味でもあります。現に中田英寿はあまり大きな体ではないにも関わらず、外国の選手相手にも競り負けないタフさがありました。まさにストイックな性格がよく出た言葉です! 

頑張るのは当たり前で、あえて口に出して言うことではなく、その上で何が出来るのかを考え、実行するのがプロでしょう。

出典:

earth-words.org
有言実行ではなく無言実行という感じですね! まさにストイックな中田らしい考えだと思います。

基本ができていなければ、それは必ずどこかで破綻する。

基本があれば、1を100にだってすることができる。

出典:

earth-words.org
それぞれ別の発言なのですが、今回は1つにまとめさせてもらいました。とても分かりやすい言葉ですよね! 何事も基本が大事ということで、上述の練習が嫌いにもあてはまることになっています。基本を忘れてはいけませんよね。

痛みなんて結果を得ようとしたら些細なことでしかないから

出典:

wisdom.xn--lckknw6bc11b.jp
こちらも非常に中田らしい発言で、どんなに激しい接触があっても痛がるそぶりを見せなかった姿にそれが表れています。見ている側からすれば痛がっている姿はあまり楽しいものではありませんし、場合によってはファールをとるための演技とも思えてしまいます。それを踏まえてなのか、そうではないのかは分かりませんが「俺がもしピッチで倒れて寝転んでいたら、それはもう本当に立てない、動けないとき」という言葉とあわせると、その精神力が分かりますよね!



スポーツにもビジネスにも効く名言リスト

現役時代中田英寿がいたポジションは司令塔とも言われるMFです。素早いパス回しはもちろん、当たりの強さやスピードも必要、さらにはチームを指揮するという頭脳プレーまで要求されるという過酷な場所でした。そういうこともあってか現役時代から、すでに一般社会でも通用するような言葉をいくつか残しています。
すでに上で紹介したものを除いて、スポーツだけではなくビジネスにも使えるような言葉を抜粋して掲載していきますので、ぜひ見て行ってください。

世界の中で自分がどの位置にいるのか、確かめたい

出典:

meigen.keiziban-jp.com
ある意味無謀と感じられるかもしれませんが、非常に勇敢な言葉だと思います。現役時代の言葉なので、自分のプレイがどこまで世界に通用するかという意味で言ったのだと思うのですが、これはチャレンジ精神旺盛なビジネスマンにも使えそうですよね! これを胸に世界に飛び出してみてはいかがでしょうか?

良いことも良くないこともあった。でもどんなことだって、すべては未来への糧になるんだと俺は思っています

出典:

meigen.keiziban-jp.com
これは、ぜひ新入社員の方や、これから自分で事業を立ち上げる人に送りたい言葉ですね。人生は楽あれば苦もありますし、谷があれば山もあります。そして、それら全てが将来の役に立つという意味です。これは人生が長ければ長いほど納得できそうな言葉ですよね。

作家、経営者、建築家、医者、弁護士、アーティスト、俳優、ファッション界の人、世界を目指して戦っている人、超一流の仕事で評価されている人、そういう人たちの話を聞けることがとても嬉しい

出典:

meigen.keiziban-jp.com
これは一流は一流を知るという意味と、中田の飽くなき好奇心を表したような言葉です。これは本当にビジネスでも使える言葉で、いろいろな立場の人と話すことはかなりの刺激になり、新しい発想へと繋がるので非常におすすめです!

ミスすることを恐れては勝利はない。
それがどんなに大きなミスであっても、ミスしたことを後悔はしない。
それも自分の実力の一部であるし、勝つためには避けて通れないチャレンジだから。

出典:

sekihi.net
これはもうスポーツやビジネス以外のどんなことでも使えそうな言葉ですよね。失敗は成功の母といわれるように、まずはチャンレジンして失敗すればそれを糧にして、また先に進もうという前向きなメッセージです。立場や条件によっては失敗はなかなかできませんが、若い間なら一杯しておいていいかもしれませんね!

なんと小4のときから名言を…!


(イメージ画像) 今では一部界隈で哲学的な中田の姿を詩人や旅人と呼んだりしていますが、その片鱗はすでに小学校の時から現れており、4年生だった当時の作品はすでに衝撃というほかありません。

「力強く歩きたいと思った くたびれて疲れ果てて 自分に負けそうになりながら 幾たびも幾たびも思い直して もっと強く進みたいと願った そして 新しい年が来ると その新しい年が笑いかけてくれた 汚れていない 新鮮な風と光が いつでも向こうから声をかけてくれた きみ 目標はきみがえらんだんだよ 自分で選んだ一つの大事な目標が 向こうから私を救ってくれるのだ」

全文はこうなっています。いかがでしょうか? 小学校4年生とのときにこれが書けるというのは、余程賢くないとできなかったと思います。いまでも、同じような言葉を言ったりするところをみると、何十年も信念を貫いているのでしょう。本当に凄いですね!



まとめ

中田英寿の名言はいかがでしたでしょうか? 最近では意識高い系といったように、こういった哲学をもって働く人間を揶揄する言葉もありますが、己の信念を貫いて動いている人は誰から見てもカッコいいですよね! これからもいろいろなことにチャンレジしてみている人に刺激を与え続けて欲しいものです。 中田英寿の超絶ボディが手に入る筋トレ講座★引退後も変わらぬバキバキな肉体に迫るトレーニング・食事・名言!|GOIN[ゴーイン]
中田英寿といえば日本が世界に誇った元サッカー選手です。今でもチャリティーやビジネスにと世界中で活躍している彼ですが、引退した今でもそのバイタリティは衰えていません。そして、その肉体も現役時代のように素晴らしいままです! なぜ、それを保っていられるのかやトレーニングの秘訣を探っていきましょう!

goin.jp