【しっかりSTOP★】知らないと悔しい「一時停止違反」【停止位置、取り締まり場所、違反点数、反則金額、拒否方法などなど】

見通しのいい交差点で、待ち伏せしていた警察官にキップ(交通反則告知書)を切られてしまった! そんな経験をしたことのあるドライバーも多いのでは。いつでも停止できる状態だったのに違反キップを切られるなんて腑に落ちない! くやしい! その思いを2度と繰り返さないためにも、「一時停止違反」について再確認をしておきましょう。

はじめに

突然ですが「一時停止違反」と「指定場所一時不停止」の違い、わかりますか?

指定場所一時不停止は、標識で一時停止の指定がある信号のない交差点などで停まらなかったときの違反です。一般的には一時停止違反と呼ばれていますが、踏切での一時停止違反の「踏切不停止」と区別をするために、「指定場所一時不停止」という反則行為で表記されています。 交通規制などを示す道路標識には「規制標識」「指示標識」「警戒標識」「案内標識」の4種類があります。
「止まれ」は規制標識で交通法第43条の道路標識により、交通整理が行われていない交差点または、交差点の手前や直近において、車両及び路面電車が一時停止すべきことを指定しています。 「停止線」は指示標識で、車両が停止する位置を示しています。
赤信号で「停止線」の標識がある場合は、ここで停まります。信号のない横断歩道で歩行者の横断を待つ場合には、「停止線」の標識のところで停まります。停止線および停止線の標識がある交差点で、信号が青なら停まる必要はありませんが、徐行して進みます。

道路標識の基礎知識|国土交通省



一時停止違反とは

では【一時停止】とはどういう行為のことなのか、ちょっと深く突っ込んでみますね。まず道路交通法には「一時停止をするとき」を次のように定めています。

・第40条、41条で、緊急自動車の妨げにならないよう交差点を避けて一時停止。
・第43条では、交通整理が行なわれていない交差点(※)や一時停止を指定した場所での一時停止。また横断歩道、歩道の横断、路外からの道路への進入に際し、危険を防止するために一時停止を義務づけています。

※「交通整理が行われていない交差点」とは、「信号機の無い交差点」のことを意味します。

(指定場所における一時停止)
第四十三条  車両等は、交通整理が行なわれていない交差点又はその手前の直近において、道路標識等により一時停止すべきことが指定されているときは、道路標識等による停止線の直前(道路標識等による停止線が設けられていない場合にあっては、交差点の直前)で一時停止しなければならない。この場合において、当該車両等は、第三十六条第二項の規定に該当する場合のほか、交差道路を通行する車両等の進行妨害をしてはならない。
(罰則 第百十九条第一項第二号、同条第二項)

出典:

law.e-gov.go.jp

一時停止の「停止」ってどんな状態?

停止とはタイヤが完全に止まることを意味し、減速しただけでは不十分なのです。少しでもタイヤが動いていたら停止ではありません。数秒は停止している必要があります。
一時停止してから、左・右・左と、安全確認を行えるのが、だいたい3秒程度と考えられます。
とはいえ、何秒停めていたらよいかという基準は明確に表記されていません。ブレーキランプが点灯したかどうかも問題にされていません。そのため一瞬車が停まったと主張しても、警察から逃れることは難しいのです。

停止位置は?

一時停止の位置については「停止線の直前」としか決まっていません。具体的に停止線から何メートル以内で停止しなければならないかは規定されていないので、キップを切られるケースもあります。
ここでひとつの事例を紹介します。

【事例】
「前方から右折してきたロングの大型トラックに考慮し、停止線のやや後ろで車を一時停止したところ、警察官から『特定場所一時不停止』でキップを切られてしまった」

参考になる数値を探したころ、運転免許試験の採点基準になる『運転免許技能試験に係る採点基準の運用の標準について』に手がかりを見つけました。停止線の2メートル以上手前で停止した場合は「停止位置不適」として5点の減点となっています。

また、2メートル以上手前で停止したときには、再び2メートル未満で停止しなければ「指定場所不停止」とされ、危険行為で試験中止となることがわかりました。状況によっては、「再停止の必要性」があるのです。

運転免許技能試験に係る採点基準の運用の標準について



「一時停止違反」は取り締まり件数全体で第2位!

一時停止違反の取り締まり件数は、スピード違反や信号無視、駐停車違反、携帯電話使用などのある中で、なんと第2位です。(平成26年度 交通事故の状況及び交通安全施策の現況より) 参考URL:

http://www8.cao.go.jp/koutu/taisaku/h27kou_haku/zenbun/genkyo/h1/h1b1s2_5.html
日頃から一時停止を意識し、一時停止すべき場所では必ず停止を心がけていないと、いつか違反キップを切られることに。また一時停止をおこたると、人身事故など取り返しのつかない重大事故につながる可能性も、大いにあることを心に留めて運転してください。

どんな所で取り締まりは行われている?

一時不停止などで捕まるときは、停止線付近で警察官が待機している場合がほとんどだと思います。ドライバーは完全に停まったと思っていても、警察官が停まっていないと判断したら違反として処理されます。
また警察官もあえて「見通しのよい」交差点で待ち構えていることが多いと思いませんか? 逆に見通しの悪い場所ならば、ドライバーは慎重に一時停止してから交差点に進入するはずです。 そんな理由から、警察が一時不停止の取り締まりで力を入れているのは下記のような場所になります。

・見通しのよい交差点
・比較的交通量の少ない交差点
・夜間のみ点滅式信号の交差点
・幹線道路へなだらかに合流する地点 見通しのよい交差点、交通量が少ない交差点では、つい一時停止場所で停まらずに、徐行で進入するケースが多く見られます。警察も、あえてそういう場所で取り締まりを行っているのです。

標識や停止線のない一時停止場所として、赤信号(点滅)がありますが、前述したようにここも一時停止が必要な場所だという認識を持っていてください。とくに夜間は点滅式の赤信号に変わるような場所に、警察官が待ち構えていることもあるので。通行量の少ない時間帯や夜間は、赤信号(点滅)に気を付けて走行するようにしましょう。

「指定場所一時不停止」の指定場所はどこ?

・一時停止「止まれ」の道路標識、停止線がある場所
・道路標識、停止線がなく、交通整理が行なわれていない交差点

標識の有無だけでなく、赤信号点滅の場所でも一時停止しなければいけません。もし一時停止不履行だった場合は、「信号無視(点滅)違反」になります。

違反点数と反則金額について

一時停止をしないで交差点に進入した場合の「指定場所一時不停止」は次のようになります。前述した点滅式の赤信号で一時停止をしなかったときと、踏切で一時停止をしなかったときの違反点数と反則金も表記しました。免許停止処分の基準点数(処分歴が0回の運転者は6点)に達していない運転者であれば、違反をした後1年以上無事故・無違反でいると違反点数は0点に戻ります。 【指定場所一時不停止】
違反点数:2点
反則金:7,000円/普通車、9,000円/大型車、6,000円/2輪車、5,000円/原付車
*酒気帯び運転の場合は点数が異なります。

【信号無視(点滅)違反】
違反点数:2点
反則金:7,000円/普通車、9,000円/大型車、6,000円/2輪車、5,000円/原付車
*酒気帯び運転の場合は点数が異なります。

【踏切不停止等違反】
違反点数:2点
反則金:9,000円/普通車、12,000円/大型車、7,000円/2輪車、6,000円/原付車
*酒気帯び運転の場合は点数が異なります。

反則金を納めなかった場合の罰則は、3ヵ月以下の懲役又は5万円以下の罰金となっています。

反則行為の種別及び反則金一覧表 :警視庁

「一時停止違反」にまつわる、よくあるクエスチョン

【Q1】一時停止違反に納得いかない。免許証の提示を拒んだら逮捕されてしまいますか?

はい。違反と交通事故があった場合には、警察官は「当該車両等の運転者に引き続き当該車両等を運転させることができるかどうかを確認するため必要があると認めるとき」には、免許証の提示を求めることができるようになりました。(道路交通法 第67条)同時に、ドライバーには提示の義務があることとされています。(道路交通法 第95条)

事例をあげると、2008年にシートベルト不装着で免許証提示を求めた男性が拒否をしたところ、「免許証提示義務違反」で現行犯逮捕されています。免許証の提示には応じましょう。

【Q2】違反キップにサインをしないとどうなる?

取り締まりに納得のいかない運転者がサイン(交通事件原票の供述書簡への署名・押印)を拒むケースは珍しくありません。サインに応じないまま、その後警察官からサインのない青キップと反則金納付書を受け取って帰宅するとします。数日経っても反則金を納めないでいると、後日【交通反則通告書】が届きます。それでも反則金を支払わなければ、何度か同じ通告書が届き、調書を取るための出頭要請があります。この出頭要請を拒むと、場合によっては逮捕されることもあります。無罪を主張するのであれば自分の正義を伝えに出頭して、きちんと説明をした方がよいでしょう。 調書を取った後も違反を認めないでいると、自動的に刑事裁判にかけられますが、裁判をするか否かの決定は、検察官が運転者の「過去の違反と累積点数」などを考慮して判断します。ここで「不起訴」となれば刑事手続きは終了、反則金も支払わずに終わります。ただし不起訴にならず、起訴されると刑事裁判がはじまります。その結果、もし運転者が有罪となってしまうと罰金刑を受け、「前科」がつくことになります。「前科」のつくリスクを冒してまで主張を通すべきか、よく考えて行動を起こしましょう。

【Q3】累積があったから免停に!「不服申し立て」はどうやるの?

反則金も払わず呼び出しにも応じなかったら点数がついてしまった!
行政処分の執行は、処分の書類(処分書)を交付することで前進します。書面には、処分に不服があるときは60日以内に都道府県の公安委員会に「審査請求」ができるという趣旨のことが書かれています。「審査請求」とは、行政不服審査法に規定された不服申し立ての一種です。具体的には行政不服審査法第15条で定義される6項目を、手書きあるいは文書作成アプリなどを使って作成します。 (1)審査請求人の氏名、年齢、住所
(2)審査請求に係る処分:運転免許の行政処分を執行されたこと
(3)審査請求に係る処分があったことを知った年月日:処分書を交付された日
(4)審査請求の趣旨と理由:趣旨は「本件処分の取り消し」で、なぜ申し立てるかの理由を記載
(5)教示の有無およびその内容
(6)審査請求の年月日

以上の6項目を書き終わったらコピーをとり、正本と副本の2通を作っておきましょう。
書面が準備できたら公安委員会へ郵送します。宛先の住所は警察に直接問い合わせるか、下記リンクを参照して調べてください。
不服申し立てに料金はかかりません。郵送代は申し立てる人の負担になります。

行政不服審査法

都道府県公安委員会リンク集|国家公安委員会
しかし、不服申し立ては取り締まりやその後の事務処理に間違いがあった場合を除き、基本的には棄却されると思っていてください。とはいえ、警察側がどんな理由で処分を正当化するのかを知り、かつ不服申し立てがあった事実を統計上に反映させる意味で、時間や労力はかかりますが有意義だと思います。

まとめ

見通しのいい交差点に一時停止の標識があって、すぐに停止できるスピードで進入。隠れていた警察官に一時停止違反だとキップを切られる。こんなケースが大半で、取り締まり件数を増やしていると考えられます。どんなドライバーも、正面に交差点が見えてくると無意識に信号の有無を確認していると思います。でも一時停止の標識には、毎回気を留めていますか? 信号が赤ならば必ず停まる。一時停止標識でも停まっているはずだけれど、無自覚のこともあるのでは? 一時停止標識にも赤信号を見たときと同じ緊張感を持つことが、違反を防げる第一歩です。 【ドライバーの死活問題!?】「免停」ってNANDA?【講習、期間、通知、取り消し、点数など】|GOIN[ゴーイン]
安全運転を心がけている優良ドライバーの皆様には馴染みのないことだと思いますが、車を運転をするには数々の責任があり、それを破ると免許取り消し処分や免許停止処分などの罰則があります。そこで、知ってそうで意外に知らない免許停止処分『免停』について勉強しておきましょう! 万が一に備えて知っておくと色々対策などを立てることができますよ! それでは免許停止処分略して『免停』の詳細をお届けします。

goin.jp
【最悪の事態…】「免許取り消し」についての基礎知識【違反点数、酒酔い、スピード違反、無免許、講習、取り消し…etc.】|GOIN[ゴーイン]
ドライバーなら一度は耳にしたことがある「免許取り消し(通称:免取)」について、何をすると免取となるのか、免取となったらどうなるのかなど詳しく説明していこうと思います。

goin.jp